無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦3・PR

りんどうです。

今結構重たい教育のテーマに取り組んでいます。
ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦パート3
http://blog.livedoor.jp/keilanguage/

連載ははじまっていますが、教育現場の様子は刻々と同時並行で進んでいます。
使命感、校塾連携、PISA、・・・学力観、テスト観等など。

今回のお話の中心になる和田中学校ですが、それとは別に藤原前校長も大阪でプロジェクトが進んでいるようです。
http://www.yononaka.net/

今日のニュースでは、橋下知事が先生として「よのなか科」デビューの予定もあるとか。。

利益代表とか、周りの意見とかを見渡して述べようとすると、おそらく何も言えなくなること必至なので、これを書いている最中は、ひたすら自分の教育に対する信念に従おうと思っています。

これを示すことで私の教育論の一端をご理解いただけると幸いです。
来年もよろしくお願いします。

ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦3・PR

りんどうです。

今結構重たい教育のテーマに取り組んでいます。
ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦パート3
http://blog.livedoor.jp/keilanguage/

連載ははじまっていますが、教育現場の様子は刻々と同時並行で進んでいます。
使命感、校塾連携、PISA、・・・学力観、テスト観等など。

今回のお話の中心になる和田中学校ですが、それとは別に藤原前校長も大阪でプロジェクトが進んでいるようです。
http://www.yononaka.net/

今日のニュースでは、橋下知事が先生として「よのなか科」デビューの予定もあるとか。。

利益代表とか、周りの意見とかを見渡して述べようとすると、おそらく何も言えなくなること必至なので、これを書いている最中は、ひたすら自分の教育に対する信念に従おうと思っています。

これを示すことで私の教育論の一端をご理解いただけると幸いです。
来年もよろしくお願いします。

ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦3・PR

りんどうです。

今結構重たい教育のテーマに取り組んでいます。
ケイ・ランゲージ・ラボの挑戦パート3
http://blog.livedoor.jp/keilanguage/

連載ははじまっていますが、教育現場の様子は刻々と同時並行で進んでいます。
使命感、校塾連携、PISA、・・・学力観、テスト観等など。

今回のお話の中心になる和田中学校ですが、それとは別に藤原前校長も大阪でプロジェクトが進んでいるようです。
http://www.yononaka.net/

今日のニュースでは、橋下知事が先生として「よのなか科」デビューの予定もあるとか。。

利益代表とか、周りの意見とかを見渡して述べようとすると、おそらく何も言えなくなること必至なので、これを書いている最中は、ひたすら自分の教育に対する信念に従おうと思っています。

これを示すことで私の教育論の一端をご理解いただけると幸いです。
来年もよろしくお願いします。

2008年12月27日 (土)

語学教育部門の会員制度に関する回答

語学教育部門です。

いろいろな媒体で細切れには広報していますが、質問があったので一気にお応えします。
弊会はいわゆる「会員制」スタディ・サロンです。サロン・・・という感じではなく、今は塾・語学家庭教師センターのイメージが先行していますが、本来の姿は会員制スタディサロンです。

1対1を標榜していることもありまして、良質なサービスを提供する一念から、「低価格に自信あり」という競争は初めからしておりません。近年授業料を「値引き交渉」して言った者勝ちのような風潮もあるようですが、我々の内部では関知しません。

完全月謝制で「分納制」はないのか?というご質問の回答はほぼ全てのケースで行っておりません。
制度としては月あたり30万円を上回る場合でかつ必要が認められた場合の適用としてあり、講師をはじめ関係者の了承が得られた場合のみ、2分割までは認めることがございます。導入実績としては正式開業前を含めて、過去5年間をみても前例はございません。

それ以外は生活状況の急変があり、なおかつ当該学年が受験学年になっている場合、必要が認められた場合には一定期間において2分割を認めることがあります。ただし必要要件があり、証明できる関係書類が必要になります。これも前例はございませんが、制度としてはございますのでお伝えいたします。
※当該制度は要件が複数ございます。詳細は対象に該当しない方の便乗を防ぐために、マス広報ではお伝えしておりません。繊細な内容ですので機密厳守で行います。経理関連は全ての内容で、講師ではなく直接事務局へお問い合わせください。

チケット制度はございませんが、指定のコース一部で「デポジット制」を希望者に導入した事例はございます。
なお全てのコースで、いわゆる「学割」や特定の学校に在籍することでの優遇などはございません。

弊会は1対1対応とはいえ、24時間開講はしておりません。
なお学習者希望の時間帯がレギュラー時間帯で23時終了であったり、早朝7時開始のようなレッスンは対応できる講師も限られます。お受けできた場合も「特殊対応」で受講いただくことになります。

弊会ではレギュラー時間帯では、24:00~6:59までのレッスンは行っておりませんので予めご了承ください。
その代わり、土日開講は行っております。曜日・時間帯は固定です。
※フリータイム制では、現在の価格帯の維持が出来なくなるためです。

弊会では補講制度はありませんが、振替制度はございます。レッスンを追加したい場合は、1回から受付可能です。また弊会では講師指名制はございませんが、コースごとに担当講師による完全担任制になっています。

また必ず就職を保証しますというような請負に当たることは申し上げませんが、就職支援体制や資格試験対策での合格バックアップ体制は十分に整えております。語学を生かした分野で活躍中の方のブラッシュアップも行っております。

「女性限定」コースはあるか、という話については、1対1ですので女性講師がご希望ということを承るなどで対応しております。たまに弊会で講師側で「受け入れは女性限定」という講師もおります。
案件ごとにニーズにあわせた対応ということで行っております。

通信コースについてですが、元来弊会は社会人対象・やり直し英語コースとして「通信コース」からスタートしています。名残として一部の内容で残っております。
通学コースへの編入制度はもとより、季節講習のような形でのスクーリング制度、コース内容に関する質問相談等も充実しています。

それでは宜しくお願いいたします。

語学教育部門の会員制度に関する回答

語学教育部門です。

いろいろな媒体で細切れには広報していますが、質問があったので一気にお応えします。
弊会はいわゆる「会員制」スタディ・サロンです。サロン・・・という感じではなく、今は塾・語学家庭教師センターのイメージが先行していますが、本来の姿は会員制スタディサロンです。

1対1を標榜していることもありまして、良質なサービスを提供する一念から、「低価格に自信あり」という競争は初めからしておりません。近年授業料を「値引き交渉」して言った者勝ちのような風潮もあるようですが、我々の内部では関知しません。

完全月謝制で「分納制」はないのか?というご質問の回答はほぼ全てのケースで行っておりません。
制度としては月あたり30万円を上回る場合でかつ必要が認められた場合の適用としてあり、講師をはじめ関係者の了承が得られた場合のみ、2分割までは認めることがございます。導入実績としては正式開業前を含めて、過去5年間をみても前例はございません。

それ以外は生活状況の急変があり、なおかつ当該学年が受験学年になっている場合、必要が認められた場合には一定期間において2分割を認めることがあります。ただし必要要件があり、証明できる関係書類が必要になります。これも前例はございませんが、制度としてはございますのでお伝えいたします。
※当該制度は要件が複数ございます。詳細は対象に該当しない方の便乗を防ぐために、マス広報ではお伝えしておりません。繊細な内容ですので機密厳守で行います。経理関連は全ての内容で、講師ではなく直接事務局へお問い合わせください。

チケット制度はございませんが、指定のコース一部で「デポジット制」を希望者に導入した事例はございます。
なお全てのコースで、いわゆる「学割」や特定の学校に在籍することでの優遇などはございません。

弊会は1対1対応とはいえ、24時間開講はしておりません。
なお学習者希望の時間帯がレギュラー時間帯で23時終了であったり、早朝7時開始のようなレッスンは対応できる講師も限られます。お受けできた場合も「特殊対応」で受講いただくことになります。

弊会ではレギュラー時間帯では、24:00~6:59までのレッスンは行っておりませんので予めご了承ください。
その代わり、土日開講は行っております。曜日・時間帯は固定です。
※フリータイム制では、現在の価格帯の維持が出来なくなるためです。

弊会では補講制度はありませんが、振替制度はございます。レッスンを追加したい場合は、1回から受付可能です。また弊会では講師指名制はございませんが、コースごとに担当講師による完全担任制になっています。

また必ず就職を保証しますというような請負に当たることは申し上げませんが、就職支援体制や資格試験対策での合格バックアップ体制は十分に整えております。語学を生かした分野で活躍中の方のブラッシュアップも行っております。

「女性限定」コースはあるか、という話については、1対1ですので女性講師がご希望ということを承るなどで対応しております。たまに弊会で講師側で「受け入れは女性限定」という講師もおります。
案件ごとにニーズにあわせた対応ということで行っております。

通信コースについてですが、元来弊会は社会人対象・やり直し英語コースとして「通信コース」からスタートしています。名残として一部の内容で残っております。
通学コースへの編入制度はもとより、季節講習のような形でのスクーリング制度、コース内容に関する質問相談等も充実しています。

それでは宜しくお願いいたします。

語学教育部門の会員制度に関する回答

語学教育部門です。

いろいろな媒体で細切れには広報していますが、質問があったので一気にお応えします。
弊会はいわゆる「会員制」スタディ・サロンです。サロン・・・という感じではなく、今は塾・語学家庭教師センターのイメージが先行していますが、本来の姿は会員制スタディサロンです。

1対1を標榜していることもありまして、良質なサービスを提供する一念から、「低価格に自信あり」という競争は初めからしておりません。近年授業料を「値引き交渉」して言った者勝ちのような風潮もあるようですが、我々の内部では関知しません。

完全月謝制で「分納制」はないのか?というご質問の回答はほぼ全てのケースで行っておりません。
制度としては月あたり30万円を上回る場合でかつ必要が認められた場合の適用としてあり、講師をはじめ関係者の了承が得られた場合のみ、2分割までは認めることがございます。導入実績としては正式開業前を含めて、過去5年間をみても前例はございません。

それ以外は生活状況の急変があり、なおかつ当該学年が受験学年になっている場合、必要が認められた場合には一定期間において2分割を認めることがあります。ただし必要要件があり、証明できる関係書類が必要になります。これも前例はございませんが、制度としてはございますのでお伝えいたします。
※当該制度は要件が複数ございます。詳細は対象に該当しない方の便乗を防ぐために、マス広報ではお伝えしておりません。繊細な内容ですので機密厳守で行います。経理関連は全ての内容で、講師ではなく直接事務局へお問い合わせください。

チケット制度はございませんが、指定のコース一部で「デポジット制」を希望者に導入した事例はございます。
なお全てのコースで、いわゆる「学割」や特定の学校に在籍することでの優遇などはございません。

弊会は1対1対応とはいえ、24時間開講はしておりません。
なお学習者希望の時間帯がレギュラー時間帯で23時終了であったり、早朝7時開始のようなレッスンは対応できる講師も限られます。お受けできた場合も「特殊対応」で受講いただくことになります。

弊会ではレギュラー時間帯では、24:00~6:59までのレッスンは行っておりませんので予めご了承ください。
その代わり、土日開講は行っております。曜日・時間帯は固定です。
※フリータイム制では、現在の価格帯の維持が出来なくなるためです。

弊会では補講制度はありませんが、振替制度はございます。レッスンを追加したい場合は、1回から受付可能です。また弊会では講師指名制はございませんが、コースごとに担当講師による完全担任制になっています。

また必ず就職を保証しますというような請負に当たることは申し上げませんが、就職支援体制や資格試験対策での合格バックアップ体制は十分に整えております。語学を生かした分野で活躍中の方のブラッシュアップも行っております。

「女性限定」コースはあるか、という話については、1対1ですので女性講師がご希望ということを承るなどで対応しております。たまに弊会で講師側で「受け入れは女性限定」という講師もおります。
案件ごとにニーズにあわせた対応ということで行っております。

通信コースについてですが、元来弊会は社会人対象・やり直し英語コースとして「通信コース」からスタートしています。名残として一部の内容で残っております。
通学コースへの編入制度はもとより、季節講習のような形でのスクーリング制度、コース内容に関する質問相談等も充実しています。

それでは宜しくお願いいたします。

2008年12月26日 (金)

事務局の施設について

事務局です。

ケイ・ランゲージ・ラボ事務局では、事務作業メインの部屋について、通信インフラ整備のための倉庫移動等の移設が予定されています。光通信網やWeb機能強化を考え実施の予定です。

事務局で授業をされている皆様にはご迷惑をおかけしないような配慮をしておりますが、予めご了承のほどお願いします。

なお弊会では未就学児童、ならびに小学校1年・2年の児童についての受け入れを行わないことにしております。
その関係もあり、弊会へお越しいただく際に「託児スペース」がございませんので、面談の場合はお子様同伴の状況になると思われます。

会員やケイ・ランゲージ・ラボ関係者の方が利用する前提ではございませんが、事務局には「シャワー」の設置はございます。何かの際に必要と判断しましたらお申し出ください。

いわゆる談話スペースになっているところがレッスン室になりますので、通常の学習塾・予備校にあるような自習室やロッカーはございません。予めご了承の上お越しください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

事務局の施設について

事務局です。

ケイ・ランゲージ・ラボ事務局では、事務作業メインの部屋について、通信インフラ整備のための倉庫移動等の移設が予定されています。光通信網やWeb機能強化を考え実施の予定です。

事務局で授業をされている皆様にはご迷惑をおかけしないような配慮をしておりますが、予めご了承のほどお願いします。

なお弊会では未就学児童、ならびに小学校1年・2年の児童についての受け入れを行わないことにしております。
その関係もあり、弊会へお越しいただく際に「託児スペース」がございませんので、面談の場合はお子様同伴の状況になると思われます。

会員やケイ・ランゲージ・ラボ関係者の方が利用する前提ではございませんが、事務局には「シャワー」の設置はございます。何かの際に必要と判断しましたらお申し出ください。

いわゆる談話スペースになっているところがレッスン室になりますので、通常の学習塾・予備校にあるような自習室やロッカーはございません。予めご了承の上お越しください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

事務局の施設について

事務局です。

ケイ・ランゲージ・ラボ事務局では、事務作業メインの部屋について、通信インフラ整備のための倉庫移動等の移設が予定されています。光通信網やWeb機能強化を考え実施の予定です。

事務局で授業をされている皆様にはご迷惑をおかけしないような配慮をしておりますが、予めご了承のほどお願いします。

なお弊会では未就学児童、ならびに小学校1年・2年の児童についての受け入れを行わないことにしております。
その関係もあり、弊会へお越しいただく際に「託児スペース」がございませんので、面談の場合はお子様同伴の状況になると思われます。

会員やケイ・ランゲージ・ラボ関係者の方が利用する前提ではございませんが、事務局には「シャワー」の設置はございます。何かの際に必要と判断しましたらお申し出ください。

いわゆる談話スペースになっているところがレッスン室になりますので、通常の学習塾・予備校にあるような自習室やロッカーはございません。予めご了承の上お越しください。

何卒宜しくお願い申し上げます。

2008年12月22日 (月)

漢文・中国語をこよなく愛する方へのブログ!

りんどうです。・・・

小論文でブレイク中で、本職・漢文教師だというのを皆様にそろそろ忘れられそうなので、一押しブログを紹介します!

私が高校生の時の旺文社ラジオ講座のセンセイ・・・って昔すぎて年齢がバレてしまいますが、宮下典男先生の「中国面白情報館」をご紹介します!!
http://www.ne.jp/asahi/china-amusement/miyashita88/

代々木ゼミナールの講師として有名で「我一定考取大学!」(読み方はもちろん!中国語)の合言葉で有名ですね~。宮下先生のセンター漢文に恩恵をあやかった方も少なくないのでは?

東京大学の漢文でガチっととりたい方にはもっとおすすめです。・・・なお奥様は台湾の方です。

漢文・中国語をこよなく愛する方へのブログ!

りんどうです。・・・

小論文でブレイク中で、本職・漢文教師だというのを皆様にそろそろ忘れられそうなので、一押しブログを紹介します!

私が高校生の時の旺文社ラジオ講座のセンセイ・・・って昔すぎて年齢がバレてしまいますが、宮下典男先生の「中国面白情報館」をご紹介します!!
http://www.ne.jp/asahi/china-amusement/miyashita88/

代々木ゼミナールの講師として有名で「我一定考取大学!」(読み方はもちろん!中国語)の合言葉で有名ですね~。宮下先生のセンター漢文に恩恵をあやかった方も少なくないのでは?

東京大学の漢文でガチっととりたい方にはもっとおすすめです。・・・なお奥様は台湾の方です。

漢文・中国語をこよなく愛する方へのブログ!

りんどうです。・・・

小論文でブレイク中で、本職・漢文教師だというのを皆様にそろそろ忘れられそうなので、一押しブログを紹介します!

私が高校生の時の旺文社ラジオ講座のセンセイ・・・って昔すぎて年齢がバレてしまいますが、宮下典男先生の「中国面白情報館」をご紹介します!!
http://www.ne.jp/asahi/china-amusement/miyashita88/

代々木ゼミナールの講師として有名で「我一定考取大学!」(読み方はもちろん!中国語)の合言葉で有名ですね~。宮下先生のセンター漢文に恩恵をあやかった方も少なくないのでは?

東京大学の漢文でガチっととりたい方にはもっとおすすめです。・・・なお奥様は台湾の方です。

2008年12月21日 (日)

コミュニケーションはとても大事!

事務局です。

私たちはいわゆる「学習塾・家庭教師」業を行っていると言いますが、どうして●●塾や○○家庭教師センターといった名前は言わないのでしょうか?

実は私たちは「ことばの教室」ということに、こだわりがあるからなのです。

どの教科の補習もしてくれる地域密着型の学習塾とは決定的に違う特徴でもあります。

ことば関連科目・言語とコミュニケーションという部分をとても重要視しているからです。
コースは様々でも、私たちの活動はここに帰結するのです。

また私たちは教示するというだけではなく、ケイ・ランゲージ・ラボということで「ラボラトリー(実験室)」を唱っています。つまり臨床教育実験室としての役割も果たしています。

児童生徒の日本語教育(JSL)に始まり、第二言語での教科教育、社会人のリカレント教育のみならず、早期英語教育と並行して行う第一言語での論理的思考の強化、軽度発達障害での概念認知力の強化、文書表現力の発想力強化等など、その方の年齢や学習歴、環境などに応じて、個々にあわせて最適なカリキュラムを組むごとに、1つのプロジェクトとして臨床教育を実施しています。

つまり、出来合いのノーマルなコースでは間に合わない案件が、ケイ・ランゲージ・ラボでは多く存在し、成果が挙がるごとに何らかの形で社会やその分野に関連する方々に還元することを行っているのです。

真の学び舎として、学習者と教師が一緒に学び、個別指導を行い、学習者を一人一人を理解し最適な教育を提供することを理想としています。1対1だからこそ、自ら質問もしやすい環境が用意されているのです。

その上で私たちは進路・キャリア支援に多大な尽力をしています。教育力とともに最大限のバックアップ体制を整えて、会員の目指す進路へ向けて、伴走しながら日々の活動の中で応援しています。

密度の濃いコミュニケーションにより、わかるを出来るに変えていくのが、私たちのサービスの醍醐味でもあります。

コミュニケーションはとても大事!

事務局です。

私たちはいわゆる「学習塾・家庭教師」業を行っていると言いますが、どうして●●塾や○○家庭教師センターといった名前は言わないのでしょうか?

実は私たちは「ことばの教室」ということに、こだわりがあるからなのです。

どの教科の補習もしてくれる地域密着型の学習塾とは決定的に違う特徴でもあります。

ことば関連科目・言語とコミュニケーションという部分をとても重要視しているからです。
コースは様々でも、私たちの活動はここに帰結するのです。

また私たちは教示するというだけではなく、ケイ・ランゲージ・ラボということで「ラボラトリー(実験室)」を唱っています。つまり臨床教育実験室としての役割も果たしています。

児童生徒の日本語教育(JSL)に始まり、第二言語での教科教育、社会人のリカレント教育のみならず、早期英語教育と並行して行う第一言語での論理的思考の強化、軽度発達障害での概念認知力の強化、文書表現力の発想力強化等など、その方の年齢や学習歴、環境などに応じて、個々にあわせて最適なカリキュラムを組むごとに、1つのプロジェクトとして臨床教育を実施しています。

つまり、出来合いのノーマルなコースでは間に合わない案件が、ケイ・ランゲージ・ラボでは多く存在し、成果が挙がるごとに何らかの形で社会やその分野に関連する方々に還元することを行っているのです。

真の学び舎として、学習者と教師が一緒に学び、個別指導を行い、学習者を一人一人を理解し最適な教育を提供することを理想としています。1対1だからこそ、自ら質問もしやすい環境が用意されているのです。

その上で私たちは進路・キャリア支援に多大な尽力をしています。教育力とともに最大限のバックアップ体制を整えて、会員の目指す進路へ向けて、伴走しながら日々の活動の中で応援しています。

密度の濃いコミュニケーションにより、わかるを出来るに変えていくのが、私たちのサービスの醍醐味でもあります。

コミュニケーションはとても大事!

事務局です。

私たちはいわゆる「学習塾・家庭教師」業を行っていると言いますが、どうして●●塾や○○家庭教師センターといった名前は言わないのでしょうか?

実は私たちは「ことばの教室」ということに、こだわりがあるからなのです。

どの教科の補習もしてくれる地域密着型の学習塾とは決定的に違う特徴でもあります。

ことば関連科目・言語とコミュニケーションという部分をとても重要視しているからです。
コースは様々でも、私たちの活動はここに帰結するのです。

また私たちは教示するというだけではなく、ケイ・ランゲージ・ラボということで「ラボラトリー(実験室)」を唱っています。つまり臨床教育実験室としての役割も果たしています。

児童生徒の日本語教育(JSL)に始まり、第二言語での教科教育、社会人のリカレント教育のみならず、早期英語教育と並行して行う第一言語での論理的思考の強化、軽度発達障害での概念認知力の強化、文書表現力の発想力強化等など、その方の年齢や学習歴、環境などに応じて、個々にあわせて最適なカリキュラムを組むごとに、1つのプロジェクトとして臨床教育を実施しています。

つまり、出来合いのノーマルなコースでは間に合わない案件が、ケイ・ランゲージ・ラボでは多く存在し、成果が挙がるごとに何らかの形で社会やその分野に関連する方々に還元することを行っているのです。

真の学び舎として、学習者と教師が一緒に学び、個別指導を行い、学習者を一人一人を理解し最適な教育を提供することを理想としています。1対1だからこそ、自ら質問もしやすい環境が用意されているのです。

その上で私たちは進路・キャリア支援に多大な尽力をしています。教育力とともに最大限のバックアップ体制を整えて、会員の目指す進路へ向けて、伴走しながら日々の活動の中で応援しています。

密度の濃いコミュニケーションにより、わかるを出来るに変えていくのが、私たちのサービスの醍醐味でもあります。

2008年12月19日 (金)

中学受験生必見!校長TV!!

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局です。

今話題の校長TVをご紹介します。建学の精神・校風などの紹介のほか、入試作成指針などもあって必見です。
各私学の校長先生の生の声が映像とともに伝えられて、臨場感たっぷりです!

http://www.study1.jp/kohchotv/index.html

今回の掲載は千代田区・三輪田学園です。その他10校の掲載があります。

中学受験生必見!校長TV!!

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局です。

今話題の校長TVをご紹介します。建学の精神・校風などの紹介のほか、入試作成指針などもあって必見です。
各私学の校長先生の生の声が映像とともに伝えられて、臨場感たっぷりです!

http://www.study1.jp/kohchotv/index.html

今回の掲載は千代田区・三輪田学園です。その他10校の掲載があります。

中学受験生必見!校長TV!!

ケイ・ランゲージ・ラボ 事務局です。

今話題の校長TVをご紹介します。建学の精神・校風などの紹介のほか、入試作成指針などもあって必見です。
各私学の校長先生の生の声が映像とともに伝えられて、臨場感たっぷりです!

http://www.study1.jp/kohchotv/index.html

今回の掲載は千代田区・三輪田学園です。その他10校の掲載があります。

男と女・円満の秘訣

りんどうです。

鴎友学園・女子教育連続講演会の懇親会から飛び出してきてブログをしています。
「女子高の未来を拓く」ということで「キャリアを拓く」というテーマでしたが、これを知っているかどうかで、幸せ度が大きく変わる人は多いよね!という大ネタの話でした。

「女子教育の中でのキャリアとは」という大真面目な話ですが、後ろ斜めから見れば、男と女、ひいては家族を営む秘訣に直結の内容でしたので必見!です。

秘訣を一言でいうとこちら。

「複数の役割を、過度でなく、能動的に関与する」と「精神的健康」を得られる

・・・つまり1つのことや役割ばかりをすることなく、ほどほどに、受け身でなく主体的にかかわっていれば、心の健康・幸福をGETできる、ということです。

同じことばかりをさせれば、学習でも仕事でもスピードも能率も落ちます。さらにモチベーションも落ちてきて、不満ばかりになります。

仕事ばかり、家事・育児ばかり、というのは、「どうしてわたしばっかり~なのよっ!」という喧嘩になりやすい。・・・

それに、なんでもやりすぎはバランスを崩します。

受け身ばかりでいれば、決定するのは自分ではありませんので、「アンタが言ったから私がやるんじゃないよっ!」ということになり、ふんばりもききません。

異質なことをすることで、複数の役割をそれぞれが持つ、ということは、自分の世界をそれぞれ持つことで、バランスがとれてくれば、男と女も、家族も円満にいくというものです。

女性にしても、本当は仕事をしたかったのに、夫に言われて家庭に入り、ひたすら家事・育児にかかりっきり。育児が終えたら、私のアイデンティティは何?となり、積もり積もって「熟年離婚」の引き金にもなりうるわけです。

どうして夫が仕事「一筋」で家族を養っているのに、何の不満があって離婚するわけ?という疑問も、もっと前から自分の世界や役割を複数持つことで、ゆとりをもってお互いHAPPYにいられることがわかっていなかったのが大きな原因になっています。

仕事・家庭・趣味をバランスよく保っていれば、それぞれやることにも能率もいいし、人にも優しくなれるかも!これからの生き方の基本の”き”のようです。

参考:鴎友学園・女子教育連続講演会
http://www.ohyu.jp/kouen/index.html

男と女・円満の秘訣

りんどうです。

鴎友学園・女子教育連続講演会の懇親会から飛び出してきてブログをしています。
「女子高の未来を拓く」ということで「キャリアを拓く」というテーマでしたが、これを知っているかどうかで、幸せ度が大きく変わる人は多いよね!という大ネタの話でした。

「女子教育の中でのキャリアとは」という大真面目な話ですが、後ろ斜めから見れば、男と女、ひいては家族を営む秘訣に直結の内容でしたので必見!です。

秘訣を一言でいうとこちら。

「複数の役割を、過度でなく、能動的に関与する」と「精神的健康」を得られる

・・・つまり1つのことや役割ばかりをすることなく、ほどほどに、受け身でなく主体的にかかわっていれば、心の健康・幸福をGETできる、ということです。

同じことばかりをさせれば、学習でも仕事でもスピードも能率も落ちます。さらにモチベーションも落ちてきて、不満ばかりになります。

仕事ばかり、家事・育児ばかり、というのは、「どうしてわたしばっかり~なのよっ!」という喧嘩になりやすい。・・・

それに、なんでもやりすぎはバランスを崩します。

受け身ばかりでいれば、決定するのは自分ではありませんので、「アンタが言ったから私がやるんじゃないよっ!」ということになり、ふんばりもききません。

異質なことをすることで、複数の役割をそれぞれが持つ、ということは、自分の世界をそれぞれ持つことで、バランスがとれてくれば、男と女も、家族も円満にいくというものです。

女性にしても、本当は仕事をしたかったのに、夫に言われて家庭に入り、ひたすら家事・育児にかかりっきり。育児が終えたら、私のアイデンティティは何?となり、積もり積もって「熟年離婚」の引き金にもなりうるわけです。

どうして夫が仕事「一筋」で家族を養っているのに、何の不満があって離婚するわけ?という疑問も、もっと前から自分の世界や役割を複数持つことで、ゆとりをもってお互いHAPPYにいられることがわかっていなかったのが大きな原因になっています。

仕事・家庭・趣味をバランスよく保っていれば、それぞれやることにも能率もいいし、人にも優しくなれるかも!これからの生き方の基本の”き”のようです。

参考:鴎友学園・女子教育連続講演会
http://www.ohyu.jp/kouen/index.html

男と女・円満の秘訣

りんどうです。

鴎友学園・女子教育連続講演会の懇親会から飛び出してきてブログをしています。
「女子高の未来を拓く」ということで「キャリアを拓く」というテーマでしたが、これを知っているかどうかで、幸せ度が大きく変わる人は多いよね!という大ネタの話でした。

「女子教育の中でのキャリアとは」という大真面目な話ですが、後ろ斜めから見れば、男と女、ひいては家族を営む秘訣に直結の内容でしたので必見!です。

秘訣を一言でいうとこちら。

「複数の役割を、過度でなく、能動的に関与する」と「精神的健康」を得られる

・・・つまり1つのことや役割ばかりをすることなく、ほどほどに、受け身でなく主体的にかかわっていれば、心の健康・幸福をGETできる、ということです。

同じことばかりをさせれば、学習でも仕事でもスピードも能率も落ちます。さらにモチベーションも落ちてきて、不満ばかりになります。

仕事ばかり、家事・育児ばかり、というのは、「どうしてわたしばっかり~なのよっ!」という喧嘩になりやすい。・・・

それに、なんでもやりすぎはバランスを崩します。

受け身ばかりでいれば、決定するのは自分ではありませんので、「アンタが言ったから私がやるんじゃないよっ!」ということになり、ふんばりもききません。

異質なことをすることで、複数の役割をそれぞれが持つ、ということは、自分の世界をそれぞれ持つことで、バランスがとれてくれば、男と女も、家族も円満にいくというものです。

女性にしても、本当は仕事をしたかったのに、夫に言われて家庭に入り、ひたすら家事・育児にかかりっきり。育児が終えたら、私のアイデンティティは何?となり、積もり積もって「熟年離婚」の引き金にもなりうるわけです。

どうして夫が仕事「一筋」で家族を養っているのに、何の不満があって離婚するわけ?という疑問も、もっと前から自分の世界や役割を複数持つことで、ゆとりをもってお互いHAPPYにいられることがわかっていなかったのが大きな原因になっています。

仕事・家庭・趣味をバランスよく保っていれば、それぞれやることにも能率もいいし、人にも優しくなれるかも!これからの生き方の基本の”き”のようです。

参考:鴎友学園・女子教育連続講演会
http://www.ohyu.jp/kouen/index.html

2008年12月17日 (水)

モチベーションを下げる魔の言葉

りんどうです。
今は”飲みニケーション”の季節ですね。
忘年会・新年会は失礼させていただきますと言いながら、かなり多くの会に参加しています。

さてりんどうは個人活動としても「モチベーションUp」をテーマに教育相談や講演をしていますが、せっかくモチベーションがあっても下げてしまう魔の言葉に出っくわしまして、お伝えしたく思います。

・・・正直驚きました。発したのが教育のプロフェッショナルの方だったからです。

子供に「そろそろ勉強しようかな」と思い出した頃に、母親から「勉強しなさい!」と言われると「今やろうと思ったのに」ということでモチベーションが下がるような話もまま聞きます。

・・・これから言うのはそんなもんではありません。

皆さま、誰かの保護者をしていればPTAに参加して何がしかのお手伝いをすることもあるでしょう。また地域のボランティアに参加することもあるでしょう。街の美化清掃に参加するというのもありますよね。

またもっと身近に誰でもあることであれば、電車で座っていたらお年寄りが来たので席を譲るということもあるでしょう。・・・つまりお仕事というわけではなく、誰かのため、社会やコミュニティのためにボランティアすることも思い返せば誰でもあるだろうと思います。他人を思いやるということが実践されていて、とても健全なあり方だと思っています。

・・・飲みニケーションしているときも同じように、自分がお客で招かれていったときに、管理職になっていないような年齢の方であれば、いつの間にかホスト側に回ったようにお手伝いしていることも場合によってあるでしょう。

そういう時、本来それをやる当事者になりうる人が「あの人はそれをやって当然」ということを公言すると、行為をしている側の人は、基本的に誰でも一気にやる気を下げてしまうのです。

PTA活動でもしかり「あの人がやって当然」と手伝いもしない他のPTAが言ったら「どうして私ばっかりボラの仕事が回ってくるの?」ということに、大抵の方の考えが変化してしまいます。

お年寄りが後から乗ってくるやいなや、それを見て電車で席を譲ろうと思っている時に「アンタ若いんだからそこをどきなさいよ!!」と言われたら、気持ちよく譲れるのか、というと、気持ちの上でどうでしょうか?

あとは飲みミケーションをしていて、客で招かれたところで、何故だか宴会の手伝いをしていたとして、自分は動かないホスト側の人から「アンタ若いんだから、注文聞いたり手伝ったりして当然」と言われたらどう思いますか?・・・など等。

寄付もしかり。「あの人は金があるんだから、寄付をして当然」と言われたら、寄付をする方もいい気はしない、等。

日本ではボランティア、寄付というあり方が、考え方自体舶来モノだったり、コミュニケーションの中で、どうもスマートでない気がします。

誰々がこの無償の行為をして当然、ということを当事者間であればなおさら言わない、ということは、電車で席を譲るような小さい話でも、大きい話でも大切だと思います。

あとは学校でも企業や財団でもそうですが、ボランティアや寄付といったある程度制度化したほうが良いものについては、関係者が等しくうまくかかわれるような仕組みづくりが必要だと思っています。

そういった仕組みについて考える機会がありましたので、何らかの形で発表していきたく思います。

モチベーションを下げる魔の言葉

りんどうです。
今は”飲みニケーション”の季節ですね。
忘年会・新年会は失礼させていただきますと言いながら、かなり多くの会に参加しています。

さてりんどうは個人活動としても「モチベーションUp」をテーマに教育相談や講演をしていますが、せっかくモチベーションがあっても下げてしまう魔の言葉に出っくわしまして、お伝えしたく思います。

・・・正直驚きました。発したのが教育のプロフェッショナルの方だったからです。

子供に「そろそろ勉強しようかな」と思い出した頃に、母親から「勉強しなさい!」と言われると「今やろうと思ったのに」ということでモチベーションが下がるような話もまま聞きます。

・・・これから言うのはそんなもんではありません。

皆さま、誰かの保護者をしていればPTAに参加して何がしかのお手伝いをすることもあるでしょう。また地域のボランティアに参加することもあるでしょう。街の美化清掃に参加するというのもありますよね。

またもっと身近に誰でもあることであれば、電車で座っていたらお年寄りが来たので席を譲るということもあるでしょう。・・・つまりお仕事というわけではなく、誰かのため、社会やコミュニティのためにボランティアすることも思い返せば誰でもあるだろうと思います。他人を思いやるということが実践されていて、とても健全なあり方だと思っています。

・・・飲みニケーションしているときも同じように、自分がお客で招かれていったときに、管理職になっていないような年齢の方であれば、いつの間にかホスト側に回ったようにお手伝いしていることも場合によってあるでしょう。

そういう時、本来それをやる当事者になりうる人が「あの人はそれをやって当然」ということを公言すると、行為をしている側の人は、基本的に誰でも一気にやる気を下げてしまうのです。

PTA活動でもしかり「あの人がやって当然」と手伝いもしない他のPTAが言ったら「どうして私ばっかりボラの仕事が回ってくるの?」ということに、大抵の方の考えが変化してしまいます。

お年寄りが後から乗ってくるやいなや、それを見て電車で席を譲ろうと思っている時に「アンタ若いんだからそこをどきなさいよ!!」と言われたら、気持ちよく譲れるのか、というと、気持ちの上でどうでしょうか?

あとは飲みミケーションをしていて、客で招かれたところで、何故だか宴会の手伝いをしていたとして、自分は動かないホスト側の人から「アンタ若いんだから、注文聞いたり手伝ったりして当然」と言われたらどう思いますか?・・・など等。

寄付もしかり。「あの人は金があるんだから、寄付をして当然」と言われたら、寄付をする方もいい気はしない、等。

日本ではボランティア、寄付というあり方が、考え方自体舶来モノだったり、コミュニケーションの中で、どうもスマートでない気がします。

誰々がこの無償の行為をして当然、ということを当事者間であればなおさら言わない、ということは、電車で席を譲るような小さい話でも、大きい話でも大切だと思います。

あとは学校でも企業や財団でもそうですが、ボランティアや寄付といったある程度制度化したほうが良いものについては、関係者が等しくうまくかかわれるような仕組みづくりが必要だと思っています。

そういった仕組みについて考える機会がありましたので、何らかの形で発表していきたく思います。

モチベーションを下げる魔の言葉

りんどうです。
今は”飲みニケーション”の季節ですね。
忘年会・新年会は失礼させていただきますと言いながら、かなり多くの会に参加しています。

さてりんどうは個人活動としても「モチベーションUp」をテーマに教育相談や講演をしていますが、せっかくモチベーションがあっても下げてしまう魔の言葉に出っくわしまして、お伝えしたく思います。

・・・正直驚きました。発したのが教育のプロフェッショナルの方だったからです。

子供に「そろそろ勉強しようかな」と思い出した頃に、母親から「勉強しなさい!」と言われると「今やろうと思ったのに」ということでモチベーションが下がるような話もまま聞きます。

・・・これから言うのはそんなもんではありません。

皆さま、誰かの保護者をしていればPTAに参加して何がしかのお手伝いをすることもあるでしょう。また地域のボランティアに参加することもあるでしょう。街の美化清掃に参加するというのもありますよね。

またもっと身近に誰でもあることであれば、電車で座っていたらお年寄りが来たので席を譲るということもあるでしょう。・・・つまりお仕事というわけではなく、誰かのため、社会やコミュニティのためにボランティアすることも思い返せば誰でもあるだろうと思います。他人を思いやるということが実践されていて、とても健全なあり方だと思っています。

・・・飲みニケーションしているときも同じように、自分がお客で招かれていったときに、管理職になっていないような年齢の方であれば、いつの間にかホスト側に回ったようにお手伝いしていることも場合によってあるでしょう。

そういう時、本来それをやる当事者になりうる人が「あの人はそれをやって当然」ということを公言すると、行為をしている側の人は、基本的に誰でも一気にやる気を下げてしまうのです。

PTA活動でもしかり「あの人がやって当然」と手伝いもしない他のPTAが言ったら「どうして私ばっかりボラの仕事が回ってくるの?」ということに、大抵の方の考えが変化してしまいます。

お年寄りが後から乗ってくるやいなや、それを見て電車で席を譲ろうと思っている時に「アンタ若いんだからそこをどきなさいよ!!」と言われたら、気持ちよく譲れるのか、というと、気持ちの上でどうでしょうか?

あとは飲みミケーションをしていて、客で招かれたところで、何故だか宴会の手伝いをしていたとして、自分は動かないホスト側の人から「アンタ若いんだから、注文聞いたり手伝ったりして当然」と言われたらどう思いますか?・・・など等。

寄付もしかり。「あの人は金があるんだから、寄付をして当然」と言われたら、寄付をする方もいい気はしない、等。

日本ではボランティア、寄付というあり方が、考え方自体舶来モノだったり、コミュニケーションの中で、どうもスマートでない気がします。

誰々がこの無償の行為をして当然、ということを当事者間であればなおさら言わない、ということは、電車で席を譲るような小さい話でも、大きい話でも大切だと思います。

あとは学校でも企業や財団でもそうですが、ボランティアや寄付といったある程度制度化したほうが良いものについては、関係者が等しくうまくかかわれるような仕組みづくりが必要だと思っています。

そういった仕組みについて考える機会がありましたので、何らかの形で発表していきたく思います。

2008年12月 6日 (土)

【緊急】金融危機対策・進学に伴う奨学金関連相談

教育コンサルティング部門です。

通常の業務では、教育コンサルティング部門の相談業務では主な柱として以下の内容になっています。

1.海外帰国子女受け入れに関する学校開拓、ことばやコミュニケーション、異文化摩擦に関連する相談
2.不登校・引きこもりニート自立支援、進路や学習サポートに関する相談
3.学校内でのいじめ関連でのコミュニケーション摩擦、転編入に関する相談
4.社会人入試をはじめとする勤労者の進学支援として、学習と勤労の両立に関する支援、相談
5.学校・塾等でのコミュニケーション、進路・学習資料の分析・セカンドオピニオン相談
6.その他一般向けの各種入試、学習相談、学校探しの支援・相談
7.留学(主に英語圏)に関する学習・進路相談。中国語圏でも紹介は可能。
※弊会では今後も「留学手続代行」や特定の留学エージェントとの専属契約は行いません。ご自身で手続を行う際の語学サポートは別部門で行います。

以上が主な内容です。

実際、長倉圭井子事務所ではもっと枠を超えて、就職関連、コミュニケーション関連等の広範囲での内容も行っています。

現在、未曾有の金融危機による不況で、進学断念者が増加しているという話が話題になっています。ケイ・ランゲージ・ラボの会員でも、金融危機の影響を受けたことで、大変な難儀を迫られたケースが出ております。

そこで会員・非会員を問わず、緊急対策として、通常の学習・進路相談のみならず「学費・奨学金相談」窓口を設置します。

対面相談で有料とはいえ、1回の相談のなかで、個々の状況にあわせて今後の進路に有意義な時間となるように十分な配慮をいたします。

現在、各学校進路指導担当等の依頼でも出向しており実績も豊富にあります。
個々の事情にあわせて、プライバシーの確保を行いながら、個別相談で行います。

さらにマネープランを考える上で、必要に応じて東京商工会議所・世田谷支部で交流のあるファイナンシャル・プランナー(FP)の専門家もご紹介します。

相談業務のみの方は、入会金は不要です。1回5000円(+出張の場合は交通費実費)ですので、相談内容をメールに記載の上、お問い合わせください。

Email WAA06251@nifty.com

【緊急】金融危機対策・進学に伴う奨学金関連相談

教育コンサルティング部門です。

通常の業務では、教育コンサルティング部門の相談業務では主な柱として以下の内容になっています。

1.海外帰国子女受け入れに関する学校開拓、ことばやコミュニケーション、異文化摩擦に関連する相談
2.不登校・引きこもりニート自立支援、進路や学習サポートに関する相談
3.学校内でのいじめ関連でのコミュニケーション摩擦、転編入に関する相談
4.社会人入試をはじめとする勤労者の進学支援として、学習と勤労の両立に関する支援、相談
5.学校・塾等でのコミュニケーション、進路・学習資料の分析・セカンドオピニオン相談
6.その他一般向けの各種入試、学習相談、学校探しの支援・相談
7.留学(主に英語圏)に関する学習・進路相談。中国語圏でも紹介は可能。
※弊会では今後も「留学手続代行」や特定の留学エージェントとの専属契約は行いません。ご自身で手続を行う際の語学サポートは別部門で行います。

以上が主な内容です。

実際、長倉圭井子事務所ではもっと枠を超えて、就職関連、コミュニケーション関連等の広範囲での内容も行っています。

現在、未曾有の金融危機による不況で、進学断念者が増加しているという話が話題になっています。ケイ・ランゲージ・ラボの会員でも、金融危機の影響を受けたことで、大変な難儀を迫られたケースが出ております。

そこで会員・非会員を問わず、緊急対策として、通常の学習・進路相談のみならず「学費・奨学金相談」窓口を設置します。

対面相談で有料とはいえ、1回の相談のなかで、個々の状況にあわせて今後の進路に有意義な時間となるように十分な配慮をいたします。

現在、各学校進路指導担当等の依頼でも出向しており実績も豊富にあります。
個々の事情にあわせて、プライバシーの確保を行いながら、個別相談で行います。

さらにマネープランを考える上で、必要に応じて東京商工会議所・世田谷支部で交流のあるファイナンシャル・プランナー(FP)の専門家もご紹介します。

相談業務のみの方は、入会金は不要です。1回5000円(+出張の場合は交通費実費)ですので、相談内容をメールに記載の上、お問い合わせください。

Email WAA06251@nifty.com

【緊急】金融危機対策・進学に伴う奨学金関連相談

教育コンサルティング部門です。

通常の業務では、教育コンサルティング部門の相談業務では主な柱として以下の内容になっています。

1.海外帰国子女受け入れに関する学校開拓、ことばやコミュニケーション、異文化摩擦に関連する相談
2.不登校・引きこもりニート自立支援、進路や学習サポートに関する相談
3.学校内でのいじめ関連でのコミュニケーション摩擦、転編入に関する相談
4.社会人入試をはじめとする勤労者の進学支援として、学習と勤労の両立に関する支援、相談
5.学校・塾等でのコミュニケーション、進路・学習資料の分析・セカンドオピニオン相談
6.その他一般向けの各種入試、学習相談、学校探しの支援・相談
7.留学(主に英語圏)に関する学習・進路相談。中国語圏でも紹介は可能。
※弊会では今後も「留学手続代行」や特定の留学エージェントとの専属契約は行いません。ご自身で手続を行う際の語学サポートは別部門で行います。

以上が主な内容です。

実際、長倉圭井子事務所ではもっと枠を超えて、就職関連、コミュニケーション関連等の広範囲での内容も行っています。

現在、未曾有の金融危機による不況で、進学断念者が増加しているという話が話題になっています。ケイ・ランゲージ・ラボの会員でも、金融危機の影響を受けたことで、大変な難儀を迫られたケースが出ております。

そこで会員・非会員を問わず、緊急対策として、通常の学習・進路相談のみならず「学費・奨学金相談」窓口を設置します。

対面相談で有料とはいえ、1回の相談のなかで、個々の状況にあわせて今後の進路に有意義な時間となるように十分な配慮をいたします。

現在、各学校進路指導担当等の依頼でも出向しており実績も豊富にあります。
個々の事情にあわせて、プライバシーの確保を行いながら、個別相談で行います。

さらにマネープランを考える上で、必要に応じて東京商工会議所・世田谷支部で交流のあるファイナンシャル・プランナー(FP)の専門家もご紹介します。

相談業務のみの方は、入会金は不要です。1回5000円(+出張の場合は交通費実費)ですので、相談内容をメールに記載の上、お問い合わせください。

Email WAA06251@nifty.com

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »