無料ブログはココログ

2017年10月10日 (火)

訪問指導におけるレッスン場所について

事務局です。

語学教育部門における訪問指導でのレッスン場所につきまして、重ねて告知します。

かつて「場所が自由になる個別指導」というキャッチフレーズを使用していたことがあったことから認識が違ってしまったことを受け、現在はそのフレーズを使用しなくなった経緯もございました。全ての場所がレッスンに適するということにはなりませんので、NGになるところについて、共通認識として公開をいたします。

今回の告知は学習者宅で行う場合についてです。

基本的には学習者宅において、電燈と机と椅子があるところを指定することになりますが、主にはダイニングルーム、または学習者の勉強部屋が多くございます。気分によって場所を頻繁に変えるということはしておらず、特定一カ所、またはご事情により事前相談のうえで、2カ所までとさせていただいております。

病床で止むを得ずという場合でない限り、自室内であったとしても、布団ベッドで寝ながら受講許可は承っておりません。※各人事情もありますので、レッスン時間内に5分間小休憩を行う際に別室で横になるというのはそれにはあたりません。

講師が来た際の開錠もですが、あわせて講義時間に室内指定場所に本人が来る、というのが前提になります。講師が本人の起こす作業をするために寝室に入るといったことは業務範囲外で行いませんのでよろしくお願いします。また健常者のパジャマでの受講も、性別を問わず、風紀上の理由から承りませんのでご注意ください。

あとは台所に入っての受講や教育相談は行いませんし、天候の影響を受けやすいベランダから出て、テラス屋外でのレッスンも承っておりません。家庭教師業務にふさわしい場所で行うというのは徹底しておりますので、よろしくお願いいたします。

大多数で問題はないものの、ごく一部で場所についての認識の相違がみられるので、

公開でお伝えしています。よろしくお願いいたします。

2017年6月 7日 (水)

交通費精算に関する告知

語学教育部門です。

これまで度々にわたり告知しておりました、出張に伴う交通費精算に関しまして、告知強化の必要が出ましたので記すことにしました。

弊会では出張交通費に関しまして、「きっぷ精算別途実費」でお願いしております。

最寄り駅バス代は負けてほしいといった減額交渉はお受けしないこと、逆に講師も、22時より後の契約での終了時刻に伴う、深夜時間帯で必要があった場合のタクシー代といった話でない、通常契約における場合は、公共交通機関での実費を請求することといったことを堅持しております。

交通費は現金で振込いただくこと、交通費相当と称して、金券ショップで購入した百貨店商品券、または自社商品券で賄うことのないことも確認しております。

概ね週3回以上同じところに向かう際に、定期券支給に代替し現物支給する話の交渉は、確認の上で講師や事務局の承知があれば行うことが過去1件のみございましたが、1日乗車券の料金にしてほしい、といった話も含め、通常の実費料金の減額については行いませんので、ご了承くださいませ。

交通費算出の際の拠点ですが、事務局からになるのは、代表のレッスンのみになります。他は全て講師拠点からになります。なお事務局最寄りのバスは、東急バス、小田急バス両方ございます。予めご了承ください。

何卒宜しくお願いいたします。

2017年5月16日 (火)

理科コースについての回答

語学教育部門です。

外部の方より、理科コースについての照会がございました。

実際には弊会では理科コースは存在します。長期休暇に集中講義といった需要も含め、

私立校フォローや受験などで多数需要がございます。

かつては独立コースがあった時期がございました。しかし「ことばの教室」といった看板とは離れた内容であったうえに、各専攻の有機化学のレッスン需要、実験指導への需要に対するマンパワー不足、施設不足などで対応しきれず、外部からの独立コースの募集は終了するに至ったことがございました。

同様に、情報コースについても、プログラミング講師の在籍が少ないことや施設面で、独立コースとしては終了し、その分カルチャーのPC部門の充実に至った経緯がございました。

理科コースは現在、外国籍・帰国子女の方向けに義務教育課程の補習、受験指導を中心に定評を得ています。実験をご希望の方は、オプション扱いになり、別途自身の使用する必要経費を頂いて、体系的なプログラムを提供できる用意がございます。自由研究の話を含め、工作の範疇で可能なもので、実験室を必要としない、火や大量の水を必要としない範囲での実施にしています。(化学の範囲はほぼ除外されます)

これらは別途他コースを受講する方が、同時受講、または長期休暇時に集中講義を受けたい需要への対応にしています。指導も中学受験、義務教育範囲~高校入試最難関高対策まで、ご相談で高校卒業認定対策を承れる場合がある、という範囲を基本としています。

何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年4月 6日 (木)

海外語学留学に関する業務提携の見解

事務局です。

弊会語学教育部門では、開設以来、海外の語学学校、さらに海外語学留学のプログラムを持つ代理店からの業務提携についてのお話を多数頂戴しております。

かつて日本国内の最大手旅行代理店の子会社である海外語学留学のプログラムを持つ企業との提携がございました。

そこで弊会で高校生が利用をして、海外の地でトラブルになり、留学した本人、家庭、さらに弊会との係争になった事案がございました。

弊会では当初より、特定のプログラムの紹介を行うスタンスではなく、ご要望に応じて複数の企業や学校によるプログラムを会員家庭にご提示し、選択は自身で行ってもらい、参加してもらう形をとっておりました。

それでも上記のような顛末になり、事態を受けて、特定の企業との業務提携は一切行わず、弊会会員や家庭に向けては、必要やニーズがあれば知見を活かした情報収集の支援を行うことまでにサービスを特化することにいたしました。

弊会への入会は、特に日本籍の一般会員は特に、海外に行きたい志望を持つ人は多い傾向はございます。皆さまの希望の実現を叶える支援を微力ながら続けたいと思います。

何卒ご理解の程、よろしくお願いいたします。

2017年3月29日 (水)

学習アドバイスも万全!

語学教育部門です。

継続学習で各コースで指導していく中で、教務にあたる事務局が行っているサービスの一端をお話します。

最適な受講コースやカリキュラムを提案する「入会カウンセリング」では、一人一人にベストな学習プランを提供し、入会前の成績推移も参考にしながら、学生生活、受験勉強、さらに将来の進路を見据えてじっくり相談のうえで決定していきます。

講師の指導では、原則としては順序が入れ替わることもありますが、「受講→チェックテスト→アドバイス」といった学習の流れの中で、チェックテストを行うことや、質問対応などで、わからないところをその場で解決し、次に取り組む学習を明確にしていきます。

事務局でも月報や必要に応じた日報など、連携体制も万全ですので、講師が終了時に申し上げる学習報告等以外にも、進路相談の対応、情報提供などの体制もございます。

さらに予習、受講、復習のサイクルに欠かせないノートについても、教科にあわせて原理原則をおさえた復習しやすい重要ポイントをおさえたノート術を紹介していきます。

定期テスト学習計画、予習、復習法についても、予習は自分なりの考えを記しわからないところを調べるもの、復習は正しい考えを確認し、わからなかったところをわかる→できるに定着させるもの、各教科で具体的にどのようにしたらよいか、悩みに応えていく体制もございます。

ぜひアナタなりのケイ・ランゲージ・ラボの利用をしてみてください。

2017年2月18日 (土)

協議中の事案に結論が出ました

事務局です。

同一世帯で同一コースに同時入会した場合には、1人目の入会金全額は頂くとして、2人目以降の入会金免除を仮に全額免除とすることが、何人同時入会から可能か検討を行っていました。2人目以降割引が大きいことから、各種割引クーポンは適用対象外として、もしクーポン利用の場合は、これまでの料金体系での支払とすることにする、といった規定もあわせて設ける予定になっていました。

上記の事案は大変にレアケースではあるものの、家族で一緒に中国語ないしは日本語ないしは英会話を習いたいという場合で、確かに複数ございました。

検討期間が長くかかりましたが、結論としては、同一世帯で同一コースに同時入会した場合に限り、入会金は1人目は全額、2人目は半額、3人目以降は無料ということにいたします。2017年2月より実施します。

上記制度を利用する場合、予定として告知通り、他のクーポンとは併用はいたしかねます。また上記制度を利用する場合以外は入会金が無料にはなりませんので、ご注意ください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

2017年1月28日 (土)

過年好!2017

過年好!2017

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本年は基本的に春節休みは丸一日の日はありません。
この時期は、例年入試時期とも重なっていて、事務作業も遅くなりますのでご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

ケイ・ランゲージ・ラボ

2017年1月13日 (金)

語学教育部門の特色

語学教育部門です。

全てに共通する特色として「個々にあわせてオーダーメイド」というのがあります。

初回カウンセリングで、過去の経験、学習方法、習いたい目的、当該語学に関する不安などなど、お客様の今についてじっくり伺います。

客観資料をご持参いただく中で、得意不得意の徹底分析を行うことや、お客様がどのようになりたいか、どの部分から鍛えることで達成が可能か、目標設定を行います。

挫折せずに最後までやり遂げられるように設定しますので、NHKフォローアップ講座などは特に90%の継続完成率を誇っています。

お客様の目標や必要に応じて、多岐にわたる市販教材、お手持ちのテキストなどを用いてメニューを組みあわせ、アナタにぴったりのフルオーダーメイドプログラムを作成、レッスンをご提供します。

指導開始後も、ご指定がない限り日々課題が出される、宿題制度があります。

1人ひとりのレベルや状況に応じた、異なった宿題が出されます。

日々の進捗を確認し共有します。学習時間の取り方や学習方法のアドバイスも行います。

講師と学習者の二人三脚でアナタの目標達成に向けて最短距離で導いていきます。

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年2017

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご高配を賜り有難うございました。
本年もご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

今後共さらなる飛躍を目指して精進したく存じます。

2017年元旦

2016年10月11日 (火)

体験レッスンについての規約整備

語学教育部門です。

平素よりお世話になっております。

入会に際して、体験レッスンを経ないで急いでいる方ほど即入会も少なくないものの、

相性や今後の指導のすり合わせなど確認しておきたいというリクエストに応えて、

すべてのコースで「希望があれば」体験レッスンを実施しています。

1回有償で体験なので、そのコースの1回分の料金・時間数で、担当予定講師による、その方にあわせた1対1対応でのレッスンです。全て資料や電話でも、もしくは対面でもご説明したうえで、料金についても(出張する場合は交通費も含めて)金額は事前に明示してご納得いただいてから行います。

試験直前のために1回単発で受講する前提で行っているものではなく、あくまで継続受講を検討するために希望者に事前に実施するサービスとしての位置づけのものです。

希望があった場合は、講師と時間や内容など綿密にアレンジして実施するものですが、

不心得な方が出たことで厳密な規約整備が必要になってしまいました。

ここでまず申し上げたいのは、充分な話し合いの上に学習計画をたてて実施するなかで、

当然ながら1回であるとはいえ、講師のテキストや教材研究など、費用もかかるものが出てきます。さらに継続学習を成功させるためにも、初めは重要であるという認識もあり、綿密に時間もかけて行うものです。

かったるいからお帰りください、1回2時間レッスンでありながら、30分にしたいから、4分の1料金にする計算をラボにさせて、それしか支払わないといったことを、当日になって交渉するような話は一切承りません。

弊会は最低授業時間数もコースごとに決まっており、カレンダー回数時間数通り実施しています。振替のサービスもございます。それでも難しい場合代講制度もございます。

そのため学習者都合で当日休みたいから、その授業分を支払わない、または返金といった行為を一切承らないことを徹底しています。

上記の話は、経理の話にとどまらず、決められたコースの受講を確実に行ってもらうためにも、休みすぎて途中で挫折することを防止するためにも、学習効果を上げるためにも必要な措置であると考えています。

弊会の組織やシステムを利用するにあたっての最重要な約束事です。まだ入会検討といったその時点で外部の方であったとしても、1回有償レッスンを入会金なしで受講したということで、ほんの一部の不心得の方のために不本意ながら、規約整備をすることにいたしました。

何卒宜しくお願い申し上げます。

※体験レッスンでは入会時のような規約の厳密さはありませんでした。しかし今後は一部の条件を満たした例外を除き、原則として事前振込制にします。また開設以来現在もですが、当日キャンセル変更は致しかねますのでご注意ください。

また、かねてから告知している通り、苗字(ニックネーム)と携帯電話のみで受講するのは遠慮いただいています。学習者住所は大切な個人情報だからといって、目印を教えたり、途中まで迎えに行くだけで十分な場合には、住所をお知らせしないことにするご依頼者について、承知をしてほしいという話がありましたが、

事務局は、講師の安全確保も重要な責務になっていますし、体験レッスンというのは、あくまでケイ・ランゲージ・ラボの教育サービスとして行われているもので、事務局で把握できない場所で行うのは、断固として承知しかねるものです。

何卒ご理解の程、宜しくお願いいたします。

«協議中の事案~一家で入会の場合など~