無料ブログはココログ

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月12日 (月)

緊急声明・京都宇治の事件について

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局 です。

今回は、京都宇治の学習塾での事件を受け、緊急で臨時に配信させていただいております。
なお、同内容はケイ・ランゲージ・ラボ 各種ブログ・メルマガ等の形でも、配信いたします。

このたびの宇治市の学習塾・京進での事件に関しまして、学習塾の一翼を担うものとして、お亡くなりになりましたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様には衷心より哀悼の意を表します。

私たちケイ・ランゲージ・ラボは、学習塾・家庭教師事業を行うものとして、最も大切にしているものは「信頼」です。

信頼がすべての礎であり、皆様との信頼によって成り立っている塾において、このような事件が起きましたことは、学習塾・個別指導事業の同業者としても大変大きな衝撃であり、この事実を重く受け止めております。

全国学習塾協会でも、経営者の責任や教職員の資質の向上などを定めた「学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準」(平成11年11月制定)のほか、今後は、新たに学習塾事業者の従業者管理や倫理教育に関する指針を定めるとの方針を打ち出しており、私どもにおいても、今後一層の倫理教育に努める所存です。

弊会の講師・スタッフ採用においては、一般公募のほか、紹介・推薦等、各種ルートがございますが、いずれも、書類選考、電話面接、対面面接90分の他、仕事をしていく上で、フォロー体制・連絡体制を万全にするように努め、完全担任制・クライアント担当制をしきながらも、事務局・コーディネータとの「報・連・相」の充実を常に心がけております。

従業者管理や倫理教育についても、都度ケースに応じて行っていき、皆で共有していくことで、一丸となって、子どもたちの夢応援・自己実現の支えとして邁進していく所存です。
今後も講師・生徒(保護者)・事務局のトライアングル体制の中で、強固な信頼関係を築いていけるように、事業運営を継続していきます。

今後ともどうぞ宜しくご教示・ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

ケイ・ランゲージ・ラボ ことばの教室(語学教育・塾・家庭教師事業)
代表 長倉 圭井子

http://homepage3.nifty.com/rindo03

緊急声明・京都宇治の事件について

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局 です。

今回は、京都宇治の学習塾での事件を受け、緊急で臨時に配信させていただいております。
なお、同内容はケイ・ランゲージ・ラボ 各種ブログ・メルマガ等の形でも、配信いたします。

このたびの宇治市の学習塾・京進での事件に関しまして、学習塾の一翼を担うものとして、お亡くなりになりましたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様には衷心より哀悼の意を表します。

私たちケイ・ランゲージ・ラボは、学習塾・家庭教師事業を行うものとして、最も大切にしているものは「信頼」です。

信頼がすべての礎であり、皆様との信頼によって成り立っている塾において、このような事件が起きましたことは、学習塾・個別指導事業の同業者としても大変大きな衝撃であり、この事実を重く受け止めております。

全国学習塾協会でも、経営者の責任や教職員の資質の向上などを定めた「学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準」(平成11年11月制定)のほか、今後は、新たに学習塾事業者の従業者管理や倫理教育に関する指針を定めるとの方針を打ち出しており、私どもにおいても、今後一層の倫理教育に努める所存です。

弊会の講師・スタッフ採用においては、一般公募のほか、紹介・推薦等、各種ルートがございますが、いずれも、書類選考、電話面接、対面面接90分の他、仕事をしていく上で、フォロー体制・連絡体制を万全にするように努め、完全担任制・クライアント担当制をしきながらも、事務局・コーディネータとの「報・連・相」の充実を常に心がけております。

従業者管理や倫理教育についても、都度ケースに応じて行っていき、皆で共有していくことで、一丸となって、子どもたちの夢応援・自己実現の支えとして邁進していく所存です。
今後も講師・生徒(保護者)・事務局のトライアングル体制の中で、強固な信頼関係を築いていけるように、事業運営を継続していきます。

今後ともどうぞ宜しくご教示・ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

ケイ・ランゲージ・ラボ ことばの教室(語学教育・塾・家庭教師事業)
代表 長倉 圭井子

http://homepage3.nifty.com/rindo03

緊急声明・京都宇治の事件について

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局 です。

今回は、京都宇治の学習塾での事件を受け、緊急で臨時に配信させていただいております。
なお、同内容はケイ・ランゲージ・ラボ 各種ブログ・メルマガ等の形でも、配信いたします。

このたびの宇治市の学習塾・京進での事件に関しまして、学習塾の一翼を担うものとして、お亡くなりになりましたお子様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様には衷心より哀悼の意を表します。

私たちケイ・ランゲージ・ラボは、学習塾・家庭教師事業を行うものとして、最も大切にしているものは「信頼」です。

信頼がすべての礎であり、皆様との信頼によって成り立っている塾において、このような事件が起きましたことは、学習塾・個別指導事業の同業者としても大変大きな衝撃であり、この事実を重く受け止めております。

全国学習塾協会でも、経営者の責任や教職員の資質の向上などを定めた「学習塾業界における事業活動の適正化に関する自主基準」(平成11年11月制定)のほか、今後は、新たに学習塾事業者の従業者管理や倫理教育に関する指針を定めるとの方針を打ち出しており、私どもにおいても、今後一層の倫理教育に努める所存です。

弊会の講師・スタッフ採用においては、一般公募のほか、紹介・推薦等、各種ルートがございますが、いずれも、書類選考、電話面接、対面面接90分の他、仕事をしていく上で、フォロー体制・連絡体制を万全にするように努め、完全担任制・クライアント担当制をしきながらも、事務局・コーディネータとの「報・連・相」の充実を常に心がけております。

従業者管理や倫理教育についても、都度ケースに応じて行っていき、皆で共有していくことで、一丸となって、子どもたちの夢応援・自己実現の支えとして邁進していく所存です。
今後も講師・生徒(保護者)・事務局のトライアングル体制の中で、強固な信頼関係を築いていけるように、事業運営を継続していきます。

今後ともどうぞ宜しくご教示・ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

ケイ・ランゲージ・ラボ ことばの教室(語学教育・塾・家庭教師事業)
代表 長倉 圭井子

http://homepage3.nifty.com/rindo03

2005年12月11日 (日)

漢文・名著復刊運動!

りんどうです。お久しぶりです!
秋は営業かけずり回って、12月は忘年会シーズンということで、おでかけ大忙しの毎日です。いきなり寒くなりましたが、風邪には充分ご留意ください!

ところで、中国籍の児童・生徒を教えていると、いわゆる日本の漢文の授業は、中国での
「古文」になるわけですが、日本の訓読みをする、という日本バージョンで習うものの、
同じ古典を習うわけで、一番なじみがある科目になっています。

わたしも専門として、漢文を勉強しましたし、今も高校生に「桃花源記」を教えたりしています。東京で勉強している私の教え子たちも、自らのルーツの古典を学習サークル(塾みたいなもの)に通って、背書(暗誦)しています。

ちょうど日本で言えば、石井方式といわれた漢文教育に近いですね。それを中国語読みしているもの、と考えるとわかりやすいと思います。

今は、その発展型として、いろいろな教育法が出ています。陰山学級もそのひとつだと思いますし、教師の参考書などでも話題のツーウェイ方式もそうでしょうし、いろいろと開発されています。

・・・ところで、その漢文ですが、私たちが学生だった頃のベストセラーの名著・
Z会の二畳庵主人先生の「漢文法基礎」の復刊運動に参加しています。

加地伸行先生というのが本名ですが、中国文学・思想史を専攻した方でしたら、知らなかったら、モグリだといわれるほどの日本を代表する学者でもあります。

漢文は高校でもウェイトがさほど大きくはないのですが、教養という意味でも必要科目ですし、小泉総理もことあるごとに中国古典・日本古典や歴史を参考にされていることからも、
リーダーシップを発揮するのにも、重要性は高いと思っています。

もし可能でしたら、「復刊どっとこむ」にぜひご協力をお願いいたします。
宜しくお願いします。

ケイ・ランゲージ・ラボ りんどう
http://homepage3.nifty.com/rindo03

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特集名:加地伸行(二畳庵主人)
http://www.fukkan.com/group/?no=3898

こちらのページでは、同種の書籍を一覧で表示しております。
まだご投票されていないタイトルがございましたら、ぜひ一度ご覧の上、ご投
票をお願い申し上げます。
(復刊どっとこむは登録制なので、ご協力いただく場合は、トップページ左下から
登録していただく必要がございます  http://www.fukkan.com/)

● グループ掲示板
書籍の掲示板のほかにこの特集の掲示板をご用意しています。
● 相互リンクサイト
特集中の書籍に相互リンクサイト登録されたものを一覧で表示しています。
● 新規復刊リクエスト
この特集に関連する書籍を新規にリクエストされる場合はこちらからどうぞ。
● 新刊本をチェック(著者別特集のみ)
この著者の新刊をブープルでチェックすることができます。

また、現在の復刊特集におきまして、
 140x30のGIF画像バナー(静止画)
 簡単なご紹介文(著者プロフィール等)
をメールにてお送りください。(どなたでも結構です)

お送りくだされば、サイトのトップ等に掲載するほか、内容の充実しているも
のにつきましては、全ユーザーへのメールにてご紹介いたしますので、投票数
アップのお役にたてるかと思います。ぜひご協力ください。

No.31637 中国人の論理学 諸子百家から毛沢東まで
No.31584 中国論理学史研究-経学の基礎的探求
No.6873 漢文法基礎

(りんどう註:このうち学参は「漢文法基礎」です。あとは中国思想史の書籍です。)

漢文・名著復刊運動!

りんどうです。お久しぶりです!
秋は営業かけずり回って、12月は忘年会シーズンということで、おでかけ大忙しの毎日です。いきなり寒くなりましたが、風邪には充分ご留意ください!

ところで、中国籍の児童・生徒を教えていると、いわゆる日本の漢文の授業は、中国での
「古文」になるわけですが、日本の訓読みをする、という日本バージョンで習うものの、
同じ古典を習うわけで、一番なじみがある科目になっています。

わたしも専門として、漢文を勉強しましたし、今も高校生に「桃花源記」を教えたりしています。東京で勉強している私の教え子たちも、自らのルーツの古典を学習サークル(塾みたいなもの)に通って、背書(暗誦)しています。

ちょうど日本で言えば、石井方式といわれた漢文教育に近いですね。それを中国語読みしているもの、と考えるとわかりやすいと思います。

今は、その発展型として、いろいろな教育法が出ています。陰山学級もそのひとつだと思いますし、教師の参考書などでも話題のツーウェイ方式もそうでしょうし、いろいろと開発されています。

・・・ところで、その漢文ですが、私たちが学生だった頃のベストセラーの名著・
Z会の二畳庵主人先生の「漢文法基礎」の復刊運動に参加しています。

加地伸行先生というのが本名ですが、中国文学・思想史を専攻した方でしたら、知らなかったら、モグリだといわれるほどの日本を代表する学者でもあります。

漢文は高校でもウェイトがさほど大きくはないのですが、教養という意味でも必要科目ですし、小泉総理もことあるごとに中国古典・日本古典や歴史を参考にされていることからも、
リーダーシップを発揮するのにも、重要性は高いと思っています。

もし可能でしたら、「復刊どっとこむ」にぜひご協力をお願いいたします。
宜しくお願いします。

ケイ・ランゲージ・ラボ りんどう
http://homepage3.nifty.com/rindo03

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特集名:加地伸行(二畳庵主人)
http://www.fukkan.com/group/?no=3898

こちらのページでは、同種の書籍を一覧で表示しております。
まだご投票されていないタイトルがございましたら、ぜひ一度ご覧の上、ご投
票をお願い申し上げます。
(復刊どっとこむは登録制なので、ご協力いただく場合は、トップページ左下から
登録していただく必要がございます  http://www.fukkan.com/)

● グループ掲示板
書籍の掲示板のほかにこの特集の掲示板をご用意しています。
● 相互リンクサイト
特集中の書籍に相互リンクサイト登録されたものを一覧で表示しています。
● 新規復刊リクエスト
この特集に関連する書籍を新規にリクエストされる場合はこちらからどうぞ。
● 新刊本をチェック(著者別特集のみ)
この著者の新刊をブープルでチェックすることができます。

また、現在の復刊特集におきまして、
 140x30のGIF画像バナー(静止画)
 簡単なご紹介文(著者プロフィール等)
をメールにてお送りください。(どなたでも結構です)

お送りくだされば、サイトのトップ等に掲載するほか、内容の充実しているも
のにつきましては、全ユーザーへのメールにてご紹介いたしますので、投票数
アップのお役にたてるかと思います。ぜひご協力ください。

No.31637 中国人の論理学 諸子百家から毛沢東まで
No.31584 中国論理学史研究-経学の基礎的探求
No.6873 漢文法基礎

(りんどう註:このうち学参は「漢文法基礎」です。あとは中国思想史の書籍です。)

漢文・名著復刊運動!

りんどうです。お久しぶりです!
秋は営業かけずり回って、12月は忘年会シーズンということで、おでかけ大忙しの毎日です。いきなり寒くなりましたが、風邪には充分ご留意ください!

ところで、中国籍の児童・生徒を教えていると、いわゆる日本の漢文の授業は、中国での
「古文」になるわけですが、日本の訓読みをする、という日本バージョンで習うものの、
同じ古典を習うわけで、一番なじみがある科目になっています。

わたしも専門として、漢文を勉強しましたし、今も高校生に「桃花源記」を教えたりしています。東京で勉強している私の教え子たちも、自らのルーツの古典を学習サークル(塾みたいなもの)に通って、背書(暗誦)しています。

ちょうど日本で言えば、石井方式といわれた漢文教育に近いですね。それを中国語読みしているもの、と考えるとわかりやすいと思います。

今は、その発展型として、いろいろな教育法が出ています。陰山学級もそのひとつだと思いますし、教師の参考書などでも話題のツーウェイ方式もそうでしょうし、いろいろと開発されています。

・・・ところで、その漢文ですが、私たちが学生だった頃のベストセラーの名著・
Z会の二畳庵主人先生の「漢文法基礎」の復刊運動に参加しています。

加地伸行先生というのが本名ですが、中国文学・思想史を専攻した方でしたら、知らなかったら、モグリだといわれるほどの日本を代表する学者でもあります。

漢文は高校でもウェイトがさほど大きくはないのですが、教養という意味でも必要科目ですし、小泉総理もことあるごとに中国古典・日本古典や歴史を参考にされていることからも、
リーダーシップを発揮するのにも、重要性は高いと思っています。

もし可能でしたら、「復刊どっとこむ」にぜひご協力をお願いいたします。
宜しくお願いします。

ケイ・ランゲージ・ラボ りんどう
http://homepage3.nifty.com/rindo03

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特集名:加地伸行(二畳庵主人)
http://www.fukkan.com/group/?no=3898

こちらのページでは、同種の書籍を一覧で表示しております。
まだご投票されていないタイトルがございましたら、ぜひ一度ご覧の上、ご投
票をお願い申し上げます。
(復刊どっとこむは登録制なので、ご協力いただく場合は、トップページ左下から
登録していただく必要がございます  http://www.fukkan.com/)

● グループ掲示板
書籍の掲示板のほかにこの特集の掲示板をご用意しています。
● 相互リンクサイト
特集中の書籍に相互リンクサイト登録されたものを一覧で表示しています。
● 新規復刊リクエスト
この特集に関連する書籍を新規にリクエストされる場合はこちらからどうぞ。
● 新刊本をチェック(著者別特集のみ)
この著者の新刊をブープルでチェックすることができます。

また、現在の復刊特集におきまして、
 140x30のGIF画像バナー(静止画)
 簡単なご紹介文(著者プロフィール等)
をメールにてお送りください。(どなたでも結構です)

お送りくだされば、サイトのトップ等に掲載するほか、内容の充実しているも
のにつきましては、全ユーザーへのメールにてご紹介いたしますので、投票数
アップのお役にたてるかと思います。ぜひご協力ください。

No.31637 中国人の論理学 諸子百家から毛沢東まで
No.31584 中国論理学史研究-経学の基礎的探求
No.6873 漢文法基礎

(りんどう註:このうち学参は「漢文法基礎」です。あとは中国思想史の書籍です。)

« 2005年10月 | トップページ | 2006年1月 »