無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ご挨拶~YouTube~

事務局です。

代表の”りんどう”がYouTubeに載っています。
ネタバトル アップロード!《りんどう》A12301523

ということで、 http://jp.youtube.com/user/netabattle07 の検索で”りんどう”で調べると出ています。

漢字で”竜胆”ということで、30代前半の女性を想像しないらしく、設立当時には学校に訪問時にも、代表のお嬢さんですか?と呼ばれたトホホな話もありました。・・・

急に貫禄がついた感!?(見ため)がありますが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

ご挨拶~YouTube~

事務局です。

代表の”りんどう”がYouTubeに載っています。
ネタバトル アップロード!《りんどう》A12301523

ということで、 http://jp.youtube.com/user/netabattle07 の検索で”りんどう”で調べると出ています。

漢字で”竜胆”ということで、30代前半の女性を想像しないらしく、設立当時には学校に訪問時にも、代表のお嬢さんですか?と呼ばれたトホホな話もありました。・・・

急に貫禄がついた感!?(見ため)がありますが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

ご挨拶~YouTube~

事務局です。

代表の”りんどう”がYouTubeに載っています。
ネタバトル アップロード!《りんどう》A12301523

ということで、 http://jp.youtube.com/user/netabattle07 の検索で”りんどう”で調べると出ています。

漢字で”竜胆”ということで、30代前半の女性を想像しないらしく、設立当時には学校に訪問時にも、代表のお嬢さんですか?と呼ばれたトホホな話もありました。・・・

急に貫禄がついた感!?(見ため)がありますが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

2007年12月14日 (金)

カルチャー部門・新設!

語学教育部門です。

現在の「語学教育部門」という名称は、ことばの教室の別名称として当初から使用していましたが、この中には、理数系も含めた塾・家庭教師部門を含め、最近まで分離していなかった教育相談、研修、さらにはカルチャー教室の部門までひっくるめた名称になっていました。

そのためいろいろな面で混同があり、特に協力スタッフや取引様各位に誤解を招く面が多々ございました。

2008年は弊会にとっても節目となる北京オリンピック年です。
組織の整理統合などわかりやすい形にしていきたく思います。

その手始めとして、塾・家庭教師業務に重点がシフトしてきている語学教育部門から、カルチャー部門を切り離すことにいたしました。

カルチャー部門については、生涯学習の観点から、もっと柔軟に企画・アイデアを募りながら、楽しく継続していけるような内容にしていきたく思います。

価格についても、これまでの学校の補習・進学や研修需要におされ気味で、高騰していたわけですが、設立当初の原点に戻り、利用しやすい形で行っていきます。
詳細は追ってブログ・HPで掲載します。

※基本的に成人の生涯学習を支援するような内容になりますので、語学教育部門で扱う内容とは別立てで行っていきます。

カルチャー部門・新設!

語学教育部門です。

現在の「語学教育部門」という名称は、ことばの教室の別名称として当初から使用していましたが、この中には、理数系も含めた塾・家庭教師部門を含め、最近まで分離していなかった教育相談、研修、さらにはカルチャー教室の部門までひっくるめた名称になっていました。

そのためいろいろな面で混同があり、特に協力スタッフや取引様各位に誤解を招く面が多々ございました。

2008年は弊会にとっても節目となる北京オリンピック年です。
組織の整理統合などわかりやすい形にしていきたく思います。

その手始めとして、塾・家庭教師業務に重点がシフトしてきている語学教育部門から、カルチャー部門を切り離すことにいたしました。

カルチャー部門については、生涯学習の観点から、もっと柔軟に企画・アイデアを募りながら、楽しく継続していけるような内容にしていきたく思います。

価格についても、これまでの学校の補習・進学や研修需要におされ気味で、高騰していたわけですが、設立当初の原点に戻り、利用しやすい形で行っていきます。
詳細は追ってブログ・HPで掲載します。

※基本的に成人の生涯学習を支援するような内容になりますので、語学教育部門で扱う内容とは別立てで行っていきます。

カルチャー部門・新設!

語学教育部門です。

現在の「語学教育部門」という名称は、ことばの教室の別名称として当初から使用していましたが、この中には、理数系も含めた塾・家庭教師部門を含め、最近まで分離していなかった教育相談、研修、さらにはカルチャー教室の部門までひっくるめた名称になっていました。

そのためいろいろな面で混同があり、特に協力スタッフや取引様各位に誤解を招く面が多々ございました。

2008年は弊会にとっても節目となる北京オリンピック年です。
組織の整理統合などわかりやすい形にしていきたく思います。

その手始めとして、塾・家庭教師業務に重点がシフトしてきている語学教育部門から、カルチャー部門を切り離すことにいたしました。

カルチャー部門については、生涯学習の観点から、もっと柔軟に企画・アイデアを募りながら、楽しく継続していけるような内容にしていきたく思います。

価格についても、これまでの学校の補習・進学や研修需要におされ気味で、高騰していたわけですが、設立当初の原点に戻り、利用しやすい形で行っていきます。
詳細は追ってブログ・HPで掲載します。

※基本的に成人の生涯学習を支援するような内容になりますので、語学教育部門で扱う内容とは別立てで行っていきます。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »