無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

明晴学園中学部の支援について

事務局です。

当ブログで明晴学園の設立に関する祝辞を掲載いたしましたが、現在中学部設立の資金集めに奔走しているとのことで、広報の一助となればと思い掲載することにいたしました。

今回はラグビーチームが協力をしたという記事になりますが、協力される企業・団体の皆様におかれましては、直接、明晴学園までお願いします。

配信記事を抜粋します。・・・

耳の聞こえない子供たちに「日本手話」で授業をする全国唯一の私立ろう学校「明晴学園」(東京都品川区、斉藤道雄校長)が、中学校の設立資金不足に悩んでいる。窮状を知った社会人クラブのラガーマンたちが、「自分たちの『ことば』で授業を受けたい」との願いをかなえてあげようと支援に乗り出した。

明晴学園は99年、フリースクールとして出発。国の構造改革特区に認められて08年4月に開校、幼稚部と小学部に計37人が通う。「日本手話」で授業をするため、「分かりやすい」と子供たちに好評だ。最上級生として5年生7人が通っており、進学先となる中学部の10年度開設を計画。学校法人として認可した都は、中学部運営資金計3000万円を6月までに集めることを条件にしている。

しかし集まった募金は389万円。聴覚障害者のラグビー「デフラグビー」への支援が縁で、関東ラグビー協会加盟の「東日本トップクラブリーグ」(11チーム)の選手たちが協力を申し出た。

2月7日、東京・秩父宮ラグビー場で、日本選手権1回戦に出場した「タマリバクラブ」(神奈川)の控え選手15人が学園の子供7人と一緒に募金を呼びかける手作りのビラを観客に配った。5年生の高橋航輝さん(11)は「口話は難しい。手話で教える明晴に中学がほしい」と手話で訴えた。

 関東ラグビー協会の奥村敏明クラブ委員長は「協会所属チームメンバーの子供も明晴に通っている。ぜひ力になりたい」と話す。ビラ配りは日本選手権決勝の28日まで毎週末、同ラグビー場で続ける。

解説・日本手話・・・聴覚障害者の間で自然発生的に生まれた独自の言語で、生まれた時から耳が聞こえない子どもが慣れ親しんでいる。一方、国内のろう教育は、相手の言葉を補聴器と口の動きで理解し、自分で発声する「聴覚口話法」が主流。習得は難しく、専門家は「防音ガラスの向こうで先生が英語を話し、口元の動きだけを見て英会話をマスターするようなもの」と指摘する。

明晴学園 http://www.meiseigakuen.ed.jp/

明晴学園中学部の支援について

事務局です。

当ブログで明晴学園の設立に関する祝辞を掲載いたしましたが、現在中学部設立の資金集めに奔走しているとのことで、広報の一助となればと思い掲載することにいたしました。

今回はラグビーチームが協力をしたという記事になりますが、協力される企業・団体の皆様におかれましては、直接、明晴学園までお願いします。

配信記事を抜粋します。・・・

耳の聞こえない子供たちに「日本手話」で授業をする全国唯一の私立ろう学校「明晴学園」(東京都品川区、斉藤道雄校長)が、中学校の設立資金不足に悩んでいる。窮状を知った社会人クラブのラガーマンたちが、「自分たちの『ことば』で授業を受けたい」との願いをかなえてあげようと支援に乗り出した。

明晴学園は99年、フリースクールとして出発。国の構造改革特区に認められて08年4月に開校、幼稚部と小学部に計37人が通う。「日本手話」で授業をするため、「分かりやすい」と子供たちに好評だ。最上級生として5年生7人が通っており、進学先となる中学部の10年度開設を計画。学校法人として認可した都は、中学部運営資金計3000万円を6月までに集めることを条件にしている。

しかし集まった募金は389万円。聴覚障害者のラグビー「デフラグビー」への支援が縁で、関東ラグビー協会加盟の「東日本トップクラブリーグ」(11チーム)の選手たちが協力を申し出た。

2月7日、東京・秩父宮ラグビー場で、日本選手権1回戦に出場した「タマリバクラブ」(神奈川)の控え選手15人が学園の子供7人と一緒に募金を呼びかける手作りのビラを観客に配った。5年生の高橋航輝さん(11)は「口話は難しい。手話で教える明晴に中学がほしい」と手話で訴えた。

 関東ラグビー協会の奥村敏明クラブ委員長は「協会所属チームメンバーの子供も明晴に通っている。ぜひ力になりたい」と話す。ビラ配りは日本選手権決勝の28日まで毎週末、同ラグビー場で続ける。

解説・日本手話・・・聴覚障害者の間で自然発生的に生まれた独自の言語で、生まれた時から耳が聞こえない子どもが慣れ親しんでいる。一方、国内のろう教育は、相手の言葉を補聴器と口の動きで理解し、自分で発声する「聴覚口話法」が主流。習得は難しく、専門家は「防音ガラスの向こうで先生が英語を話し、口元の動きだけを見て英会話をマスターするようなもの」と指摘する。

明晴学園 http://www.meiseigakuen.ed.jp/

明晴学園中学部の支援について

事務局です。

当ブログで明晴学園の設立に関する祝辞を掲載いたしましたが、現在中学部設立の資金集めに奔走しているとのことで、広報の一助となればと思い掲載することにいたしました。

今回はラグビーチームが協力をしたという記事になりますが、協力される企業・団体の皆様におかれましては、直接、明晴学園までお願いします。

配信記事を抜粋します。・・・

耳の聞こえない子供たちに「日本手話」で授業をする全国唯一の私立ろう学校「明晴学園」(東京都品川区、斉藤道雄校長)が、中学校の設立資金不足に悩んでいる。窮状を知った社会人クラブのラガーマンたちが、「自分たちの『ことば』で授業を受けたい」との願いをかなえてあげようと支援に乗り出した。

明晴学園は99年、フリースクールとして出発。国の構造改革特区に認められて08年4月に開校、幼稚部と小学部に計37人が通う。「日本手話」で授業をするため、「分かりやすい」と子供たちに好評だ。最上級生として5年生7人が通っており、進学先となる中学部の10年度開設を計画。学校法人として認可した都は、中学部運営資金計3000万円を6月までに集めることを条件にしている。

しかし集まった募金は389万円。聴覚障害者のラグビー「デフラグビー」への支援が縁で、関東ラグビー協会加盟の「東日本トップクラブリーグ」(11チーム)の選手たちが協力を申し出た。

2月7日、東京・秩父宮ラグビー場で、日本選手権1回戦に出場した「タマリバクラブ」(神奈川)の控え選手15人が学園の子供7人と一緒に募金を呼びかける手作りのビラを観客に配った。5年生の高橋航輝さん(11)は「口話は難しい。手話で教える明晴に中学がほしい」と手話で訴えた。

 関東ラグビー協会の奥村敏明クラブ委員長は「協会所属チームメンバーの子供も明晴に通っている。ぜひ力になりたい」と話す。ビラ配りは日本選手権決勝の28日まで毎週末、同ラグビー場で続ける。

解説・日本手話・・・聴覚障害者の間で自然発生的に生まれた独自の言語で、生まれた時から耳が聞こえない子どもが慣れ親しんでいる。一方、国内のろう教育は、相手の言葉を補聴器と口の動きで理解し、自分で発声する「聴覚口話法」が主流。習得は難しく、専門家は「防音ガラスの向こうで先生が英語を話し、口元の動きだけを見て英会話をマスターするようなもの」と指摘する。

明晴学園 http://www.meiseigakuen.ed.jp/

出る杭、育てよう!

りんどうです。

私の本名ととったおじさん・圭司おじさんというのですが、医師で教育者ということでコラムに紹介しています。
おじさんには両膝の手術をどうするかの時にも「しない方がよい」という助言で助かったり、目立たない形でお世話になりました。・・・

実家の病院を継ぐことはなく、医学校の教員として従事しました。おかげでたくさんのお弟子さんが国内外にいます。実にたくさんいるのですが、おじさんのことを最近紹介文を書いてくれていた先生で、皆さんになじみがおそらくあるであろう福島先生をご紹介します。

東京大学医学部卒業後、ドイツで2年、アメリカで3年、合計5年間かけて欧米の先進医療を学び、当時日本一、そして世界一の脳外科医になることが目標で頑張っていたそうです。

持前のフットワークの良さを生かして、世界中の名医や達人と呼ばれる人を直接訪ねては、実際にその技術をこの目で確かめ、良いものは治療に即取り入れたりもしたそうです。

帰国後は1978年から80年まで、東大病院に在籍し、そこで欧米と日本のギャップに悩まされたそうです。留学をして戻ってくると、どうしても従来からある組織とのなかでギャップができてしまう、というのはよくあると思います。先生の考え方は当時「東大方式を次々破る不埒なヤツだ!」などと取られてしまうこともあり、閉塞感やストレスを感じることも多々あったそうです。

その先生が回想録で「ドイツやアメリカへの留学をすすめてくれ、また、大学病院で“はみだし者のようになっていた私を、先生は親身にかわいがってくれた」といってくれました。

伸びようとしている人―出る杭ーをたたくのではなく、自ら伸びるような周りの環境づくりというのは、大切なことなんだな、と改めて思います。従来からの方式があるから、ということで、異質なものを認めない姿勢では、組織も成長していかないです。

自ら伸びようとする芽を見守るような教育~実は私が理想とするところもここにあります。

福島先生の想い出話は、30年も前の話ですが、日頃の実践が身を結んだのですから、教師冥利につきますよね。出る杭を育てる工夫の大切さを改めて実感しました。・・・

参考: http://www.us-lighthouse.com/specialla/e-9229.html

出る杭、育てよう!

りんどうです。

私の本名ととったおじさん・圭司おじさんというのですが、医師で教育者ということでコラムに紹介しています。
おじさんには両膝の手術をどうするかの時にも「しない方がよい」という助言で助かったり、目立たない形でお世話になりました。・・・

実家の病院を継ぐことはなく、医学校の教員として従事しました。おかげでたくさんのお弟子さんが国内外にいます。実にたくさんいるのですが、おじさんのことを最近紹介文を書いてくれていた先生で、皆さんになじみがおそらくあるであろう福島先生をご紹介します。

東京大学医学部卒業後、ドイツで2年、アメリカで3年、合計5年間かけて欧米の先進医療を学び、当時日本一、そして世界一の脳外科医になることが目標で頑張っていたそうです。

持前のフットワークの良さを生かして、世界中の名医や達人と呼ばれる人を直接訪ねては、実際にその技術をこの目で確かめ、良いものは治療に即取り入れたりもしたそうです。

帰国後は1978年から80年まで、東大病院に在籍し、そこで欧米と日本のギャップに悩まされたそうです。留学をして戻ってくると、どうしても従来からある組織とのなかでギャップができてしまう、というのはよくあると思います。先生の考え方は当時「東大方式を次々破る不埒なヤツだ!」などと取られてしまうこともあり、閉塞感やストレスを感じることも多々あったそうです。

その先生が回想録で「ドイツやアメリカへの留学をすすめてくれ、また、大学病院で“はみだし者のようになっていた私を、先生は親身にかわいがってくれた」といってくれました。

伸びようとしている人―出る杭ーをたたくのではなく、自ら伸びるような周りの環境づくりというのは、大切なことなんだな、と改めて思います。従来からの方式があるから、ということで、異質なものを認めない姿勢では、組織も成長していかないです。

自ら伸びようとする芽を見守るような教育~実は私が理想とするところもここにあります。

福島先生の想い出話は、30年も前の話ですが、日頃の実践が身を結んだのですから、教師冥利につきますよね。出る杭を育てる工夫の大切さを改めて実感しました。・・・

参考: http://www.us-lighthouse.com/specialla/e-9229.html

出る杭、育てよう!

りんどうです。

私の本名ととったおじさん・圭司おじさんというのですが、医師で教育者ということでコラムに紹介しています。
おじさんには両膝の手術をどうするかの時にも「しない方がよい」という助言で助かったり、目立たない形でお世話になりました。・・・

実家の病院を継ぐことはなく、医学校の教員として従事しました。おかげでたくさんのお弟子さんが国内外にいます。実にたくさんいるのですが、おじさんのことを最近紹介文を書いてくれていた先生で、皆さんになじみがおそらくあるであろう福島先生をご紹介します。

東京大学医学部卒業後、ドイツで2年、アメリカで3年、合計5年間かけて欧米の先進医療を学び、当時日本一、そして世界一の脳外科医になることが目標で頑張っていたそうです。

持前のフットワークの良さを生かして、世界中の名医や達人と呼ばれる人を直接訪ねては、実際にその技術をこの目で確かめ、良いものは治療に即取り入れたりもしたそうです。

帰国後は1978年から80年まで、東大病院に在籍し、そこで欧米と日本のギャップに悩まされたそうです。留学をして戻ってくると、どうしても従来からある組織とのなかでギャップができてしまう、というのはよくあると思います。先生の考え方は当時「東大方式を次々破る不埒なヤツだ!」などと取られてしまうこともあり、閉塞感やストレスを感じることも多々あったそうです。

その先生が回想録で「ドイツやアメリカへの留学をすすめてくれ、また、大学病院で“はみだし者のようになっていた私を、先生は親身にかわいがってくれた」といってくれました。

伸びようとしている人―出る杭ーをたたくのではなく、自ら伸びるような周りの環境づくりというのは、大切なことなんだな、と改めて思います。従来からの方式があるから、ということで、異質なものを認めない姿勢では、組織も成長していかないです。

自ら伸びようとする芽を見守るような教育~実は私が理想とするところもここにあります。

福島先生の想い出話は、30年も前の話ですが、日頃の実践が身を結んだのですから、教師冥利につきますよね。出る杭を育てる工夫の大切さを改めて実感しました。・・・

参考: http://www.us-lighthouse.com/specialla/e-9229.html

学校クラス分けテスト対策

語学教育部門です。

各学校に合格した皆様、おめでとうございます!
推薦で決まった方は昨年時点で・・・という方もいたと思いますが、4月早々は中高への入学であれば「クラス分け実力テスト」が各学校で待っています。

これで特進リベンジや奨学金対象もかかっていたりして、スタートダッシュに重要なテストにもなっています。
春期講習ではこれまでのテーマ別授業と同時並行で「クラスわけ&実力テスト対応」も行いたく思います。

はっきり銘打って実施するのは2009年からが初めてになります。
ご希望の際には、その旨ご提示ください。宜しくお願いします!

WAA06251@nifty.com

学校クラス分けテスト対策

語学教育部門です。

各学校に合格した皆様、おめでとうございます!
推薦で決まった方は昨年時点で・・・という方もいたと思いますが、4月早々は中高への入学であれば「クラス分け実力テスト」が各学校で待っています。

これで特進リベンジや奨学金対象もかかっていたりして、スタートダッシュに重要なテストにもなっています。
春期講習ではこれまでのテーマ別授業と同時並行で「クラスわけ&実力テスト対応」も行いたく思います。

はっきり銘打って実施するのは2009年からが初めてになります。
ご希望の際には、その旨ご提示ください。宜しくお願いします!

WAA06251@nifty.com

学校クラス分けテスト対策

語学教育部門です。

各学校に合格した皆様、おめでとうございます!
推薦で決まった方は昨年時点で・・・という方もいたと思いますが、4月早々は中高への入学であれば「クラス分け実力テスト」が各学校で待っています。

これで特進リベンジや奨学金対象もかかっていたりして、スタートダッシュに重要なテストにもなっています。
春期講習ではこれまでのテーマ別授業と同時並行で「クラスわけ&実力テスト対応」も行いたく思います。

はっきり銘打って実施するのは2009年からが初めてになります。
ご希望の際には、その旨ご提示ください。宜しくお願いします!

WAA06251@nifty.com

2009年2月27日 (金)

学校の長期欠席経験

りんどうです。

学校の教員をしていた頃、相談員をしている時もそうだと言えばそうですが、自分のことを語ることは少ないわけです。必要に応じてお話しますが、自分の負の体験を語ることは・・・まぁ、積極的にはまずないです。。

そうは言っても経験談を語る必要が出たと思いましたので、今だけ少し語りたく思います。

学校を欠席するということはこれは重いものだと思います。軽く学校を考えるならば、簡単に欠席するでしょうが、学校を重いものだと考えるならば、なかなか欠席はできないと思います。欠席がなかなか出来ないというのは、大もとに授業があるからです。授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か。風邪をひいたから、おなかが痛くなったから休みます。これはやむを得ない。だけれども、そういう生徒は自分の健康管理が出来ない生徒なんだなということになります。

・・・こんな内容の講話を伺いました。私も教育畑ですから、同様の話は十分伺っています。

言いたいこともわかるのです。もし社会人なら働かないということは"No Work, No Pay"を意味します。
正社員なら傷病手当金等ということになるでしょうけれども、健康が肝心よ!身体が唯一の資本というのは、確かにその通りなのです。

また仕事にしても、誰かが変わっていつの間にかやってくれるわけでもなく、治っていない状態で復帰してみたら倒れるほどの仕事の山・・・それでまた無理をしてぶり返すということも確かに経験しています。

学校の生徒は仕事をしているわけではないけれども、その準備だと考えれば、趣旨はよくわかるのです。

それでも私の場合、1学期以上完全に学校を休んだことがありました。私はこれまでに大きな肺炎を3回しています。今でこそ健康ですが、当時は結構大変でした。

学校の授業がごっそり抜ける・・・それでも戻ったらついていく必要があります。高校なら留年制度もありますので、進級できるように成績をとる必要があります。小学校時代もありましたが、高校2年の時もあって、進学校ですからそれは大変な話でした。

それで「ホームスクーリング」として、問題集・ドリルを買ってもらって、枕に置いて勉強していました。
たま~にお友達がやったところの進捗報告に来るので、そこまで自分で答えも見ながらやっていたのでした。
問題集で勉強するとか、声に出して実際にどんどん書いてみる勉強は、この経験則から学びました。
国語でいかなる文章題でも「文章の中に必ず答え(または答えを導く根拠)がある」というのも学びました。

大学以降は趣味がスキーでして、新潟・長野などへも良く行った程だったのですが、高校までの当時は若い女性がかかる両膝の障害があって、中学も高校も修学旅行はいけませんでした。

少し風邪をひくと、一気に急性気管支炎になり、やがて肺炎になるような繰り返し・・・
自己管理も普通にはしているものの、どうしてもかかりやすいということが当時はありました。

そういう体質について「おまえが悪い」と言われても困ってしまうわけです。

ただこの経験で今も指導に役立つことがあります。
自習学習や、ポイントを抑えた独習法というのは身についたのです。
復帰した時に備えて、効率良く追いつくためにどうしたら、ということで、速習指導にも役立っています。

ただこの先生の言うお話で「授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か」というのは真実です。実際やってみたらよく分かると思います。

「高校卒業認定で行くからいいや」位に軽く考えている人がいるなら、私どもが指導している高1や高2で中退した後、高認を1教科ずつとって、さらに関関同立・青山等へ受験していく生徒達の姿を、実際どんなものか想像してみたらいいと思います。

高校課程の多くの授業で、効率良く学べる通学制学校という利点を、心から体感するのではないでしょうか?

それでも事情で辞めてしまったり、長欠して抜けたところの補習や自己学習は可能です。
どんな環境でも「成せば成る」というわけで、本当に自分しだいで出来ます。

志を持って継続していくこと・・・やはりどんな時も、どんな状態にあっても、それが一番肝心だと思っています。

学校の長期欠席経験

りんどうです。

学校の教員をしていた頃、相談員をしている時もそうだと言えばそうですが、自分のことを語ることは少ないわけです。必要に応じてお話しますが、自分の負の体験を語ることは・・・まぁ、積極的にはまずないです。。

そうは言っても経験談を語る必要が出たと思いましたので、今だけ少し語りたく思います。

学校を欠席するということはこれは重いものだと思います。軽く学校を考えるならば、簡単に欠席するでしょうが、学校を重いものだと考えるならば、なかなか欠席はできないと思います。欠席がなかなか出来ないというのは、大もとに授業があるからです。授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か。風邪をひいたから、おなかが痛くなったから休みます。これはやむを得ない。だけれども、そういう生徒は自分の健康管理が出来ない生徒なんだなということになります。

・・・こんな内容の講話を伺いました。私も教育畑ですから、同様の話は十分伺っています。

言いたいこともわかるのです。もし社会人なら働かないということは"No Work, No Pay"を意味します。
正社員なら傷病手当金等ということになるでしょうけれども、健康が肝心よ!身体が唯一の資本というのは、確かにその通りなのです。

また仕事にしても、誰かが変わっていつの間にかやってくれるわけでもなく、治っていない状態で復帰してみたら倒れるほどの仕事の山・・・それでまた無理をしてぶり返すということも確かに経験しています。

学校の生徒は仕事をしているわけではないけれども、その準備だと考えれば、趣旨はよくわかるのです。

それでも私の場合、1学期以上完全に学校を休んだことがありました。私はこれまでに大きな肺炎を3回しています。今でこそ健康ですが、当時は結構大変でした。

学校の授業がごっそり抜ける・・・それでも戻ったらついていく必要があります。高校なら留年制度もありますので、進級できるように成績をとる必要があります。小学校時代もありましたが、高校2年の時もあって、進学校ですからそれは大変な話でした。

それで「ホームスクーリング」として、問題集・ドリルを買ってもらって、枕に置いて勉強していました。
たま~にお友達がやったところの進捗報告に来るので、そこまで自分で答えも見ながらやっていたのでした。
問題集で勉強するとか、声に出して実際にどんどん書いてみる勉強は、この経験則から学びました。
国語でいかなる文章題でも「文章の中に必ず答え(または答えを導く根拠)がある」というのも学びました。

大学以降は趣味がスキーでして、新潟・長野などへも良く行った程だったのですが、高校までの当時は若い女性がかかる両膝の障害があって、中学も高校も修学旅行はいけませんでした。

少し風邪をひくと、一気に急性気管支炎になり、やがて肺炎になるような繰り返し・・・
自己管理も普通にはしているものの、どうしてもかかりやすいということが当時はありました。

そういう体質について「おまえが悪い」と言われても困ってしまうわけです。

ただこの経験で今も指導に役立つことがあります。
自習学習や、ポイントを抑えた独習法というのは身についたのです。
復帰した時に備えて、効率良く追いつくためにどうしたら、ということで、速習指導にも役立っています。

ただこの先生の言うお話で「授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か」というのは真実です。実際やってみたらよく分かると思います。

「高校卒業認定で行くからいいや」位に軽く考えている人がいるなら、私どもが指導している高1や高2で中退した後、高認を1教科ずつとって、さらに関関同立・青山等へ受験していく生徒達の姿を、実際どんなものか想像してみたらいいと思います。

高校課程の多くの授業で、効率良く学べる通学制学校という利点を、心から体感するのではないでしょうか?

それでも事情で辞めてしまったり、長欠して抜けたところの補習や自己学習は可能です。
どんな環境でも「成せば成る」というわけで、本当に自分しだいで出来ます。

志を持って継続していくこと・・・やはりどんな時も、どんな状態にあっても、それが一番肝心だと思っています。

学校の長期欠席経験

りんどうです。

学校の教員をしていた頃、相談員をしている時もそうだと言えばそうですが、自分のことを語ることは少ないわけです。必要に応じてお話しますが、自分の負の体験を語ることは・・・まぁ、積極的にはまずないです。。

そうは言っても経験談を語る必要が出たと思いましたので、今だけ少し語りたく思います。

学校を欠席するということはこれは重いものだと思います。軽く学校を考えるならば、簡単に欠席するでしょうが、学校を重いものだと考えるならば、なかなか欠席はできないと思います。欠席がなかなか出来ないというのは、大もとに授業があるからです。授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か。風邪をひいたから、おなかが痛くなったから休みます。これはやむを得ない。だけれども、そういう生徒は自分の健康管理が出来ない生徒なんだなということになります。

・・・こんな内容の講話を伺いました。私も教育畑ですから、同様の話は十分伺っています。

言いたいこともわかるのです。もし社会人なら働かないということは"No Work, No Pay"を意味します。
正社員なら傷病手当金等ということになるでしょうけれども、健康が肝心よ!身体が唯一の資本というのは、確かにその通りなのです。

また仕事にしても、誰かが変わっていつの間にかやってくれるわけでもなく、治っていない状態で復帰してみたら倒れるほどの仕事の山・・・それでまた無理をしてぶり返すということも確かに経験しています。

学校の生徒は仕事をしているわけではないけれども、その準備だと考えれば、趣旨はよくわかるのです。

それでも私の場合、1学期以上完全に学校を休んだことがありました。私はこれまでに大きな肺炎を3回しています。今でこそ健康ですが、当時は結構大変でした。

学校の授業がごっそり抜ける・・・それでも戻ったらついていく必要があります。高校なら留年制度もありますので、進級できるように成績をとる必要があります。小学校時代もありましたが、高校2年の時もあって、進学校ですからそれは大変な話でした。

それで「ホームスクーリング」として、問題集・ドリルを買ってもらって、枕に置いて勉強していました。
たま~にお友達がやったところの進捗報告に来るので、そこまで自分で答えも見ながらやっていたのでした。
問題集で勉強するとか、声に出して実際にどんどん書いてみる勉強は、この経験則から学びました。
国語でいかなる文章題でも「文章の中に必ず答え(または答えを導く根拠)がある」というのも学びました。

大学以降は趣味がスキーでして、新潟・長野などへも良く行った程だったのですが、高校までの当時は若い女性がかかる両膝の障害があって、中学も高校も修学旅行はいけませんでした。

少し風邪をひくと、一気に急性気管支炎になり、やがて肺炎になるような繰り返し・・・
自己管理も普通にはしているものの、どうしてもかかりやすいということが当時はありました。

そういう体質について「おまえが悪い」と言われても困ってしまうわけです。

ただこの経験で今も指導に役立つことがあります。
自習学習や、ポイントを抑えた独習法というのは身についたのです。
復帰した時に備えて、効率良く追いつくためにどうしたら、ということで、速習指導にも役立っています。

ただこの先生の言うお話で「授業を1コマ、2コマ欠落したら、あと自分でやるのにどれくらいのエネルギーが必要か」というのは真実です。実際やってみたらよく分かると思います。

「高校卒業認定で行くからいいや」位に軽く考えている人がいるなら、私どもが指導している高1や高2で中退した後、高認を1教科ずつとって、さらに関関同立・青山等へ受験していく生徒達の姿を、実際どんなものか想像してみたらいいと思います。

高校課程の多くの授業で、効率良く学べる通学制学校という利点を、心から体感するのではないでしょうか?

それでも事情で辞めてしまったり、長欠して抜けたところの補習や自己学習は可能です。
どんな環境でも「成せば成る」というわけで、本当に自分しだいで出来ます。

志を持って継続していくこと・・・やはりどんな時も、どんな状態にあっても、それが一番肝心だと思っています。

2009年2月26日 (木)

学研「合格自在」新動向

ケイ・ランゲージ・ラボです。

学研新本社ビルで、中学受験新テキスト「合格自在」シリーズの概要と現物を拝見してきました。
驚いたことに同じ商圏の地元大手塾の元教室長までいたりして・・・関心の高さがうかがえます。

ざっくりした人数で10万人中学受験をするとして、首都圏で5万人強います。
その5万人中33000人が大手塾の生徒です。ただそれ以外の17000人はどうしているかというと・・・

考えたことがあるでしょうか?関西にも同様に12000人います。

教育相談にみえる方の中で、中学受験を親御さんが指導する形で独学でやりたい、もしくは大手塾のサイクルですと小3・2月から開始なので、もう小学5・6年での入会では間に合わず、どうしたものか、のような話はあるわけです。はっきり申し上げて中学受験業界は、大手塾テキスト・カリキュラムの寡占状態で、ニーズにあわせてもっと選べないのかしらん、というのは思うところもあったわけです。そうは言っても現状の指導でも、四谷大塚シリーズは使い込んでおりますので、十分な実績も出しておりますし、現状満足はしておりますが。。。それでも選択肢は欲しかったわけです。

弊会にフォロー案件でなく、専科オリジナルとして入会いただいた場合には、ご指定がない場合「予習シリーズ」テキストもしくは学研「応用自在」シリーズがメインになります。

・・・そのため「応用自在」シリーズ執筆陣も関わる新テキストがお目見えということで楽しみにしておりました。

私どもにとって「帰国コース」対応として重要なポイントだった国語が、これまで以上に改良されたように思います。
5年上下・6年上で一通りの内容がやり終える速習が可能ということです。
一般入試に準じる内容で出して来るような学校受験の場合、国語の定着をどうしようかは結構な課題でした。
速習コースカリキュラムが組めるのはかなりプラスです。また随筆を6年生に持ってきており、それも気に入りました。要するに「オトナ」の感性がわからない(ませていない?)子供もそれなりにいます。5年生でも前のほうでは、やりにくくてどうにもでしたので、これも良かったと思います。

社会も帰国コースでは重要なポイントになります。歴史を長めにとっているのも特徴だと思います。
図解多用ということで、なじみが非常にうすい状況でも、自らが住む日本社会に興味が持てるような内容ということで満足しております。

なお算数は、基本・標準・発展の3段階が1冊のテキストにまとめられた形です。理科もカラーになっています。

それぞれ項目に密度が濃い、・・・言い換えれば濃すぎ?という話も小耳にしましたが、だからこそポイントがつかめるということにもなると思っています。

21世紀型新学力観に伴い、テストで問われる「学力」も時代にあわせて変わってきています。
学研ではこの内容でSS60までをゾーンとしていますが、合格点主義の観点から見れば、本当にきちんと身につけばもっと上も目指せると思います。

算数にしても、原理・原則をとらえようとする配慮が読み取れますので、機会がございましたらご覧になってみることをおすすめします。・・・と言いたいところですが、こちらは塾テキストですので、市販はされていません。

ただ弊会でも十分な研究をして臨みますので、フォロー体制にしても、専科にしても対応はする予定です。
宜しくお願いいたします。

学研「合格自在」新動向

ケイ・ランゲージ・ラボです。

学研新本社ビルで、中学受験新テキスト「合格自在」シリーズの概要と現物を拝見してきました。
驚いたことに同じ商圏の地元大手塾の元教室長までいたりして・・・関心の高さがうかがえます。

ざっくりした人数で10万人中学受験をするとして、首都圏で5万人強います。
その5万人中33000人が大手塾の生徒です。ただそれ以外の17000人はどうしているかというと・・・

考えたことがあるでしょうか?関西にも同様に12000人います。

教育相談にみえる方の中で、中学受験を親御さんが指導する形で独学でやりたい、もしくは大手塾のサイクルですと小3・2月から開始なので、もう小学5・6年での入会では間に合わず、どうしたものか、のような話はあるわけです。はっきり申し上げて中学受験業界は、大手塾テキスト・カリキュラムの寡占状態で、ニーズにあわせてもっと選べないのかしらん、というのは思うところもあったわけです。そうは言っても現状の指導でも、四谷大塚シリーズは使い込んでおりますので、十分な実績も出しておりますし、現状満足はしておりますが。。。それでも選択肢は欲しかったわけです。

弊会にフォロー案件でなく、専科オリジナルとして入会いただいた場合には、ご指定がない場合「予習シリーズ」テキストもしくは学研「応用自在」シリーズがメインになります。

・・・そのため「応用自在」シリーズ執筆陣も関わる新テキストがお目見えということで楽しみにしておりました。

私どもにとって「帰国コース」対応として重要なポイントだった国語が、これまで以上に改良されたように思います。
5年上下・6年上で一通りの内容がやり終える速習が可能ということです。
一般入試に準じる内容で出して来るような学校受験の場合、国語の定着をどうしようかは結構な課題でした。
速習コースカリキュラムが組めるのはかなりプラスです。また随筆を6年生に持ってきており、それも気に入りました。要するに「オトナ」の感性がわからない(ませていない?)子供もそれなりにいます。5年生でも前のほうでは、やりにくくてどうにもでしたので、これも良かったと思います。

社会も帰国コースでは重要なポイントになります。歴史を長めにとっているのも特徴だと思います。
図解多用ということで、なじみが非常にうすい状況でも、自らが住む日本社会に興味が持てるような内容ということで満足しております。

なお算数は、基本・標準・発展の3段階が1冊のテキストにまとめられた形です。理科もカラーになっています。

それぞれ項目に密度が濃い、・・・言い換えれば濃すぎ?という話も小耳にしましたが、だからこそポイントがつかめるということにもなると思っています。

21世紀型新学力観に伴い、テストで問われる「学力」も時代にあわせて変わってきています。
学研ではこの内容でSS60までをゾーンとしていますが、合格点主義の観点から見れば、本当にきちんと身につけばもっと上も目指せると思います。

算数にしても、原理・原則をとらえようとする配慮が読み取れますので、機会がございましたらご覧になってみることをおすすめします。・・・と言いたいところですが、こちらは塾テキストですので、市販はされていません。

ただ弊会でも十分な研究をして臨みますので、フォロー体制にしても、専科にしても対応はする予定です。
宜しくお願いいたします。

学研「合格自在」新動向

ケイ・ランゲージ・ラボです。

学研新本社ビルで、中学受験新テキスト「合格自在」シリーズの概要と現物を拝見してきました。
驚いたことに同じ商圏の地元大手塾の元教室長までいたりして・・・関心の高さがうかがえます。

ざっくりした人数で10万人中学受験をするとして、首都圏で5万人強います。
その5万人中33000人が大手塾の生徒です。ただそれ以外の17000人はどうしているかというと・・・

考えたことがあるでしょうか?関西にも同様に12000人います。

教育相談にみえる方の中で、中学受験を親御さんが指導する形で独学でやりたい、もしくは大手塾のサイクルですと小3・2月から開始なので、もう小学5・6年での入会では間に合わず、どうしたものか、のような話はあるわけです。はっきり申し上げて中学受験業界は、大手塾テキスト・カリキュラムの寡占状態で、ニーズにあわせてもっと選べないのかしらん、というのは思うところもあったわけです。そうは言っても現状の指導でも、四谷大塚シリーズは使い込んでおりますので、十分な実績も出しておりますし、現状満足はしておりますが。。。それでも選択肢は欲しかったわけです。

弊会にフォロー案件でなく、専科オリジナルとして入会いただいた場合には、ご指定がない場合「予習シリーズ」テキストもしくは学研「応用自在」シリーズがメインになります。

・・・そのため「応用自在」シリーズ執筆陣も関わる新テキストがお目見えということで楽しみにしておりました。

私どもにとって「帰国コース」対応として重要なポイントだった国語が、これまで以上に改良されたように思います。
5年上下・6年上で一通りの内容がやり終える速習が可能ということです。
一般入試に準じる内容で出して来るような学校受験の場合、国語の定着をどうしようかは結構な課題でした。
速習コースカリキュラムが組めるのはかなりプラスです。また随筆を6年生に持ってきており、それも気に入りました。要するに「オトナ」の感性がわからない(ませていない?)子供もそれなりにいます。5年生でも前のほうでは、やりにくくてどうにもでしたので、これも良かったと思います。

社会も帰国コースでは重要なポイントになります。歴史を長めにとっているのも特徴だと思います。
図解多用ということで、なじみが非常にうすい状況でも、自らが住む日本社会に興味が持てるような内容ということで満足しております。

なお算数は、基本・標準・発展の3段階が1冊のテキストにまとめられた形です。理科もカラーになっています。

それぞれ項目に密度が濃い、・・・言い換えれば濃すぎ?という話も小耳にしましたが、だからこそポイントがつかめるということにもなると思っています。

21世紀型新学力観に伴い、テストで問われる「学力」も時代にあわせて変わってきています。
学研ではこの内容でSS60までをゾーンとしていますが、合格点主義の観点から見れば、本当にきちんと身につけばもっと上も目指せると思います。

算数にしても、原理・原則をとらえようとする配慮が読み取れますので、機会がございましたらご覧になってみることをおすすめします。・・・と言いたいところですが、こちらは塾テキストですので、市販はされていません。

ただ弊会でも十分な研究をして臨みますので、フォロー体制にしても、専科にしても対応はする予定です。
宜しくお願いいたします。

2009年2月25日 (水)

ぶっとびの研修営業!

研修営業のりっちゃんです。

IT技術者対象・日本語教育というのは、実は「ウチの売り」で相手から提案を求められていそいそと都内雑居ビルへしこしこ作った提案書を持って入って行った時のこと。

りっちゃん:「失礼しま~す」
受付のお姉さん:「・・・!?」

りっちゃん:××時にアポイントをとっておりました(りっちゃん)ですが・・・
受付のお姉さん・「・・・お待ちください」

とたたせられて待っていたら「応接室にどうぞ」と勧められて入っていくと・・・

ITらしく普段着のオジサマ達が、いろんな仕事&PCを持ち込んでシコシコやっているんですね。
でもここは完全に「応接室」ですよん。

しばらく居て、・・・ああ、と言いながら「どいたかなぁ」と思ったとき、責任者がトイレから出てきて「あ、どうも」と始まったのです。

ひとしきり聞いた責任者がしてきた話。

「うちはねぇ、講師はいらないんです。要するにEラーニングの内容が書ける人がいいんです。
しかもですね。IT技術がわかって、マナーも教えられて、日本語も教えられて、それで実際講師をするのではなくて、
ネットでEラーニングのコンテンツをつくるのを”協力して”くれる人がいいんですね。

しかも日本語教師と技術者のペアではなく、1人でいいんです。
それでそのパッケージを売ることもやってほしいんです。。。。

みたいなスーパーマンを要求。

先立つフィーについては、あ、それなら別会社を一緒に立ち上げてそれで御金にすればいいじゃないですか?
みたいな”絵にかいたモチ”を真面目に論議・・・

顧客の見通しは、というと、100社顧客がいるんですよね。というけれど、よーく聞いてみると1回単発セミナーで受けてくれたところのようで、
それならうちにだっているよ!みたいな状況で、リピート客ではないんですね。

いろいろ営業していますが、ちょっとネタだよね。これ。

がっかりじゃんと思いますが、それでも市場動向やニーズなどが見えることがあるのです。
営業活動は、やはり最後はFace to Faceが基本です。見極めにも何にも言えていると思います。・・・

2009年2月23日 (月)

上海発!最新教育事情

語学教育部門です。

代表が中華学校の元教員で、様々な形で中国ビジネスに関係しているケイ・ランゲージ・ラボ。
中国教育事情については、色々な形でリサーチしています。

日本の「ゆとり教育」で、上海等の中国沿海部地域に戻った後、遅れているためについていけないことがないように、というのは目下の課題でもありました。

最近、ダイヤモンドで一般向けに教育事情レポートが出されました。
今に始まった話では全然ないのですが、・・・確かに日本にいるとあまり耳にしないとはいえ、過熱ぶりは健在ということです。

中国では3歳で入園する幼稚園で学習が始まります。日本でも幼児教室で”小学校お受験”があると思えば同じだと思います。ただ教科はしっかり中国語、算数、そして英語。

上海の場合、日本の小学6年生レベルに相当する英語は、すでに幼稚園で修了します。そして7歳で小学校に入学、12歳から4年間を「初中(日本でいう中学校)」と16歳から3年間を「高中(日本でいう高等学校)」で学びます。上海などの都市部ではピアノ、バイオリン、バレエなど、寸暇を惜しんだお稽古事に通わせる家庭もある、ということで、それは日本も事情は同じでしょう。

小学1年生から、朝は7時半前から登校し、みっちり7時間授業を受けます。夜は11時、12時まで宿題の山との格闘になります。日本でも中学受験がありますが、その対象年齢よりも小さい頃からになります。
毎日山のように積み上がる宿題をひたすらこなします。
やっていかなければ、老師(学校の先生)ががんがん叱ります。なお中国は日本と人数が全然違いますから、競争もそれだけ激しいのです。

上海にも日本と同様、「貴族学校」(←註:中国語です)と呼ばれるような私立学校ができて、パソコンや英語、音楽教育に力を入れる学校など、富裕層に向けていくつかの選択肢が与えられるようになり、幼稚園から大学まで、さまざまな特徴を売り物にした学校が次々登場。わが子に 少しでも良い教育をと思うお金持ちたちは血眼で学校探しに奔走しています。

上海ではたくさん私立学校が出来たので、一部には金さえあれば・・・というところがなくもない!?というレポートも掲載されています。

「貴族学校」をはじめとする私立学校に通わせる利点としては、学習面での収穫も大きいですが、上海でビジネスをする台湾人、香港人、あるいは日本人の子弟らと机を並べる意義ももっと大きいのです。中国人の保護者も家長同士のネットワークでの情報交換で刺激を得ています。

中でも上海エリート層の注目はやはり「国際学校」(インターナショナルスクール)です。
・・・日本もそういう側面はありますけれども。
相手の意見を尊重しつつも、自分の考えを論理的に伝えるディスカッション式の授業、自由な発想力を育むためのレポート式の宿題、そしてさまざまな国籍とバックグラウンドを持つ教師たちがもたらす刺激しあうのが最大の利点です。上海の学習環境はグローバル化が進み、成績表もテストの点数より普段の勉強の努力度、宿題の完成度、目標の達成度が重視されているということでした。

中国でも新しい学力観に即した学校が着々と進んでいます。日本でも同様な内容では大学教育で試みがはじまっているようですが、中学・高等学校での教育で必要になってくるのも、時間の問題かもしれません。・・・

参考・一部抜粋:ダイヤモンド社 チャイナ・レポート
http://diamond.jp/series/china_report/10019/

追記:日中外相会談で今後3年間に教員計1500人を相互交流させることで合意することが26日わかったと共同通信が配信しています。アジア圏での教育の進展に今後も注目です!

上海発!最新教育事情

語学教育部門です。

代表が中華学校の元教員で、様々な形で中国ビジネスに関係しているケイ・ランゲージ・ラボ。
中国教育事情については、色々な形でリサーチしています。

日本の「ゆとり教育」で、上海等の中国沿海部地域に戻った後、遅れているためについていけないことがないように、というのは目下の課題でもありました。

最近、ダイヤモンドで一般向けに教育事情レポートが出されました。
今に始まった話では全然ないのですが、・・・確かに日本にいるとあまり耳にしないとはいえ、過熱ぶりは健在ということです。

中国では3歳で入園する幼稚園で学習が始まります。日本でも幼児教室で”小学校お受験”があると思えば同じだと思います。ただ教科はしっかり中国語、算数、そして英語。

上海の場合、日本の小学6年生レベルに相当する英語は、すでに幼稚園で修了します。そして7歳で小学校に入学、12歳から4年間を「初中(日本でいう中学校)」と16歳から3年間を「高中(日本でいう高等学校)」で学びます。上海などの都市部ではピアノ、バイオリン、バレエなど、寸暇を惜しんだお稽古事に通わせる家庭もある、ということで、それは日本も事情は同じでしょう。

小学1年生から、朝は7時半前から登校し、みっちり7時間授業を受けます。夜は11時、12時まで宿題の山との格闘になります。日本でも中学受験がありますが、その対象年齢よりも小さい頃からになります。
毎日山のように積み上がる宿題をひたすらこなします。
やっていかなければ、老師(学校の先生)ががんがん叱ります。なお中国は日本と人数が全然違いますから、競争もそれだけ激しいのです。

上海にも日本と同様、「貴族学校」(←註:中国語です)と呼ばれるような私立学校ができて、パソコンや英語、音楽教育に力を入れる学校など、富裕層に向けていくつかの選択肢が与えられるようになり、幼稚園から大学まで、さまざまな特徴を売り物にした学校が次々登場。わが子に 少しでも良い教育をと思うお金持ちたちは血眼で学校探しに奔走しています。

上海ではたくさん私立学校が出来たので、一部には金さえあれば・・・というところがなくもない!?というレポートも掲載されています。

「貴族学校」をはじめとする私立学校に通わせる利点としては、学習面での収穫も大きいですが、上海でビジネスをする台湾人、香港人、あるいは日本人の子弟らと机を並べる意義ももっと大きいのです。中国人の保護者も家長同士のネットワークでの情報交換で刺激を得ています。

中でも上海エリート層の注目はやはり「国際学校」(インターナショナルスクール)です。
・・・日本もそういう側面はありますけれども。
相手の意見を尊重しつつも、自分の考えを論理的に伝えるディスカッション式の授業、自由な発想力を育むためのレポート式の宿題、そしてさまざまな国籍とバックグラウンドを持つ教師たちがもたらす刺激しあうのが最大の利点です。上海の学習環境はグローバル化が進み、成績表もテストの点数より普段の勉強の努力度、宿題の完成度、目標の達成度が重視されているということでした。

中国でも新しい学力観に即した学校が着々と進んでいます。日本でも同様な内容では大学教育で試みがはじまっているようですが、中学・高等学校での教育で必要になってくるのも、時間の問題かもしれません。・・・

参考・一部抜粋:ダイヤモンド社 チャイナ・レポート
http://diamond.jp/series/china_report/10019/

追記:日中外相会談で今後3年間に教員計1500人を相互交流させることで合意することが26日わかったと共同通信が配信しています。アジア圏での教育の進展に今後も注目です!

上海発!最新教育事情

語学教育部門です。

代表が中華学校の元教員で、様々な形で中国ビジネスに関係しているケイ・ランゲージ・ラボ。
中国教育事情については、色々な形でリサーチしています。

日本の「ゆとり教育」で、上海等の中国沿海部地域に戻った後、遅れているためについていけないことがないように、というのは目下の課題でもありました。

最近、ダイヤモンドで一般向けに教育事情レポートが出されました。
今に始まった話では全然ないのですが、・・・確かに日本にいるとあまり耳にしないとはいえ、過熱ぶりは健在ということです。

中国では3歳で入園する幼稚園で学習が始まります。日本でも幼児教室で”小学校お受験”があると思えば同じだと思います。ただ教科はしっかり中国語、算数、そして英語。

上海の場合、日本の小学6年生レベルに相当する英語は、すでに幼稚園で修了します。そして7歳で小学校に入学、12歳から4年間を「初中(日本でいう中学校)」と16歳から3年間を「高中(日本でいう高等学校)」で学びます。上海などの都市部ではピアノ、バイオリン、バレエなど、寸暇を惜しんだお稽古事に通わせる家庭もある、ということで、それは日本も事情は同じでしょう。

小学1年生から、朝は7時半前から登校し、みっちり7時間授業を受けます。夜は11時、12時まで宿題の山との格闘になります。日本でも中学受験がありますが、その対象年齢よりも小さい頃からになります。
毎日山のように積み上がる宿題をひたすらこなします。
やっていかなければ、老師(学校の先生)ががんがん叱ります。なお中国は日本と人数が全然違いますから、競争もそれだけ激しいのです。

上海にも日本と同様、「貴族学校」(←註:中国語です)と呼ばれるような私立学校ができて、パソコンや英語、音楽教育に力を入れる学校など、富裕層に向けていくつかの選択肢が与えられるようになり、幼稚園から大学まで、さまざまな特徴を売り物にした学校が次々登場。わが子に 少しでも良い教育をと思うお金持ちたちは血眼で学校探しに奔走しています。

上海ではたくさん私立学校が出来たので、一部には金さえあれば・・・というところがなくもない!?というレポートも掲載されています。

「貴族学校」をはじめとする私立学校に通わせる利点としては、学習面での収穫も大きいですが、上海でビジネスをする台湾人、香港人、あるいは日本人の子弟らと机を並べる意義ももっと大きいのです。中国人の保護者も家長同士のネットワークでの情報交換で刺激を得ています。

中でも上海エリート層の注目はやはり「国際学校」(インターナショナルスクール)です。
・・・日本もそういう側面はありますけれども。
相手の意見を尊重しつつも、自分の考えを論理的に伝えるディスカッション式の授業、自由な発想力を育むためのレポート式の宿題、そしてさまざまな国籍とバックグラウンドを持つ教師たちがもたらす刺激しあうのが最大の利点です。上海の学習環境はグローバル化が進み、成績表もテストの点数より普段の勉強の努力度、宿題の完成度、目標の達成度が重視されているということでした。

中国でも新しい学力観に即した学校が着々と進んでいます。日本でも同様な内容では大学教育で試みがはじまっているようですが、中学・高等学校での教育で必要になってくるのも、時間の問題かもしれません。・・・

参考・一部抜粋:ダイヤモンド社 チャイナ・レポート
http://diamond.jp/series/china_report/10019/

追記:日中外相会談で今後3年間に教員計1500人を相互交流させることで合意することが26日わかったと共同通信が配信しています。アジア圏での教育の進展に今後も注目です!

春期講習受付中!

語学教育部門です。

2009年度・春期講習&新入会員を受け付けています。
今年度は昼間部・夜間部両方行っています。

なお成人対象・語学講座も同時に受け付けています。
”論語入門”等の企画セミナーも実施中です。

受験生の方は今からスタートダッシュ!しましょう。

※弊会では講習のみ受講というのは、修了生対象になります。
但し実際の授業のプレ講座の位置づけで、はじめに1か月やってみたいという場合も利用していただいています。
但し入会金等はかかりますので、ご了承ください。

なお弊会では講習に特別料金で割高設定はしておりません。ただ集中4日・5日間等の組み方が可能になるため、1人1人にあわせたテーマ型講座が主流です。

この機会にぜひご利用ください。

WAA06251@nifty.com TEL/FAX 03-3706-5099

春期講習受付中!

語学教育部門です。

2009年度・春期講習&新入会員を受け付けています。
今年度は昼間部・夜間部両方行っています。

なお成人対象・語学講座も同時に受け付けています。
”論語入門”等の企画セミナーも実施中です。

受験生の方は今からスタートダッシュ!しましょう。

※弊会では講習のみ受講というのは、修了生対象になります。
但し実際の授業のプレ講座の位置づけで、はじめに1か月やってみたいという場合も利用していただいています。
但し入会金等はかかりますので、ご了承ください。

なお弊会では講習に特別料金で割高設定はしておりません。ただ集中4日・5日間等の組み方が可能になるため、1人1人にあわせたテーマ型講座が主流です。

この機会にぜひご利用ください。

WAA06251@nifty.com TEL/FAX 03-3706-5099

春期講習受付中!

語学教育部門です。

2009年度・春期講習&新入会員を受け付けています。
今年度は昼間部・夜間部両方行っています。

なお成人対象・語学講座も同時に受け付けています。
”論語入門”等の企画セミナーも実施中です。

受験生の方は今からスタートダッシュ!しましょう。

※弊会では講習のみ受講というのは、修了生対象になります。
但し実際の授業のプレ講座の位置づけで、はじめに1か月やってみたいという場合も利用していただいています。
但し入会金等はかかりますので、ご了承ください。

なお弊会では講習に特別料金で割高設定はしておりません。ただ集中4日・5日間等の組み方が可能になるため、1人1人にあわせたテーマ型講座が主流です。

この機会にぜひご利用ください。

WAA06251@nifty.com TEL/FAX 03-3706-5099

2009年2月21日 (土)

論文の書き方に関する見解

代表・長倉圭井子です。

ご存じのとおり、私の本業は小論文講師です。モノ書きでもあります。
色々な需要で「小論文講演」やガイダンス、実際の指導までも含めて巡回指導を行ったりすることも致します。

実は予備校界の重鎮から(お伺いした際はどきっとしましたが)小論文の書き方・構成についての問いかけがございました。
内容としてはまとめると、受験用の小論文はまず「結論ありき」でそこから詳細説明・具体例と書いていくのが通常ではないか、という話でした。

英文エッセイの書き方に準じた形式に、日本での文章の形態も、グローバルスタンダードの流れで1960年代を境に変わってきているのは事実です。実は外国籍の方向けにお教えする際にはすべてそれで教えています。
その上で「序→本→結」という構成を加えて説明するということで、順序を逆にしています。
いずれにせよ序論で「問題提起」は必要で、結論にあたるものをはじめに持ってきても、それは必ず必要です。

ただし日本での文章の書き方の歴史を考え、さらに現在の国語教育も考え、私自身の講師経験が旺文社関連での小論文から出ておりますので、旺文社での指導指針に準じて、序論→本論→結論の形での指導を行っております。

この説明を通常の授業で行うことはあまりございませんが、10年後の日本語の書き方の構成スタイルの主流が変わっていることは考えられることです。

コミュニケーションの仕方として、こうこうと厳密なマニュアル1通りではないわけです。
ただし基本の型はあるわけで、それを身につけてほしいということでガイダンスをしています。

少なくとも私は、指定がない限り今現在については、序→本→結の構成でお教えすることにしています。

今回話し合いをしてみて、個人で教える方には話すものの、授業前の打ち合わせや冒頭に話しても良いかもしれないと考えました。・・・

論文の書き方に関する見解

代表・長倉圭井子です。

ご存じのとおり、私の本業は小論文講師です。モノ書きでもあります。
色々な需要で「小論文講演」やガイダンス、実際の指導までも含めて巡回指導を行ったりすることも致します。

実は予備校界の重鎮から(お伺いした際はどきっとしましたが)小論文の書き方・構成についての問いかけがございました。
内容としてはまとめると、受験用の小論文はまず「結論ありき」でそこから詳細説明・具体例と書いていくのが通常ではないか、という話でした。

英文エッセイの書き方に準じた形式に、日本での文章の形態も、グローバルスタンダードの流れで1960年代を境に変わってきているのは事実です。実は外国籍の方向けにお教えする際にはすべてそれで教えています。
その上で「序→本→結」という構成を加えて説明するということで、順序を逆にしています。
いずれにせよ序論で「問題提起」は必要で、結論にあたるものをはじめに持ってきても、それは必ず必要です。

ただし日本での文章の書き方の歴史を考え、さらに現在の国語教育も考え、私自身の講師経験が旺文社関連での小論文から出ておりますので、旺文社での指導指針に準じて、序論→本論→結論の形での指導を行っております。

この説明を通常の授業で行うことはあまりございませんが、10年後の日本語の書き方の構成スタイルの主流が変わっていることは考えられることです。

コミュニケーションの仕方として、こうこうと厳密なマニュアル1通りではないわけです。
ただし基本の型はあるわけで、それを身につけてほしいということでガイダンスをしています。

少なくとも私は、指定がない限り今現在については、序→本→結の構成でお教えすることにしています。

今回話し合いをしてみて、個人で教える方には話すものの、授業前の打ち合わせや冒頭に話しても良いかもしれないと考えました。・・・

論文の書き方に関する見解

代表・長倉圭井子です。

ご存じのとおり、私の本業は小論文講師です。モノ書きでもあります。
色々な需要で「小論文講演」やガイダンス、実際の指導までも含めて巡回指導を行ったりすることも致します。

実は予備校界の重鎮から(お伺いした際はどきっとしましたが)小論文の書き方・構成についての問いかけがございました。
内容としてはまとめると、受験用の小論文はまず「結論ありき」でそこから詳細説明・具体例と書いていくのが通常ではないか、という話でした。

英文エッセイの書き方に準じた形式に、日本での文章の形態も、グローバルスタンダードの流れで1960年代を境に変わってきているのは事実です。実は外国籍の方向けにお教えする際にはすべてそれで教えています。
その上で「序→本→結」という構成を加えて説明するということで、順序を逆にしています。
いずれにせよ序論で「問題提起」は必要で、結論にあたるものをはじめに持ってきても、それは必ず必要です。

ただし日本での文章の書き方の歴史を考え、さらに現在の国語教育も考え、私自身の講師経験が旺文社関連での小論文から出ておりますので、旺文社での指導指針に準じて、序論→本論→結論の形での指導を行っております。

この説明を通常の授業で行うことはあまりございませんが、10年後の日本語の書き方の構成スタイルの主流が変わっていることは考えられることです。

コミュニケーションの仕方として、こうこうと厳密なマニュアル1通りではないわけです。
ただし基本の型はあるわけで、それを身につけてほしいということでガイダンスをしています。

少なくとも私は、指定がない限り今現在については、序→本→結の構成でお教えすることにしています。

今回話し合いをしてみて、個人で教える方には話すものの、授業前の打ち合わせや冒頭に話しても良いかもしれないと考えました。・・・

講師の素顔・英語科~2009~Vol.2

語学教育部門・英語科です。

Vol.1に引き続き、もう一人、英語科・大橋講師(男性)をご紹介します。
幼少時イタリアに3年滞在し、高校3年時にアメリカの高校に留学。ワシントン州ビッグベンドコミュニティーカレッジを経て、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校・コマーシャルレクリエーション科を卒業しペンシルバニア州立テンプル大学でTESOL(英語教授法)修了しています。

企業勤務を経て、長年にわたり英語学校や教育機関での経験と実績を積んで今日に至っています。
大手英会話学校(ジオス・CtheD等)・留学機関(ザ・プリンストン・レビュー)での専任講師、アシスタントヘッドティーチャー・トレーナー、留学プランナー等を経て、JALアカデミー等をはじめとする大手英語学校・研修機関での講師に加えて、現在、茨城大学講師、横浜国立大学講師として活躍中です。

TESOL取得者としての知見に加えて、留学カウンセリング・英語も担当します。
TOEIC 965点取得し、日常英会話・TOEIC・TOEFLを専門としています。プラクティカルな英語運用能力の育成を行って、英会話、ビジネス、大学においてのクラス開発及び運用に尽力しています。

大橋講師は講師のみならず、企画開発、教師指導、マネジメント等の経験が豊富なのが特徴です。

大学、大学院留学希望者を対象としたカウンセリングスキル。ビジネスマン対象、「英語勉強法」講演コンテンツ、及びその経験を持っており、近年の生徒アンケートにおいてトップの評価を得、茨城大学教員シンポジウムにて講義内容が発表される程の人気があります。

実際に大手英会話学校でも新人講師、マネージャー用の研修ビデオ作成時に、モデルレッスンに採用され、各学校で売上実績にも貢献し表彰されるようなことが続く講師です。

大橋講師から一言:
学生時代からスキーインストラクター、日本人学校での講師、日本語チューター等を経験し、社会に出た後、プロとしての「語学講師」という天職に出会い現在に至ります。この仕事に高い意義を見出しており、講師として英会話学校を始め、企業、大学機関において生徒より高い評価を頂いております。
自分の強みは経験、適性、コミュニケーション能力だと考えております。ひとえに語学教師という仕事が腹の底から好きだからと認識しています。人をインスパイアし得る仕事に魅力を感じ、また自分の能力を存分に発揮し、皆さまのお手伝いが出来ればと存じます。

派遣地域担当は神奈川県東部地域、東京都城南地域中心です。
宜しくお願いします。

講師の素顔・英語科~2009~Vol.2

語学教育部門・英語科です。

Vol.1に引き続き、もう一人、英語科・大橋講師(男性)をご紹介します。
幼少時イタリアに3年滞在し、高校3年時にアメリカの高校に留学。ワシントン州ビッグベンドコミュニティーカレッジを経て、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校・コマーシャルレクリエーション科を卒業しペンシルバニア州立テンプル大学でTESOL(英語教授法)修了しています。

企業勤務を経て、長年にわたり英語学校や教育機関での経験と実績を積んで今日に至っています。
大手英会話学校(ジオス・CtheD等)・留学機関(ザ・プリンストン・レビュー)での専任講師、アシスタントヘッドティーチャー・トレーナー、留学プランナー等を経て、JALアカデミー等をはじめとする大手英語学校・研修機関での講師に加えて、現在、茨城大学講師、横浜国立大学講師として活躍中です。

TESOL取得者としての知見に加えて、留学カウンセリング・英語も担当します。
TOEIC 965点取得し、日常英会話・TOEIC・TOEFLを専門としています。プラクティカルな英語運用能力の育成を行って、英会話、ビジネス、大学においてのクラス開発及び運用に尽力しています。

大橋講師は講師のみならず、企画開発、教師指導、マネジメント等の経験が豊富なのが特徴です。

大学、大学院留学希望者を対象としたカウンセリングスキル。ビジネスマン対象、「英語勉強法」講演コンテンツ、及びその経験を持っており、近年の生徒アンケートにおいてトップの評価を得、茨城大学教員シンポジウムにて講義内容が発表される程の人気があります。

実際に大手英会話学校でも新人講師、マネージャー用の研修ビデオ作成時に、モデルレッスンに採用され、各学校で売上実績にも貢献し表彰されるようなことが続く講師です。

大橋講師から一言:
学生時代からスキーインストラクター、日本人学校での講師、日本語チューター等を経験し、社会に出た後、プロとしての「語学講師」という天職に出会い現在に至ります。この仕事に高い意義を見出しており、講師として英会話学校を始め、企業、大学機関において生徒より高い評価を頂いております。
自分の強みは経験、適性、コミュニケーション能力だと考えております。ひとえに語学教師という仕事が腹の底から好きだからと認識しています。人をインスパイアし得る仕事に魅力を感じ、また自分の能力を存分に発揮し、皆さまのお手伝いが出来ればと存じます。

派遣地域担当は神奈川県東部地域、東京都城南地域中心です。
宜しくお願いします。

講師の素顔・英語科~2009~Vol.2

語学教育部門・英語科です。

Vol.1に引き続き、もう一人、英語科・大橋講師(男性)をご紹介します。
幼少時イタリアに3年滞在し、高校3年時にアメリカの高校に留学。ワシントン州ビッグベンドコミュニティーカレッジを経て、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校・コマーシャルレクリエーション科を卒業しペンシルバニア州立テンプル大学でTESOL(英語教授法)修了しています。

企業勤務を経て、長年にわたり英語学校や教育機関での経験と実績を積んで今日に至っています。
大手英会話学校(ジオス・CtheD等)・留学機関(ザ・プリンストン・レビュー)での専任講師、アシスタントヘッドティーチャー・トレーナー、留学プランナー等を経て、JALアカデミー等をはじめとする大手英語学校・研修機関での講師に加えて、現在、茨城大学講師、横浜国立大学講師として活躍中です。

TESOL取得者としての知見に加えて、留学カウンセリング・英語も担当します。
TOEIC 965点取得し、日常英会話・TOEIC・TOEFLを専門としています。プラクティカルな英語運用能力の育成を行って、英会話、ビジネス、大学においてのクラス開発及び運用に尽力しています。

大橋講師は講師のみならず、企画開発、教師指導、マネジメント等の経験が豊富なのが特徴です。

大学、大学院留学希望者を対象としたカウンセリングスキル。ビジネスマン対象、「英語勉強法」講演コンテンツ、及びその経験を持っており、近年の生徒アンケートにおいてトップの評価を得、茨城大学教員シンポジウムにて講義内容が発表される程の人気があります。

実際に大手英会話学校でも新人講師、マネージャー用の研修ビデオ作成時に、モデルレッスンに採用され、各学校で売上実績にも貢献し表彰されるようなことが続く講師です。

大橋講師から一言:
学生時代からスキーインストラクター、日本人学校での講師、日本語チューター等を経験し、社会に出た後、プロとしての「語学講師」という天職に出会い現在に至ります。この仕事に高い意義を見出しており、講師として英会話学校を始め、企業、大学機関において生徒より高い評価を頂いております。
自分の強みは経験、適性、コミュニケーション能力だと考えております。ひとえに語学教師という仕事が腹の底から好きだからと認識しています。人をインスパイアし得る仕事に魅力を感じ、また自分の能力を存分に発揮し、皆さまのお手伝いが出来ればと存じます。

派遣地域担当は神奈川県東部地域、東京都城南地域中心です。
宜しくお願いします。

2009年2月20日 (金)

講師の素顔・英語科~2009~Vol.1

語学教育部門・英語科です。

”講師の素顔”というシリーズで、不定期ですが講師紹介をしています。
この度、研修部門で掲載している雇用能力開発機構のデータベースに、講師情報として英語科から2名掲載しています。いずれも英語指導では卓越した指導で定評のある講師陣です。
データベース更新は3月と連絡で伺っております。ご了承下さい。
http://nokai.ab-garden.ehdo.go.jp/index.shtml

今回はそのうちの一人である田辺講師(男性)をご紹介します。

上智大学外国語学部英語学科を卒業後、富士通電算機専門学校、通訳学校、中国留学等を経て、千葉大学工学部の元講師であった田辺先生は、通訳・翻訳部門でも現役で専門翻訳・通訳者として活躍しています。通訳としての専門は法務通訳、通信業界等の商談通訳、専門翻訳では、コンピュータ、通信、電子工学、機械工学といった分野になります。大学では科学技術・工業英語を担当していました。

英語学校でも「英検1級・TOEIC試験対策講座」を担当し、TOEIC指導を専門的に研究しています。
TOEIC990点(満点)取得という金字塔を打ち立て、英検1級合格(米国大使賞受賞)、早稲田ミシガン科学工業英語検定TEP-Test 1級合格という快挙に加えて、2007年3月主婦の友社『必ず話せるビジネス英会話』の著者としても有名です。
2007年主婦の友社からも翻訳書で『金持ちの床屋さん』(原著"The Wealthy Barber" by David Chilton)を出版しています。

モデルさん等の有名人にも指導していた経歴があり、海外志向のビジネスパーソンには定評が高いです。

中国語も留学経験が生きていて、中国語能力検定HSK8級合格、という資格も持っていたりして、中国語科にも両足が入っています。

さらに行政書士試験合格もあり、情報処理技術者の資格もあり、多彩な経歴があります。
英語学習法についてもセミナーをしますので、英語科一押し!講師です。

田辺講師からメッセージです。

私は留学経験なしでTOEIC満点、英検1級(合格4回、うち1回は米国大使賞)を取得しました。
正しい目標設定と情熱さえあれば、誰でも目標をクリアできると思います。
目標達成方法・トレーニングも活用してサポートさせていただきます。
アルクのTOEIC指導者養成講座を受講し、TOEICの系統だった指導法を日夜研究しています。
また大手英語学校で英検1級対策講座やTOEIC対策講座を担当し経験も豊富です。
発音指導や語彙増強法・記憶術活用などの伝授も得意としています。
是非とも一緒に楽しく学びましょう!
(※補足:田辺講師はイメージトレーニング等の研修が可能な認定講師です)

担当は東京都城南地域・神奈川県東部地域が中心です。

講師の素顔・英語科~2009~Vol.1

語学教育部門・英語科です。

”講師の素顔”というシリーズで、不定期ですが講師紹介をしています。
この度、研修部門で掲載している雇用能力開発機構のデータベースに、講師情報として英語科から2名掲載しています。いずれも英語指導では卓越した指導で定評のある講師陣です。
データベース更新は3月と連絡で伺っております。ご了承下さい。
http://nokai.ab-garden.ehdo.go.jp/index.shtml

今回はそのうちの一人である田辺講師(男性)をご紹介します。

上智大学外国語学部英語学科を卒業後、富士通電算機専門学校、通訳学校、中国留学等を経て、千葉大学工学部の元講師であった田辺先生は、通訳・翻訳部門でも現役で専門翻訳・通訳者として活躍しています。通訳としての専門は法務通訳、通信業界等の商談通訳、専門翻訳では、コンピュータ、通信、電子工学、機械工学といった分野になります。大学では科学技術・工業英語を担当していました。

英語学校でも「英検1級・TOEIC試験対策講座」を担当し、TOEIC指導を専門的に研究しています。
TOEIC990点(満点)取得という金字塔を打ち立て、英検1級合格(米国大使賞受賞)、早稲田ミシガン科学工業英語検定TEP-Test 1級合格という快挙に加えて、2007年3月主婦の友社『必ず話せるビジネス英会話』の著者としても有名です。
2007年主婦の友社からも翻訳書で『金持ちの床屋さん』(原著"The Wealthy Barber" by David Chilton)を出版しています。

モデルさん等の有名人にも指導していた経歴があり、海外志向のビジネスパーソンには定評が高いです。

中国語も留学経験が生きていて、中国語能力検定HSK8級合格、という資格も持っていたりして、中国語科にも両足が入っています。

さらに行政書士試験合格もあり、情報処理技術者の資格もあり、多彩な経歴があります。
英語学習法についてもセミナーをしますので、英語科一押し!講師です。

田辺講師からメッセージです。

私は留学経験なしでTOEIC満点、英検1級(合格4回、うち1回は米国大使賞)を取得しました。
正しい目標設定と情熱さえあれば、誰でも目標をクリアできると思います。
目標達成方法・トレーニングも活用してサポートさせていただきます。
アルクのTOEIC指導者養成講座を受講し、TOEICの系統だった指導法を日夜研究しています。
また大手英語学校で英検1級対策講座やTOEIC対策講座を担当し経験も豊富です。
発音指導や語彙増強法・記憶術活用などの伝授も得意としています。
是非とも一緒に楽しく学びましょう!
(※補足:田辺講師はイメージトレーニング等の研修が可能な認定講師です)

担当は東京都城南地域・神奈川県東部地域が中心です。

講師の素顔・英語科~2009~Vol.1

語学教育部門・英語科です。

”講師の素顔”というシリーズで、不定期ですが講師紹介をしています。
この度、研修部門で掲載している雇用能力開発機構のデータベースに、講師情報として英語科から2名掲載しています。いずれも英語指導では卓越した指導で定評のある講師陣です。
データベース更新は3月と連絡で伺っております。ご了承下さい。
http://nokai.ab-garden.ehdo.go.jp/index.shtml

今回はそのうちの一人である田辺講師(男性)をご紹介します。

上智大学外国語学部英語学科を卒業後、富士通電算機専門学校、通訳学校、中国留学等を経て、千葉大学工学部の元講師であった田辺先生は、通訳・翻訳部門でも現役で専門翻訳・通訳者として活躍しています。通訳としての専門は法務通訳、通信業界等の商談通訳、専門翻訳では、コンピュータ、通信、電子工学、機械工学といった分野になります。大学では科学技術・工業英語を担当していました。

英語学校でも「英検1級・TOEIC試験対策講座」を担当し、TOEIC指導を専門的に研究しています。
TOEIC990点(満点)取得という金字塔を打ち立て、英検1級合格(米国大使賞受賞)、早稲田ミシガン科学工業英語検定TEP-Test 1級合格という快挙に加えて、2007年3月主婦の友社『必ず話せるビジネス英会話』の著者としても有名です。
2007年主婦の友社からも翻訳書で『金持ちの床屋さん』(原著"The Wealthy Barber" by David Chilton)を出版しています。

モデルさん等の有名人にも指導していた経歴があり、海外志向のビジネスパーソンには定評が高いです。

中国語も留学経験が生きていて、中国語能力検定HSK8級合格、という資格も持っていたりして、中国語科にも両足が入っています。

さらに行政書士試験合格もあり、情報処理技術者の資格もあり、多彩な経歴があります。
英語学習法についてもセミナーをしますので、英語科一押し!講師です。

田辺講師からメッセージです。

私は留学経験なしでTOEIC満点、英検1級(合格4回、うち1回は米国大使賞)を取得しました。
正しい目標設定と情熱さえあれば、誰でも目標をクリアできると思います。
目標達成方法・トレーニングも活用してサポートさせていただきます。
アルクのTOEIC指導者養成講座を受講し、TOEICの系統だった指導法を日夜研究しています。
また大手英語学校で英検1級対策講座やTOEIC対策講座を担当し経験も豊富です。
発音指導や語彙増強法・記憶術活用などの伝授も得意としています。
是非とも一緒に楽しく学びましょう!
(※補足:田辺講師はイメージトレーニング等の研修が可能な認定講師です)

担当は東京都城南地域・神奈川県東部地域が中心です。

2009年2月16日 (月)

最新面接事情

りんどうです。

先の記事に引き続き、面接対策で面白いサイトがありましたので、ご紹介します。
http://page.freett.com/jukensei/keiimensetu.html

検索でみつけたサイトで医学部受験の面接ですが・・・実は就職面接でもこの感じの試験が最近増えています。
対策本であまり見ないと思いますが、ホント増えていますのでお伝えしておきました。

大きな部屋に複数の机が配置されており、中央(よりやや廊下よりだったりしますが)に鞄やコートなどを置く専用テーブルがあって、そこへ置かせるというのも同じ。
面接官同士に事前の打ち合わせのようなものはあまりないらしく云々も同じ。
あらかじめ面接カードのようなものを待ち時間に記入させられます。結構記入する情報は沢山あり、待ち時間については、相当な時間待たされ、・・・というのも同じ。就職関連ではたいだい20分が相場。

背景知識を問おうとするのではなく、寧ろどういう性格なのか、志望の強さ・動機を知ろうとしているのも同じです。近年の主流パターンですので、想定問答集を考えておくと良いですね。

こんなのもアリ?ということで心の準備として、読み物としておすすめです。ご参考まで。

最新面接事情

りんどうです。

先の記事に引き続き、面接対策で面白いサイトがありましたので、ご紹介します。
http://page.freett.com/jukensei/keiimensetu.html

検索でみつけたサイトで医学部受験の面接ですが・・・実は就職面接でもこの感じの試験が最近増えています。
対策本であまり見ないと思いますが、ホント増えていますのでお伝えしておきました。

大きな部屋に複数の机が配置されており、中央(よりやや廊下よりだったりしますが)に鞄やコートなどを置く専用テーブルがあって、そこへ置かせるというのも同じ。
面接官同士に事前の打ち合わせのようなものはあまりないらしく云々も同じ。
あらかじめ面接カードのようなものを待ち時間に記入させられます。結構記入する情報は沢山あり、待ち時間については、相当な時間待たされ、・・・というのも同じ。就職関連ではたいだい20分が相場。

背景知識を問おうとするのではなく、寧ろどういう性格なのか、志望の強さ・動機を知ろうとしているのも同じです。近年の主流パターンですので、想定問答集を考えておくと良いですね。

こんなのもアリ?ということで心の準備として、読み物としておすすめです。ご参考まで。

最新面接事情

りんどうです。

先の記事に引き続き、面接対策で面白いサイトがありましたので、ご紹介します。
http://page.freett.com/jukensei/keiimensetu.html

検索でみつけたサイトで医学部受験の面接ですが・・・実は就職面接でもこの感じの試験が最近増えています。
対策本であまり見ないと思いますが、ホント増えていますのでお伝えしておきました。

大きな部屋に複数の机が配置されており、中央(よりやや廊下よりだったりしますが)に鞄やコートなどを置く専用テーブルがあって、そこへ置かせるというのも同じ。
面接官同士に事前の打ち合わせのようなものはあまりないらしく云々も同じ。
あらかじめ面接カードのようなものを待ち時間に記入させられます。結構記入する情報は沢山あり、待ち時間については、相当な時間待たされ、・・・というのも同じ。就職関連ではたいだい20分が相場。

背景知識を問おうとするのではなく、寧ろどういう性格なのか、志望の強さ・動機を知ろうとしているのも同じです。近年の主流パターンですので、想定問答集を考えておくと良いですね。

こんなのもアリ?ということで心の準備として、読み物としておすすめです。ご参考まで。

2009年2月15日 (日)

慶応義塾大学医学部・入試傾向と対策

りんどうです。
本格的受験シーズンに入っています。
慶応義塾大学医学部については、志望者が結構いるということで、ラボ外部で受講した方に向けても情報公開をしようということで、慶応義塾大学医学部入試の傾向を、ことば関連中心にお伝えします。

【英語】例年、記述式を中心にして、若干選択式が加わっているというのがスタイル。
5題中2題が長文であるが、その中で内容説明、下線部和訳、指示語の指すものなどを記述する形式で問われます。

長文中に、選択肢から文章を補充させる問題が出されていますが、一つの選択肢で英文が10行以上あるものも出されます。文章の中でも、論旨をしっかり読み取り、論理的に文章構成していく力が必要です。スピードも必要ですが単語は標準レベルで身近で読みやすいです。さらに昨年については英作文は大問で2題出題され、1題は下線部英訳、もう1題は自由に描写させる自由英作文でした。日頃からいかに英語を使いこなせているかが問われることが特徴です。

対策としては、小説のようなものではなく身近な現代社会のトレンドのような論説・エッセイが出ますので、まとまった内容の文章を字数制限内で要約する練習が効果的です。過去問題のほか、今までやった問題集・模擬試験などでチャレンジしてみるといいと思います。

文法等はフォレスト準拠問題集等の見直しと、アクセントのチェック、今年は英会話問題が出るかもしれませんのであわせて慣用表現をチェックしておくことをお勧めします。

あとは何と言っても、和文英訳と80語英作文の対策です。テーマ英作文は、昨年ですと「あなたのヒーロー」について80語程度で書くといった感じです。英作文は英借文ということばにあるとおり、フォレスト等にある基本例文の暗記を行い見直しておくのと同時に、良く知っている簡単な英語でOKですから、テーマに沿って書いてみる練習をお勧めします。一昨年度は「外出は健康にいいか」についてでした。

受験予定者は過去問で十分傾向をつかんでくださいね!

【小論文】世の中には「医系論文」という科目があったりしますが、慶応義塾大医学部対策としては、他の学校とは傾向が異なり、問われるのは完全に「コミュニケーション」力になります。

もっといえば「人間力」とも言えます。社会と自分を見つめ、他者とのかかわりということが色々な角度で問われると思って良いと思います。
・・・それでラボでも「人間力養成講座」にしようかな、と思ったほどですから。

08年度は新傾向で、落ち込んだ親友とのやり取りを対話形式で表現し、さらに自分が意図したことを述べるという形式でした。テーマとしては、収賄と公明正大な生き方、最近の子供たち、弱さを持つヒトはどのようなヒトで、そのようなヒトに会ったら、どのように関わっていくか、等でした。

医療は人間を診るものという意味で行われている試験だと思います。コミュニケーションや発想力が試され、50分という制限内に行うことで、まずは過去問について実際に時間をはかって書いてみることが対策になります。

もうすぐですが、皆さまの健闘をお祈りいたします。

慶応義塾大学医学部・入試傾向と対策

りんどうです。
本格的受験シーズンに入っています。
慶応義塾大学医学部については、志望者が結構いるということで、ラボ外部で受講した方に向けても情報公開をしようということで、慶応義塾大学医学部入試の傾向を、ことば関連中心にお伝えします。

【英語】例年、記述式を中心にして、若干選択式が加わっているというのがスタイル。
5題中2題が長文であるが、その中で内容説明、下線部和訳、指示語の指すものなどを記述する形式で問われます。

長文中に、選択肢から文章を補充させる問題が出されていますが、一つの選択肢で英文が10行以上あるものも出されます。文章の中でも、論旨をしっかり読み取り、論理的に文章構成していく力が必要です。スピードも必要ですが単語は標準レベルで身近で読みやすいです。さらに昨年については英作文は大問で2題出題され、1題は下線部英訳、もう1題は自由に描写させる自由英作文でした。日頃からいかに英語を使いこなせているかが問われることが特徴です。

対策としては、小説のようなものではなく身近な現代社会のトレンドのような論説・エッセイが出ますので、まとまった内容の文章を字数制限内で要約する練習が効果的です。過去問題のほか、今までやった問題集・模擬試験などでチャレンジしてみるといいと思います。

文法等はフォレスト準拠問題集等の見直しと、アクセントのチェック、今年は英会話問題が出るかもしれませんのであわせて慣用表現をチェックしておくことをお勧めします。

あとは何と言っても、和文英訳と80語英作文の対策です。テーマ英作文は、昨年ですと「あなたのヒーロー」について80語程度で書くといった感じです。英作文は英借文ということばにあるとおり、フォレスト等にある基本例文の暗記を行い見直しておくのと同時に、良く知っている簡単な英語でOKですから、テーマに沿って書いてみる練習をお勧めします。一昨年度は「外出は健康にいいか」についてでした。

受験予定者は過去問で十分傾向をつかんでくださいね!

【小論文】世の中には「医系論文」という科目があったりしますが、慶応義塾大医学部対策としては、他の学校とは傾向が異なり、問われるのは完全に「コミュニケーション」力になります。

もっといえば「人間力」とも言えます。社会と自分を見つめ、他者とのかかわりということが色々な角度で問われると思って良いと思います。
・・・それでラボでも「人間力養成講座」にしようかな、と思ったほどですから。

08年度は新傾向で、落ち込んだ親友とのやり取りを対話形式で表現し、さらに自分が意図したことを述べるという形式でした。テーマとしては、収賄と公明正大な生き方、最近の子供たち、弱さを持つヒトはどのようなヒトで、そのようなヒトに会ったら、どのように関わっていくか、等でした。

医療は人間を診るものという意味で行われている試験だと思います。コミュニケーションや発想力が試され、50分という制限内に行うことで、まずは過去問について実際に時間をはかって書いてみることが対策になります。

もうすぐですが、皆さまの健闘をお祈りいたします。

慶応義塾大学医学部・入試傾向と対策

りんどうです。
本格的受験シーズンに入っています。
慶応義塾大学医学部については、志望者が結構いるということで、ラボ外部で受講した方に向けても情報公開をしようということで、慶応義塾大学医学部入試の傾向を、ことば関連中心にお伝えします。

【英語】例年、記述式を中心にして、若干選択式が加わっているというのがスタイル。
5題中2題が長文であるが、その中で内容説明、下線部和訳、指示語の指すものなどを記述する形式で問われます。

長文中に、選択肢から文章を補充させる問題が出されていますが、一つの選択肢で英文が10行以上あるものも出されます。文章の中でも、論旨をしっかり読み取り、論理的に文章構成していく力が必要です。スピードも必要ですが単語は標準レベルで身近で読みやすいです。さらに昨年については英作文は大問で2題出題され、1題は下線部英訳、もう1題は自由に描写させる自由英作文でした。日頃からいかに英語を使いこなせているかが問われることが特徴です。

対策としては、小説のようなものではなく身近な現代社会のトレンドのような論説・エッセイが出ますので、まとまった内容の文章を字数制限内で要約する練習が効果的です。過去問題のほか、今までやった問題集・模擬試験などでチャレンジしてみるといいと思います。

文法等はフォレスト準拠問題集等の見直しと、アクセントのチェック、今年は英会話問題が出るかもしれませんのであわせて慣用表現をチェックしておくことをお勧めします。

あとは何と言っても、和文英訳と80語英作文の対策です。テーマ英作文は、昨年ですと「あなたのヒーロー」について80語程度で書くといった感じです。英作文は英借文ということばにあるとおり、フォレスト等にある基本例文の暗記を行い見直しておくのと同時に、良く知っている簡単な英語でOKですから、テーマに沿って書いてみる練習をお勧めします。一昨年度は「外出は健康にいいか」についてでした。

受験予定者は過去問で十分傾向をつかんでくださいね!

【小論文】世の中には「医系論文」という科目があったりしますが、慶応義塾大医学部対策としては、他の学校とは傾向が異なり、問われるのは完全に「コミュニケーション」力になります。

もっといえば「人間力」とも言えます。社会と自分を見つめ、他者とのかかわりということが色々な角度で問われると思って良いと思います。
・・・それでラボでも「人間力養成講座」にしようかな、と思ったほどですから。

08年度は新傾向で、落ち込んだ親友とのやり取りを対話形式で表現し、さらに自分が意図したことを述べるという形式でした。テーマとしては、収賄と公明正大な生き方、最近の子供たち、弱さを持つヒトはどのようなヒトで、そのようなヒトに会ったら、どのように関わっていくか、等でした。

医療は人間を診るものという意味で行われている試験だと思います。コミュニケーションや発想力が試され、50分という制限内に行うことで、まずは過去問について実際に時間をはかって書いてみることが対策になります。

もうすぐですが、皆さまの健闘をお祈りいたします。

2009年2月13日 (金)

合格プログラムへの理解の徹底

語学教育部門&講師陣です。

受験指導・資格試験指導・補習指導に共通の内容ですが、1人1人に対して現在の学力、志望校、ライフスタイルなどを見極め、綿密に練られた合格プログラムで運営しています。

当初たてた計画から軌道修正等も繰りかえして、志望校合格・検定合格・目標ライン到達のために編み出された最強の法則と言えるものを提供し、実績を積み上げております。

学習者、保護者の方と対話を重ねることにより、「現在の自分」「目標」「合格までのギャップ」を明らかにします。
ギャップを埋めるための処方箋であって、それは1人1人違ったアプローチになっています。

原則的には「褒めて育てる」主義です。ただ点数にして8割を9割にしていくような指導であったりするごとに、段階に応じてほめて育てるだけではない要素が含まれてきます。いずれにしても、スモールステップでやる気を維持しながら、土台を定着させていきます。

出来る喜びを持って、次に繋げていく指導ですが、講師陣が出来ることに対して間髪入れずに誉めることをしている矢先に、ご家庭の方針がブレてしまったり、当初の学習到達目標とはまったく別の目標に慾目を出して、本来の目標を頓挫させてしまったり、逆に”できる”ことにまい進してしまい、定着しないままにしてしまったり、系統だてたカリキュラムをあずってしまうような失敗に繋がる行為に手を出してしまって、実際の学習面でとんだ回り道にしてしまうケースが、若干ですが見受けられることがございます。

その傾向が見られた場合には、十分なご理解を頂くまで、丁寧な対話・話し合いで軌道修正を行います。

またラボではたとえ同じ学年でも、1対1ですので他の会員とは一緒に授業はしません。学習者側でクラス・グループを組んで受講したり、集団研修扱いになっている以外には一緒にしないことになっています。教育・指導に関してむやみに「他と比べない」ということで、過去の自分からみて、現在の自分への成長をはかり、さらに未来の学習へ繋げていく指導を行っています。

客観的判断はしかるべき時期に大手業者の外部テストを参照しています。
また講師陣は指導において、現状での立ち位置について十分な客観的な把握を行っています。
受験学年で志望に応じた内容のテストは必須になってもいます。

ケイ・ランゲージ・ラボの授業はご存じのとおり、小学校3年生から社会人までということで、学年単位での運営ではなく原則的に「無学年制」を貫いています。学年という枠を超えた指導を可能にすることで、ニーズにあったメニューをご提供しています。

コースにおける修了証授与の際に、未成年会員については、学年相当レヴェルの目安を提示した記号がつきますが、その方の実際の学年とズレていることがあるのもそのためです。(例:G11であれば日本の学校での高2レヴェル等で、帰国・インター生は別の記号になり、社会人対象講座はレヴェル表記でG記号はない)

合格への熱い思いを抱き続け、夢を叶えようとする皆様を全力でサポートしていきます。
皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

合格プログラムへの理解の徹底

語学教育部門&講師陣です。

受験指導・資格試験指導・補習指導に共通の内容ですが、1人1人に対して現在の学力、志望校、ライフスタイルなどを見極め、綿密に練られた合格プログラムで運営しています。

当初たてた計画から軌道修正等も繰りかえして、志望校合格・検定合格・目標ライン到達のために編み出された最強の法則と言えるものを提供し、実績を積み上げております。

学習者、保護者の方と対話を重ねることにより、「現在の自分」「目標」「合格までのギャップ」を明らかにします。
ギャップを埋めるための処方箋であって、それは1人1人違ったアプローチになっています。

原則的には「褒めて育てる」主義です。ただ点数にして8割を9割にしていくような指導であったりするごとに、段階に応じてほめて育てるだけではない要素が含まれてきます。いずれにしても、スモールステップでやる気を維持しながら、土台を定着させていきます。

出来る喜びを持って、次に繋げていく指導ですが、講師陣が出来ることに対して間髪入れずに誉めることをしている矢先に、ご家庭の方針がブレてしまったり、当初の学習到達目標とはまったく別の目標に慾目を出して、本来の目標を頓挫させてしまったり、逆に”できる”ことにまい進してしまい、定着しないままにしてしまったり、系統だてたカリキュラムをあずってしまうような失敗に繋がる行為に手を出してしまって、実際の学習面でとんだ回り道にしてしまうケースが、若干ですが見受けられることがございます。

その傾向が見られた場合には、十分なご理解を頂くまで、丁寧な対話・話し合いで軌道修正を行います。

またラボではたとえ同じ学年でも、1対1ですので他の会員とは一緒に授業はしません。学習者側でクラス・グループを組んで受講したり、集団研修扱いになっている以外には一緒にしないことになっています。教育・指導に関してむやみに「他と比べない」ということで、過去の自分からみて、現在の自分への成長をはかり、さらに未来の学習へ繋げていく指導を行っています。

客観的判断はしかるべき時期に大手業者の外部テストを参照しています。
また講師陣は指導において、現状での立ち位置について十分な客観的な把握を行っています。
受験学年で志望に応じた内容のテストは必須になってもいます。

ケイ・ランゲージ・ラボの授業はご存じのとおり、小学校3年生から社会人までということで、学年単位での運営ではなく原則的に「無学年制」を貫いています。学年という枠を超えた指導を可能にすることで、ニーズにあったメニューをご提供しています。

コースにおける修了証授与の際に、未成年会員については、学年相当レヴェルの目安を提示した記号がつきますが、その方の実際の学年とズレていることがあるのもそのためです。(例:G11であれば日本の学校での高2レヴェル等で、帰国・インター生は別の記号になり、社会人対象講座はレヴェル表記でG記号はない)

合格への熱い思いを抱き続け、夢を叶えようとする皆様を全力でサポートしていきます。
皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

合格プログラムへの理解の徹底

語学教育部門&講師陣です。

受験指導・資格試験指導・補習指導に共通の内容ですが、1人1人に対して現在の学力、志望校、ライフスタイルなどを見極め、綿密に練られた合格プログラムで運営しています。

当初たてた計画から軌道修正等も繰りかえして、志望校合格・検定合格・目標ライン到達のために編み出された最強の法則と言えるものを提供し、実績を積み上げております。

学習者、保護者の方と対話を重ねることにより、「現在の自分」「目標」「合格までのギャップ」を明らかにします。
ギャップを埋めるための処方箋であって、それは1人1人違ったアプローチになっています。

原則的には「褒めて育てる」主義です。ただ点数にして8割を9割にしていくような指導であったりするごとに、段階に応じてほめて育てるだけではない要素が含まれてきます。いずれにしても、スモールステップでやる気を維持しながら、土台を定着させていきます。

出来る喜びを持って、次に繋げていく指導ですが、講師陣が出来ることに対して間髪入れずに誉めることをしている矢先に、ご家庭の方針がブレてしまったり、当初の学習到達目標とはまったく別の目標に慾目を出して、本来の目標を頓挫させてしまったり、逆に”できる”ことにまい進してしまい、定着しないままにしてしまったり、系統だてたカリキュラムをあずってしまうような失敗に繋がる行為に手を出してしまって、実際の学習面でとんだ回り道にしてしまうケースが、若干ですが見受けられることがございます。

その傾向が見られた場合には、十分なご理解を頂くまで、丁寧な対話・話し合いで軌道修正を行います。

またラボではたとえ同じ学年でも、1対1ですので他の会員とは一緒に授業はしません。学習者側でクラス・グループを組んで受講したり、集団研修扱いになっている以外には一緒にしないことになっています。教育・指導に関してむやみに「他と比べない」ということで、過去の自分からみて、現在の自分への成長をはかり、さらに未来の学習へ繋げていく指導を行っています。

客観的判断はしかるべき時期に大手業者の外部テストを参照しています。
また講師陣は指導において、現状での立ち位置について十分な客観的な把握を行っています。
受験学年で志望に応じた内容のテストは必須になってもいます。

ケイ・ランゲージ・ラボの授業はご存じのとおり、小学校3年生から社会人までということで、学年単位での運営ではなく原則的に「無学年制」を貫いています。学年という枠を超えた指導を可能にすることで、ニーズにあったメニューをご提供しています。

コースにおける修了証授与の際に、未成年会員については、学年相当レヴェルの目安を提示した記号がつきますが、その方の実際の学年とズレていることがあるのもそのためです。(例:G11であれば日本の学校での高2レヴェル等で、帰国・インター生は別の記号になり、社会人対象講座はレヴェル表記でG記号はない)

合格への熱い思いを抱き続け、夢を叶えようとする皆様を全力でサポートしていきます。
皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

2009年2月10日 (火)

採用担当よりお知らせ

事務局・採用担当です。

2009年度の講師募集については、資格試験・進学試験対応に強い講師の方を募集しています。
弊会は元学校教員や現在他県で英語学校を運営している等といった講師陣にもご協力をいただいています。
そこで各教科担当を超えて、求めている人物像についてお伝えいたします。

※中学受験
いわゆるSAPIX・日能研・四谷大塚といった有名塾生への指導が中心です。
塾フォローが多いとはいえ、ラボ単独受講の方への指導が可能な体制作りが一番のモットーです。

難関~中堅校の受験まで幅広く担当しています。従いまして有名進学塾講師・元講師の方々は文系・理系を問わず歓迎しています。専業家庭教師・中学受験経験者も優遇いたします。もちろん公立出身者でも自信のある方はご遠慮なくご登録ください。・・・というより、弊会は公立出身者が多いので、出身中学で云々はございません。あくまで 教科指導力を優先します。

なお弊会は帰国子女対応が別途ございまして、指導が優先されるコースを設置しております。
帰国対応が可能で、英語指導に長けている方などは大歓迎です。

※高校受験
有名私学・公立トップ校受験が中心です。

※有名中高一貫校生
中・高校部会員は殆どが中高一貫校生で、一般生徒はそれが大多数です。宜しくお願いします。

その他特殊案件がありますが、専門的知見のある方を依頼し招聘しています。

※大学受験
医学部・歯学部・薬学部系受験を中心にした指導の展開も模索しています。ただしそれを専門予備校化する予定は全くございませんが、強化コースとして考えております。それぞれのエキスパートの方々、特に予備校の現職講師・元講師の先生方は大歓迎です。

なお、私学の現職教員・元教員、教員志望でこれから頑張ってみようと思われる指導力のある方々に是非ご協力をお願いしたく思います。弊会は元々は難関私立大学文系受験で実績をあげた教育機関です。実際にはあらゆるニーズでの指導案件がございますので、専門家としての知見をフルに生かしてもらいたく存じます。
高校・高卒生対象の両方で、教科指導と同時にマインドケアが可能な先生は特に歓迎しています。

※社会人・資格試験指導
各資格(2009年度強化試験は、TOEIC・英検・中国語検定)試験の対策のプロは特に歓迎します。
それ以外にもニーズは多岐にわたってございますので、是非ご協力をお願いしたく思います。

以上の記載を小出しに発表したところ、指導経験は「大手塾等」でないといけないのか、という話を頂戴しましたが、個人指導・家庭教師経験で可能です。専業家庭教師としてプロで活躍する専門の先生を歓迎します。

さらに本業・副業含めて、複数の業に従事する方も多くいらっしゃいます。守秘義務・機密保持厳守が会員・講師スタッフ向けにおいても最大の特徴であり、ウリになっておりますので、安心してご応募下さい。
何卒宜しくお願いいたします。

問い合わせ先:WAA06251@nifty.com
※この件のご質問等はコメント・トラックバックではなく、直接メールにてお願いいたします。
※今年度は新卒の応募もございましたが、やる気のある若い方も大歓迎です。ふるってご応募ください。

採用担当よりお知らせ

事務局・採用担当です。

2009年度の講師募集については、資格試験・進学試験対応に強い講師の方を募集しています。
弊会は元学校教員や現在他県で英語学校を運営している等といった講師陣にもご協力をいただいています。
そこで各教科担当を超えて、求めている人物像についてお伝えいたします。

※中学受験
いわゆるSAPIX・日能研・四谷大塚といった有名塾生への指導が中心です。
塾フォローが多いとはいえ、ラボ単独受講の方への指導が可能な体制作りが一番のモットーです。

難関~中堅校の受験まで幅広く担当しています。従いまして有名進学塾講師・元講師の方々は文系・理系を問わず歓迎しています。専業家庭教師・中学受験経験者も優遇いたします。もちろん公立出身者でも自信のある方はご遠慮なくご登録ください。・・・というより、弊会は公立出身者が多いので、出身中学で云々はございません。あくまで 教科指導力を優先します。

なお弊会は帰国子女対応が別途ございまして、指導が優先されるコースを設置しております。
帰国対応が可能で、英語指導に長けている方などは大歓迎です。

※高校受験
有名私学・公立トップ校受験が中心です。

※有名中高一貫校生
中・高校部会員は殆どが中高一貫校生で、一般生徒はそれが大多数です。宜しくお願いします。

その他特殊案件がありますが、専門的知見のある方を依頼し招聘しています。

※大学受験
医学部・歯学部・薬学部系受験を中心にした指導の展開も模索しています。ただしそれを専門予備校化する予定は全くございませんが、強化コースとして考えております。それぞれのエキスパートの方々、特に予備校の現職講師・元講師の先生方は大歓迎です。

なお、私学の現職教員・元教員、教員志望でこれから頑張ってみようと思われる指導力のある方々に是非ご協力をお願いしたく思います。弊会は元々は難関私立大学文系受験で実績をあげた教育機関です。実際にはあらゆるニーズでの指導案件がございますので、専門家としての知見をフルに生かしてもらいたく存じます。
高校・高卒生対象の両方で、教科指導と同時にマインドケアが可能な先生は特に歓迎しています。

※社会人・資格試験指導
各資格(2009年度強化試験は、TOEIC・英検・中国語検定)試験の対策のプロは特に歓迎します。
それ以外にもニーズは多岐にわたってございますので、是非ご協力をお願いしたく思います。

以上の記載を小出しに発表したところ、指導経験は「大手塾等」でないといけないのか、という話を頂戴しましたが、個人指導・家庭教師経験で可能です。専業家庭教師としてプロで活躍する専門の先生を歓迎します。

さらに本業・副業含めて、複数の業に従事する方も多くいらっしゃいます。守秘義務・機密保持厳守が会員・講師スタッフ向けにおいても最大の特徴であり、ウリになっておりますので、安心してご応募下さい。
何卒宜しくお願いいたします。

問い合わせ先:WAA06251@nifty.com
※この件のご質問等はコメント・トラックバックではなく、直接メールにてお願いいたします。
※今年度は新卒の応募もございましたが、やる気のある若い方も大歓迎です。ふるってご応募ください。

採用担当よりお知らせ

事務局・採用担当です。

2009年度の講師募集については、資格試験・進学試験対応に強い講師の方を募集しています。
弊会は元学校教員や現在他県で英語学校を運営している等といった講師陣にもご協力をいただいています。
そこで各教科担当を超えて、求めている人物像についてお伝えいたします。

※中学受験
いわゆるSAPIX・日能研・四谷大塚といった有名塾生への指導が中心です。
塾フォローが多いとはいえ、ラボ単独受講の方への指導が可能な体制作りが一番のモットーです。

難関~中堅校の受験まで幅広く担当しています。従いまして有名進学塾講師・元講師の方々は文系・理系を問わず歓迎しています。専業家庭教師・中学受験経験者も優遇いたします。もちろん公立出身者でも自信のある方はご遠慮なくご登録ください。・・・というより、弊会は公立出身者が多いので、出身中学で云々はございません。あくまで 教科指導力を優先します。

なお弊会は帰国子女対応が別途ございまして、指導が優先されるコースを設置しております。
帰国対応が可能で、英語指導に長けている方などは大歓迎です。

※高校受験
有名私学・公立トップ校受験が中心です。

※有名中高一貫校生
中・高校部会員は殆どが中高一貫校生で、一般生徒はそれが大多数です。宜しくお願いします。

その他特殊案件がありますが、専門的知見のある方を依頼し招聘しています。

※大学受験
医学部・歯学部・薬学部系受験を中心にした指導の展開も模索しています。ただしそれを専門予備校化する予定は全くございませんが、強化コースとして考えております。それぞれのエキスパートの方々、特に予備校の現職講師・元講師の先生方は大歓迎です。

なお、私学の現職教員・元教員、教員志望でこれから頑張ってみようと思われる指導力のある方々に是非ご協力をお願いしたく思います。弊会は元々は難関私立大学文系受験で実績をあげた教育機関です。実際にはあらゆるニーズでの指導案件がございますので、専門家としての知見をフルに生かしてもらいたく存じます。
高校・高卒生対象の両方で、教科指導と同時にマインドケアが可能な先生は特に歓迎しています。

※社会人・資格試験指導
各資格(2009年度強化試験は、TOEIC・英検・中国語検定)試験の対策のプロは特に歓迎します。
それ以外にもニーズは多岐にわたってございますので、是非ご協力をお願いしたく思います。

以上の記載を小出しに発表したところ、指導経験は「大手塾等」でないといけないのか、という話を頂戴しましたが、個人指導・家庭教師経験で可能です。専業家庭教師としてプロで活躍する専門の先生を歓迎します。

さらに本業・副業含めて、複数の業に従事する方も多くいらっしゃいます。守秘義務・機密保持厳守が会員・講師スタッフ向けにおいても最大の特徴であり、ウリになっておりますので、安心してご応募下さい。
何卒宜しくお願いいたします。

問い合わせ先:WAA06251@nifty.com
※この件のご質問等はコメント・トラックバックではなく、直接メールにてお願いいたします。
※今年度は新卒の応募もございましたが、やる気のある若い方も大歓迎です。ふるってご応募ください。

2009年2月 7日 (土)

記事のトラバ・コメントについて

事務局です。

弊会運営のブログについては、当初は交流目的で受付を行ったり、別途掲示板を設けたりしておりましたが、諸事情によりトラックバック・コメントについて受け付けない設定になっておりました。

最近、教育関連記事が多いことから、ブログ認知度も上がってきており、実際にご意見もオフラインで頂戴するようになりました。

そこでコメントやトラックバックについては、事務局サイドで保留・認証後に、掲載するものについては掲載するような形にして、リアルタイムではないものの、語学教育部門での一部の記事について受け付けることにいたしました。過去記事も随時変更していきたく思います。

弊会サービスの諸連絡であったり、一部記事は設定が受け付けない状況が残りますが、皆様の忌憚のないご意見をお伺いして、交流を深めたく存じます。

宜しくお願いいたします。

記事のトラバ・コメントについて

事務局です。

弊会運営のブログについては、当初は交流目的で受付を行ったり、別途掲示板を設けたりしておりましたが、諸事情によりトラックバック・コメントについて受け付けない設定になっておりました。

最近、教育関連記事が多いことから、ブログ認知度も上がってきており、実際にご意見もオフラインで頂戴するようになりました。

そこでコメントやトラックバックについては、事務局サイドで保留・認証後に、掲載するものについては掲載するような形にして、リアルタイムではないものの、語学教育部門での一部の記事について受け付けることにいたしました。過去記事も随時変更していきたく思います。

弊会サービスの諸連絡であったり、一部記事は設定が受け付けない状況が残りますが、皆様の忌憚のないご意見をお伺いして、交流を深めたく存じます。

宜しくお願いいたします。

記事のトラバ・コメントについて

事務局です。

弊会運営のブログについては、当初は交流目的で受付を行ったり、別途掲示板を設けたりしておりましたが、諸事情によりトラックバック・コメントについて受け付けない設定になっておりました。

最近、教育関連記事が多いことから、ブログ認知度も上がってきており、実際にご意見もオフラインで頂戴するようになりました。

そこでコメントやトラックバックについては、事務局サイドで保留・認証後に、掲載するものについては掲載するような形にして、リアルタイムではないものの、語学教育部門での一部の記事について受け付けることにいたしました。過去記事も随時変更していきたく思います。

弊会サービスの諸連絡であったり、一部記事は設定が受け付けない状況が残りますが、皆様の忌憚のないご意見をお伺いして、交流を深めたく存じます。

宜しくお願いいたします。

2009年2月 5日 (木)

ご冥福をお祈り申し上げます

事務局です。

塾全協をはじめ、公教育・私教育フォーラムでもお世話になった大先輩がこの度、脳溢血で2月2日に逝去されました。週明けに告別式が行われるということでした。

今年度も「東京・埼玉私立中高進学相談会」事務局をはじめ、教育関係では論客として有名な方でした。
中村高校の前にあるもんじゃ焼屋で、夜に皆で楽しく食べたばかりでした。・・・

突然すぎて気持の整理がつかない程です。
ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福をお祈り申し上げます

事務局です。

塾全協をはじめ、公教育・私教育フォーラムでもお世話になった大先輩がこの度、脳溢血で2月2日に逝去されました。週明けに告別式が行われるということでした。

今年度も「東京・埼玉私立中高進学相談会」事務局をはじめ、教育関係では論客として有名な方でした。
中村高校の前にあるもんじゃ焼屋で、夜に皆で楽しく食べたばかりでした。・・・

突然すぎて気持の整理がつかない程です。
ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福をお祈り申し上げます

事務局です。

塾全協をはじめ、公教育・私教育フォーラムでもお世話になった大先輩がこの度、脳溢血で2月2日に逝去されました。週明けに告別式が行われるということでした。

今年度も「東京・埼玉私立中高進学相談会」事務局をはじめ、教育関係では論客として有名な方でした。
中村高校の前にあるもんじゃ焼屋で、夜に皆で楽しく食べたばかりでした。・・・

突然すぎて気持の整理がつかない程です。
ご冥福をお祈りいたします。

2009年2月 3日 (火)

【連絡】タウンページ住所誤記・訂正

事務局です。

2009年度版・タウンページ世田谷版が各家庭に配布されていると思います。
デイリータウンページには、今年度より”家庭教師”等カテゴリーが追加されています。

一部川崎市版にも掲載されております。

変更があった為かどうかは定かではございませんが、住所の誤記載がありましたので訂正いたします。
事務局について2004年から変更はございません。

誤:世田谷区上用賀6-27-5-5-303

正:世田谷区上用賀6-27-5-303

6-27-55と勘違いしやすいということで指摘がございましたので、訂正の広報を致しました。
次年度からは訂正されると思います。

iタウンページでは英語版も含めて掲載がございます。
業種 : 英語スクール、英語通訳、英語翻訳、外国語スクール、学習塾、家庭教師、カルチャーセンター、進学塾、中国語スクール、中国語通訳、中国語翻訳、通訳業、日本語スクール、ペン字教室、翻訳業

こちらにつきましても、住所の誤記載がございますので、訂正をお願いいたします。
それではどうぞ宜しくお願いいたします。

【連絡】タウンページ住所誤記・訂正

事務局です。

2009年度版・タウンページ世田谷版が各家庭に配布されていると思います。
デイリータウンページには、今年度より”家庭教師”等カテゴリーが追加されています。

一部川崎市版にも掲載されております。

変更があった為かどうかは定かではございませんが、住所の誤記載がありましたので訂正いたします。
事務局について2004年から変更はございません。

誤:世田谷区上用賀6-27-5-5-303

正:世田谷区上用賀6-27-5-303

6-27-55と勘違いしやすいということで指摘がございましたので、訂正の広報を致しました。
次年度からは訂正されると思います。

iタウンページでは英語版も含めて掲載がございます。
業種 : 英語スクール、英語通訳、英語翻訳、外国語スクール、学習塾、家庭教師、カルチャーセンター、進学塾、中国語スクール、中国語通訳、中国語翻訳、通訳業、日本語スクール、ペン字教室、翻訳業

こちらにつきましても、住所の誤記載がございますので、訂正をお願いいたします。
それではどうぞ宜しくお願いいたします。

【連絡】タウンページ住所誤記・訂正

事務局です。

2009年度版・タウンページ世田谷版が各家庭に配布されていると思います。
デイリータウンページには、今年度より”家庭教師”等カテゴリーが追加されています。

一部川崎市版にも掲載されております。

変更があった為かどうかは定かではございませんが、住所の誤記載がありましたので訂正いたします。
事務局について2004年から変更はございません。

誤:世田谷区上用賀6-27-5-5-303

正:世田谷区上用賀6-27-5-303

6-27-55と勘違いしやすいということで指摘がございましたので、訂正の広報を致しました。
次年度からは訂正されると思います。

iタウンページでは英語版も含めて掲載がございます。
業種 : 英語スクール、英語通訳、英語翻訳、外国語スクール、学習塾、家庭教師、カルチャーセンター、進学塾、中国語スクール、中国語通訳、中国語翻訳、通訳業、日本語スクール、ペン字教室、翻訳業

こちらにつきましても、住所の誤記載がございますので、訂正をお願いいたします。
それではどうぞ宜しくお願いいたします。

学校訪問記・江戸川取手Vol.2

りんどうです。

江戸川学園取手高校では、平成21年度からカリキュラムの改定があるという発表がされています。
平成元年から「70分授業体制」であったのを変更し、「50分授業」をベースに、今までの70分授業の特徴を発展させて「100分授業」を取り入れるというものです。
土曜日は隔週登校として、90分授業を2コマ行うというもので、道徳授業は70分授業で据え置きになるというものです。

カリキュラム編成も新指導要領に先駆けて中高ともに来年度からの実施になるということになっています。

・・・ちょっと待って、待ってっ!?

1月掲載の「世田谷学園」についての記事をおさらいします。

「70分授業」ですが、文部科学省からのお達しで、いわゆる家庭科・芸術科等の科目の時間が足りず、結果補習になったりして帳尻合わせをしている実態があること。
さらに生徒の集中力が続かなくなっていること等があって、次年度より50分へ戻す変更をするそうです。

1コマ70分にした利点としては、授業がそれだけ創意工夫が出来たことがあげられます。理科の実験なども含みます。50分へ戻す際にはその70分授業で培った内容を50分授業へ凝縮するように密度を濃くすることで対応したいとのことでした。

つまり、ただ時間を元に戻すのではなく、通常70分の内容を50分に凝縮するのを理想として行うとのことでした。

・・・ということで一限70分・週6日授業が、平成21年度からは、従来の一限50分授業に戻る予定になっています。

指導要領が改定され、中学校においては、平成21年度から先行実施されます。指導要領は、50分授業を前提として定められたものであり、文部科学省は私立学校に対しても、指導要領を守る姿勢を強く打ち出しています。
こうした中、英語・数学・国語・理科・社会の5教科の授業時数を従来通りに確保し、尚、かつ他教科の定められた時数の授業を行うには、70分授業では非効率な点が多々出て,その流れの中でのお話なのです。

70分授業で培った利点を50分授業に採り入れ、授業時間を長く保つことで成果が挙がる教科などは、学年や学習内容に応じて連続授業を行うという方向性ですが、それにしても江戸取の「100分授業」というのは驚きでした。

りんどうが指導していても、通常は予備校でも90分で、専門学校教員時代も正味75分のモチベーション維持にはかなり配慮しました。

100分なら50×2コマはよくありますが。

但しこの江戸取は、各種合宿などで長時間授業について日頃鍛えているので、可能なのかもしれません。・・・

それでも学校側にモチベーション維持について伺ってみたところ、100分ひたすら講義というのではなく、演習を交えますので大丈夫です!と言い切っていました。

いずれの学校も「70分授業体制」でのノウハウの長年の蓄積がありますので、今後に期待したいと思います。

追伸:江戸川学園取手高校では最終的には以下のパターンで行うことになったようです。
50分授業 多くの授業は50分
90分授業 土曜日は90分授業が2コマ
100分授業 2つの50分授業の間に10分自習&トイレの時間が入る
110分授業 自習時間が無く110分連続で授業(高2・高3)

学校訪問記・江戸川取手Vol.2

りんどうです。

江戸川学園取手高校では、平成21年度からカリキュラムの改定があるという発表がされています。
平成元年から「70分授業体制」であったのを変更し、「50分授業」をベースに、今までの70分授業の特徴を発展させて「100分授業」を取り入れるというものです。
土曜日は隔週登校として、90分授業を2コマ行うというもので、道徳授業は70分授業で据え置きになるというものです。

カリキュラム編成も新指導要領に先駆けて中高ともに来年度からの実施になるということになっています。

・・・ちょっと待って、待ってっ!?

1月掲載の「世田谷学園」についての記事をおさらいします。

「70分授業」ですが、文部科学省からのお達しで、いわゆる家庭科・芸術科等の科目の時間が足りず、結果補習になったりして帳尻合わせをしている実態があること。
さらに生徒の集中力が続かなくなっていること等があって、次年度より50分へ戻す変更をするそうです。

1コマ70分にした利点としては、授業がそれだけ創意工夫が出来たことがあげられます。理科の実験なども含みます。50分へ戻す際にはその70分授業で培った内容を50分授業へ凝縮するように密度を濃くすることで対応したいとのことでした。

つまり、ただ時間を元に戻すのではなく、通常70分の内容を50分に凝縮するのを理想として行うとのことでした。

・・・ということで一限70分・週6日授業が、平成21年度からは、従来の一限50分授業に戻る予定になっています。

指導要領が改定され、中学校においては、平成21年度から先行実施されます。指導要領は、50分授業を前提として定められたものであり、文部科学省は私立学校に対しても、指導要領を守る姿勢を強く打ち出しています。
こうした中、英語・数学・国語・理科・社会の5教科の授業時数を従来通りに確保し、尚、かつ他教科の定められた時数の授業を行うには、70分授業では非効率な点が多々出て,その流れの中でのお話なのです。

70分授業で培った利点を50分授業に採り入れ、授業時間を長く保つことで成果が挙がる教科などは、学年や学習内容に応じて連続授業を行うという方向性ですが、それにしても江戸取の「100分授業」というのは驚きでした。

りんどうが指導していても、通常は予備校でも90分で、専門学校教員時代も正味75分のモチベーション維持にはかなり配慮しました。

100分なら50×2コマはよくありますが。

但しこの江戸取は、各種合宿などで長時間授業について日頃鍛えているので、可能なのかもしれません。・・・

それでも学校側にモチベーション維持について伺ってみたところ、100分ひたすら講義というのではなく、演習を交えますので大丈夫です!と言い切っていました。

いずれの学校も「70分授業体制」でのノウハウの長年の蓄積がありますので、今後に期待したいと思います。

追伸:江戸川学園取手高校では最終的には以下のパターンで行うことになったようです。
50分授業 多くの授業は50分
90分授業 土曜日は90分授業が2コマ
100分授業 2つの50分授業の間に10分自習&トイレの時間が入る
110分授業 自習時間が無く110分連続で授業(高2・高3)

学校訪問記・江戸川取手Vol.2

りんどうです。

江戸川学園取手高校では、平成21年度からカリキュラムの改定があるという発表がされています。
平成元年から「70分授業体制」であったのを変更し、「50分授業」をベースに、今までの70分授業の特徴を発展させて「100分授業」を取り入れるというものです。
土曜日は隔週登校として、90分授業を2コマ行うというもので、道徳授業は70分授業で据え置きになるというものです。

カリキュラム編成も新指導要領に先駆けて中高ともに来年度からの実施になるということになっています。

・・・ちょっと待って、待ってっ!?

1月掲載の「世田谷学園」についての記事をおさらいします。

「70分授業」ですが、文部科学省からのお達しで、いわゆる家庭科・芸術科等の科目の時間が足りず、結果補習になったりして帳尻合わせをしている実態があること。
さらに生徒の集中力が続かなくなっていること等があって、次年度より50分へ戻す変更をするそうです。

1コマ70分にした利点としては、授業がそれだけ創意工夫が出来たことがあげられます。理科の実験なども含みます。50分へ戻す際にはその70分授業で培った内容を50分授業へ凝縮するように密度を濃くすることで対応したいとのことでした。

つまり、ただ時間を元に戻すのではなく、通常70分の内容を50分に凝縮するのを理想として行うとのことでした。

・・・ということで一限70分・週6日授業が、平成21年度からは、従来の一限50分授業に戻る予定になっています。

指導要領が改定され、中学校においては、平成21年度から先行実施されます。指導要領は、50分授業を前提として定められたものであり、文部科学省は私立学校に対しても、指導要領を守る姿勢を強く打ち出しています。
こうした中、英語・数学・国語・理科・社会の5教科の授業時数を従来通りに確保し、尚、かつ他教科の定められた時数の授業を行うには、70分授業では非効率な点が多々出て,その流れの中でのお話なのです。

70分授業で培った利点を50分授業に採り入れ、授業時間を長く保つことで成果が挙がる教科などは、学年や学習内容に応じて連続授業を行うという方向性ですが、それにしても江戸取の「100分授業」というのは驚きでした。

りんどうが指導していても、通常は予備校でも90分で、専門学校教員時代も正味75分のモチベーション維持にはかなり配慮しました。

100分なら50×2コマはよくありますが。

但しこの江戸取は、各種合宿などで長時間授業について日頃鍛えているので、可能なのかもしれません。・・・

それでも学校側にモチベーション維持について伺ってみたところ、100分ひたすら講義というのではなく、演習を交えますので大丈夫です!と言い切っていました。

いずれの学校も「70分授業体制」でのノウハウの長年の蓄積がありますので、今後に期待したいと思います。

追伸:江戸川学園取手高校では最終的には以下のパターンで行うことになったようです。
50分授業 多くの授業は50分
90分授業 土曜日は90分授業が2コマ
100分授業 2つの50分授業の間に10分自習&トイレの時間が入る
110分授業 自習時間が無く110分連続で授業(高2・高3)

学校訪問記・江戸川取手Vol.1

りんどうです。

「規律ある進学校」ということで、心豊かなリーダーの育成を標ぼうする江戸川学園取手中・高等学校。

大学受験を目指して、特別に「医科コース」を設けている稀有な学校ということで、医学部志望者を中心に注目が集まっている学校でもあります。現在の高校3年生から医科コースは2クラス体制ということでした。

今回は医科コースを中心とした寮生活を伺ってきています。高校3年生の生活を例にお伺いしましたが、朝は8時から朝学習に始まり、学校で運営している塾・紫峰館で夜9時までの合計のべ13時間の学習メニューが組まれています。夏休みも9時~9時まで学習し、センター9割を目指す「999作戦」というメニューがあるとされています。

紫峰館というのは、学校内予備校ともいえる存在ですが、あくまで「学校」の教員によって1991年より運営が継続されています。自習室も年間通じて利用できるそうです。
取手の駅前にあり、学校の授業と連動して、センター試験をはじめとする医学部受験指導、ボランティア、医療講習会、チュートリアル等も充実しています。
http://www.shihoukan.com/

訪問時に伺ったわけではありませんが、講師派遣協力として、春日部共栄高校、江戸川学園取手高校提携予備校紫峰館、日出高校については、医系専門予備校・メディカルマインドが教育支援を行っていると言われています。

医科コースは完全に「国公立大学医学部」受験を標ぼうしていて、指導意識もそちらに向いているようです。昨年度の国公立大学医学部医学科は30名合格ということでした。
・・・つまり実績をみるとおり、慶応義塾大学医学部等が妙に少ない(場合によっていない)、実際の進学先として私立大医学部は多くない理由となっているようです。

もっと絞って言うと、地元である千葉大学医学部・筑波大医学専門学群を第一志望にするような教育を考えて、コースカリキュラムを組んでいるところとも言えます。

東京・神奈川から進学する場合、男子の場合、通学圏にないなら殆どのケースで「紫峰寮」に入ることになります。実際には近隣でも寮に入るケースもあるようです。

実際の入寮には面接があるようですが、現在利用者は20名前後。
約6.5坪を2人部屋で利用するということで広々しています。寮室にはルームエアコン、ユニットバスなどの基本的な設備のほか、ベット・スライドハンガー・机・本棚や電気コンロ・冷蔵庫付きのミニキッチンまであって、インターネット接続のための高速光回線も完備だということです。

2人部屋なので、勉強する時にはカーテンで間仕切りしたりもできるそうです。

この中ではポイントは「食事」だと思います。厨房があってあたたかい食事が出されています。
Dinner
学校HPからお借りしましたが、栄養を考慮した食事のようです。

何とこの寮には私の訪問に応えてくださった先生も、紫峰寮に週2回は泊まりがけで指導も兼ねて行っているそうです。つまり寮母さん達だけでなく、学校からも先生が泊まったりして、学校の延長になっているとも言えるかもしれません。医科コースは全員紫峰館へ行っているものの、普通コースの生徒は寮で自習しますので、その質問対応も先生がしてくれたりするそうです。

寮の学校を希望する場合、必ず本人&保護者が寮見学するようにということで勧めています。
運動部の生徒については、放課後の殆どを過ごすグラウンドもみてくるように言いますが、この学校は全寮制というわけではないため、希望者や遠方の生徒についての寮ということで、チェックポイントの一つだと思います。

Vol.2では本題の100分授業についてお話します。・・・

江戸川学園取手中学高等学校 http://www.e-t.ed.jp/

学校訪問記・江戸川取手Vol.1

りんどうです。

「規律ある進学校」ということで、心豊かなリーダーの育成を標ぼうする江戸川学園取手中・高等学校。

大学受験を目指して、特別に「医科コース」を設けている稀有な学校ということで、医学部志望者を中心に注目が集まっている学校でもあります。現在の高校3年生から医科コースは2クラス体制ということでした。

今回は医科コースを中心とした寮生活を伺ってきています。高校3年生の生活を例にお伺いしましたが、朝は8時から朝学習に始まり、学校で運営している塾・紫峰館で夜9時までの合計のべ13時間の学習メニューが組まれています。夏休みも9時~9時まで学習し、センター9割を目指す「999作戦」というメニューがあるとされています。

紫峰館というのは、学校内予備校ともいえる存在ですが、あくまで「学校」の教員によって1991年より運営が継続されています。自習室も年間通じて利用できるそうです。
取手の駅前にあり、学校の授業と連動して、センター試験をはじめとする医学部受験指導、ボランティア、医療講習会、チュートリアル等も充実しています。
http://www.shihoukan.com/

訪問時に伺ったわけではありませんが、講師派遣協力として、春日部共栄高校、江戸川学園取手高校提携予備校紫峰館、日出高校については、医系専門予備校・メディカルマインドが教育支援を行っていると言われています。

医科コースは完全に「国公立大学医学部」受験を標ぼうしていて、指導意識もそちらに向いているようです。昨年度の国公立大学医学部医学科は30名合格ということでした。
・・・つまり実績をみるとおり、慶応義塾大学医学部等が妙に少ない(場合によっていない)、実際の進学先として私立大医学部は多くない理由となっているようです。

もっと絞って言うと、地元である千葉大学医学部・筑波大医学専門学群を第一志望にするような教育を考えて、コースカリキュラムを組んでいるところとも言えます。

東京・神奈川から進学する場合、男子の場合、通学圏にないなら殆どのケースで「紫峰寮」に入ることになります。実際には近隣でも寮に入るケースもあるようです。

実際の入寮には面接があるようですが、現在利用者は20名前後。
約6.5坪を2人部屋で利用するということで広々しています。寮室にはルームエアコン、ユニットバスなどの基本的な設備のほか、ベット・スライドハンガー・机・本棚や電気コンロ・冷蔵庫付きのミニキッチンまであって、インターネット接続のための高速光回線も完備だということです。

2人部屋なので、勉強する時にはカーテンで間仕切りしたりもできるそうです。

この中ではポイントは「食事」だと思います。厨房があってあたたかい食事が出されています。
Dinner
学校HPからお借りしましたが、栄養を考慮した食事のようです。

何とこの寮には私の訪問に応えてくださった先生も、紫峰寮に週2回は泊まりがけで指導も兼ねて行っているそうです。つまり寮母さん達だけでなく、学校からも先生が泊まったりして、学校の延長になっているとも言えるかもしれません。医科コースは全員紫峰館へ行っているものの、普通コースの生徒は寮で自習しますので、その質問対応も先生がしてくれたりするそうです。

寮の学校を希望する場合、必ず本人&保護者が寮見学するようにということで勧めています。
運動部の生徒については、放課後の殆どを過ごすグラウンドもみてくるように言いますが、この学校は全寮制というわけではないため、希望者や遠方の生徒についての寮ということで、チェックポイントの一つだと思います。

Vol.2では本題の100分授業についてお話します。・・・

江戸川学園取手中学高等学校 http://www.e-t.ed.jp/

学校訪問記・江戸川取手Vol.1

りんどうです。

「規律ある進学校」ということで、心豊かなリーダーの育成を標ぼうする江戸川学園取手中・高等学校。

大学受験を目指して、特別に「医科コース」を設けている稀有な学校ということで、医学部志望者を中心に注目が集まっている学校でもあります。現在の高校3年生から医科コースは2クラス体制ということでした。

今回は医科コースを中心とした寮生活を伺ってきています。高校3年生の生活を例にお伺いしましたが、朝は8時から朝学習に始まり、学校で運営している塾・紫峰館で夜9時までの合計のべ13時間の学習メニューが組まれています。夏休みも9時~9時まで学習し、センター9割を目指す「999作戦」というメニューがあるとされています。

紫峰館というのは、学校内予備校ともいえる存在ですが、あくまで「学校」の教員によって1991年より運営が継続されています。自習室も年間通じて利用できるそうです。
取手の駅前にあり、学校の授業と連動して、センター試験をはじめとする医学部受験指導、ボランティア、医療講習会、チュートリアル等も充実しています。
http://www.shihoukan.com/

訪問時に伺ったわけではありませんが、講師派遣協力として、春日部共栄高校、江戸川学園取手高校提携予備校紫峰館、日出高校については、医系専門予備校・メディカルマインドが教育支援を行っていると言われています。

医科コースは完全に「国公立大学医学部」受験を標ぼうしていて、指導意識もそちらに向いているようです。昨年度の国公立大学医学部医学科は30名合格ということでした。
・・・つまり実績をみるとおり、慶応義塾大学医学部等が妙に少ない(場合によっていない)、実際の進学先として私立大医学部は多くない理由となっているようです。

もっと絞って言うと、地元である千葉大学医学部・筑波大医学専門学群を第一志望にするような教育を考えて、コースカリキュラムを組んでいるところとも言えます。

東京・神奈川から進学する場合、男子の場合、通学圏にないなら殆どのケースで「紫峰寮」に入ることになります。実際には近隣でも寮に入るケースもあるようです。

実際の入寮には面接があるようですが、現在利用者は20名前後。
約6.5坪を2人部屋で利用するということで広々しています。寮室にはルームエアコン、ユニットバスなどの基本的な設備のほか、ベット・スライドハンガー・机・本棚や電気コンロ・冷蔵庫付きのミニキッチンまであって、インターネット接続のための高速光回線も完備だということです。

2人部屋なので、勉強する時にはカーテンで間仕切りしたりもできるそうです。

この中ではポイントは「食事」だと思います。厨房があってあたたかい食事が出されています。
Dinner
学校HPからお借りしましたが、栄養を考慮した食事のようです。

何とこの寮には私の訪問に応えてくださった先生も、紫峰寮に週2回は泊まりがけで指導も兼ねて行っているそうです。つまり寮母さん達だけでなく、学校からも先生が泊まったりして、学校の延長になっているとも言えるかもしれません。医科コースは全員紫峰館へ行っているものの、普通コースの生徒は寮で自習しますので、その質問対応も先生がしてくれたりするそうです。

寮の学校を希望する場合、必ず本人&保護者が寮見学するようにということで勧めています。
運動部の生徒については、放課後の殆どを過ごすグラウンドもみてくるように言いますが、この学校は全寮制というわけではないため、希望者や遠方の生徒についての寮ということで、チェックポイントの一つだと思います。

Vol.2では本題の100分授業についてお話します。・・・

江戸川学園取手中学高等学校 http://www.e-t.ed.jp/

2009年2月 2日 (月)

慶応NY学院・対策講座始動!

語学教育部門です。

慶応等の大学付属校入試対策として、これまでにも「冠講座」コースを設置してきましたが、海外帰国子女から需要の多い「慶応NY学院対策」講座を2009年度から開設することにいたします。

入学試験は年3回(一般入試1回、AO入試2回)チャンスがあり、中学2年生からチャレンジできます。入学後は授業の70%は英語で行われます。試験で共通しているのは、英語及び日本語の小論文と英語及び日本語での面接試験があることです。

小論文では、英語力または日本語力だけが問われます。世の中の出来事・事件・風潮などに対して、どれだけの関心・知識を持っているのかも問われます。常日頃から、物事に対して自分の考えをはっきり持つことが重要です。英語クラスにおいても日本語クラスにおいても、実際に書く練習をしながら、自分の考えを明確に表現する訓練をしていきます。

面接においては、英語及び日本語のコミュニケーション能力が問われます。毎年、なぜ慶應ニューヨーク学院を志望するのか、そこで何を学びたいのか、将来の夢、自分自身についてなどが問われます。慶応NY学院対策コースでは、英語でも日本語でも、そういった質問に臆することなく答えられるような練習をしていきます。

慶應ニューヨーク学院を卒業すると、アメリカと日本両方の高校卒業資格が得られます。アメリカの大学へ進学することも可能ですし、日本の大学へ進学することも可能となります。単なる受験勉強と考えずに、将来優秀なバイリンガルとして活躍するための予備教育としての位置づけにもなっています。

慶応ニューヨーク高校で学ぶ生徒は、授業の中だけでなく生活の一部として英語を使う機会が増えきます。そのため日本から進学する生徒は、日本語だけの生活から英語での生活へ移行することになります。その移行がスムーズに行えるように、英語で考え、話し、英語で読み書きする習慣づけを含めて指導します。

InputとOutputのバランスを特に重要視しています。

日本で生活していると、普段の生活の場で英語を使う機会は限られています。学校の授業で先生が英語で話していても、生徒は必死に理解しようと聞いているだけなので、その状況では生徒のOutputは少ないと思います。聞いているだけではなく、明確かつ明瞭に受け答えができるよう指導しています。

また、テキストの朗読を何回もさせて、体を英語に慣れされる方法を取っています。ただ朗読するだけでなくCDや講師と一緒に読むことで、生徒自身で読解能力を向上させると共に、ネイティブの発音を聞きながら話を理解するという、会話に似た形でリーディングを行うことで読解力を養うことで、InputとOutputのバランスに気をつけています。音読重視は英語コース共通の理念でもあります。

全て1対1での講座になります。他の慶応対策と同様のプレミアムコース扱いです。詳細はお問い合わせください。宜しくお願いいたします。
WAA06251@nifty.com

慶応NY学院・対策講座始動!

語学教育部門です。

慶応等の大学付属校入試対策として、これまでにも「冠講座」コースを設置してきましたが、海外帰国子女から需要の多い「慶応NY学院対策」講座を2009年度から開設することにいたします。

入学試験は年3回(一般入試1回、AO入試2回)チャンスがあり、中学2年生からチャレンジできます。入学後は授業の70%は英語で行われます。試験で共通しているのは、英語及び日本語の小論文と英語及び日本語での面接試験があることです。

小論文では、英語力または日本語力だけが問われます。世の中の出来事・事件・風潮などに対して、どれだけの関心・知識を持っているのかも問われます。常日頃から、物事に対して自分の考えをはっきり持つことが重要です。英語クラスにおいても日本語クラスにおいても、実際に書く練習をしながら、自分の考えを明確に表現する訓練をしていきます。

面接においては、英語及び日本語のコミュニケーション能力が問われます。毎年、なぜ慶應ニューヨーク学院を志望するのか、そこで何を学びたいのか、将来の夢、自分自身についてなどが問われます。慶応NY学院対策コースでは、英語でも日本語でも、そういった質問に臆することなく答えられるような練習をしていきます。

慶應ニューヨーク学院を卒業すると、アメリカと日本両方の高校卒業資格が得られます。アメリカの大学へ進学することも可能ですし、日本の大学へ進学することも可能となります。単なる受験勉強と考えずに、将来優秀なバイリンガルとして活躍するための予備教育としての位置づけにもなっています。

慶応ニューヨーク高校で学ぶ生徒は、授業の中だけでなく生活の一部として英語を使う機会が増えきます。そのため日本から進学する生徒は、日本語だけの生活から英語での生活へ移行することになります。その移行がスムーズに行えるように、英語で考え、話し、英語で読み書きする習慣づけを含めて指導します。

InputとOutputのバランスを特に重要視しています。

日本で生活していると、普段の生活の場で英語を使う機会は限られています。学校の授業で先生が英語で話していても、生徒は必死に理解しようと聞いているだけなので、その状況では生徒のOutputは少ないと思います。聞いているだけではなく、明確かつ明瞭に受け答えができるよう指導しています。

また、テキストの朗読を何回もさせて、体を英語に慣れされる方法を取っています。ただ朗読するだけでなくCDや講師と一緒に読むことで、生徒自身で読解能力を向上させると共に、ネイティブの発音を聞きながら話を理解するという、会話に似た形でリーディングを行うことで読解力を養うことで、InputとOutputのバランスに気をつけています。音読重視は英語コース共通の理念でもあります。

全て1対1での講座になります。他の慶応対策と同様のプレミアムコース扱いです。詳細はお問い合わせください。宜しくお願いいたします。
WAA06251@nifty.com

慶応NY学院・対策講座始動!

語学教育部門です。

慶応等の大学付属校入試対策として、これまでにも「冠講座」コースを設置してきましたが、海外帰国子女から需要の多い「慶応NY学院対策」講座を2009年度から開設することにいたします。

入学試験は年3回(一般入試1回、AO入試2回)チャンスがあり、中学2年生からチャレンジできます。入学後は授業の70%は英語で行われます。試験で共通しているのは、英語及び日本語の小論文と英語及び日本語での面接試験があることです。

小論文では、英語力または日本語力だけが問われます。世の中の出来事・事件・風潮などに対して、どれだけの関心・知識を持っているのかも問われます。常日頃から、物事に対して自分の考えをはっきり持つことが重要です。英語クラスにおいても日本語クラスにおいても、実際に書く練習をしながら、自分の考えを明確に表現する訓練をしていきます。

面接においては、英語及び日本語のコミュニケーション能力が問われます。毎年、なぜ慶應ニューヨーク学院を志望するのか、そこで何を学びたいのか、将来の夢、自分自身についてなどが問われます。慶応NY学院対策コースでは、英語でも日本語でも、そういった質問に臆することなく答えられるような練習をしていきます。

慶應ニューヨーク学院を卒業すると、アメリカと日本両方の高校卒業資格が得られます。アメリカの大学へ進学することも可能ですし、日本の大学へ進学することも可能となります。単なる受験勉強と考えずに、将来優秀なバイリンガルとして活躍するための予備教育としての位置づけにもなっています。

慶応ニューヨーク高校で学ぶ生徒は、授業の中だけでなく生活の一部として英語を使う機会が増えきます。そのため日本から進学する生徒は、日本語だけの生活から英語での生活へ移行することになります。その移行がスムーズに行えるように、英語で考え、話し、英語で読み書きする習慣づけを含めて指導します。

InputとOutputのバランスを特に重要視しています。

日本で生活していると、普段の生活の場で英語を使う機会は限られています。学校の授業で先生が英語で話していても、生徒は必死に理解しようと聞いているだけなので、その状況では生徒のOutputは少ないと思います。聞いているだけではなく、明確かつ明瞭に受け答えができるよう指導しています。

また、テキストの朗読を何回もさせて、体を英語に慣れされる方法を取っています。ただ朗読するだけでなくCDや講師と一緒に読むことで、生徒自身で読解能力を向上させると共に、ネイティブの発音を聞きながら話を理解するという、会話に似た形でリーディングを行うことで読解力を養うことで、InputとOutputのバランスに気をつけています。音読重視は英語コース共通の理念でもあります。

全て1対1での講座になります。他の慶応対策と同様のプレミアムコース扱いです。詳細はお問い合わせください。宜しくお願いいたします。
WAA06251@nifty.com

2009年2月 1日 (日)

系統別 実践・小論文入試対策講座(高校生・高卒生対象)

小論文科です。今回は入試直前!小論文コースのご紹介です。

勉強にとって必要なのは、小手先のテクニックの習得ではなく、基礎的学力の養成に根ざしたトレーニングです。本講座では、志望にあわせて小論文の課題選定の相談から、実際の添削、質問に対する回答まで効率よく、首尾一貫した学習をすることができます。
本講座では、小論文に必要な総合的学力と表現力を養います。

系統別には、医歯薬系、人文系、社会系、AO/推薦入試、看護福祉系です。学習効果を上げるために、1講座あたり1系統での単科受講をお願いします。
個別の事情、現在の学力レベルに合わせて授業内容を変えていくことができる『家庭教師の特性』を最大限活かして、一人一人に最適な授業を行いますので、是非ご活用ください。
 
演習・解説をセットにして、週1回(3時間/回)を基本としますが、隔週受講も連続受講も可能です。1講座あたり12時間でのお申し込みになります。執筆・演習時間を除いた場合でも、最低授業時間は8時間となります。料金は添削料金込になります。曜日・時間帯は相談によって決めていきたいと思います。交通費と使用テキストは実費でお願いします。追加受講も可能です。料金は添削・リピート添削込になります。

対象:高校3年生・高卒生でセンター試験受験予定のお子様がいるご家庭
提供可能エリア:関東近県(東京、埼玉、千葉、神奈川)
*ただし、地域によって訪問できない場合がございます。念のため入会前にお問い合わせください。

提供場所:ご自宅での指導を基本としますが、高卒生についてはカフェや公共スペースなど指導可能な場所が、他にございましたら、ご自宅以外の場所での指導も可能です。

高校生については上用賀事務局・受講生宅・受講生保護者指定の場所のみになります。
専門予備校講師陣による指導を是非体感ください!それでは宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com

系統別 実践・小論文入試対策講座(高校生・高卒生対象)

小論文科です。今回は入試直前!小論文コースのご紹介です。

勉強にとって必要なのは、小手先のテクニックの習得ではなく、基礎的学力の養成に根ざしたトレーニングです。本講座では、志望にあわせて小論文の課題選定の相談から、実際の添削、質問に対する回答まで効率よく、首尾一貫した学習をすることができます。
本講座では、小論文に必要な総合的学力と表現力を養います。

系統別には、医歯薬系、人文系、社会系、AO/推薦入試、看護福祉系です。学習効果を上げるために、1講座あたり1系統での単科受講をお願いします。
個別の事情、現在の学力レベルに合わせて授業内容を変えていくことができる『家庭教師の特性』を最大限活かして、一人一人に最適な授業を行いますので、是非ご活用ください。
 
演習・解説をセットにして、週1回(3時間/回)を基本としますが、隔週受講も連続受講も可能です。1講座あたり12時間でのお申し込みになります。執筆・演習時間を除いた場合でも、最低授業時間は8時間となります。料金は添削料金込になります。曜日・時間帯は相談によって決めていきたいと思います。交通費と使用テキストは実費でお願いします。追加受講も可能です。料金は添削・リピート添削込になります。

対象:高校3年生・高卒生でセンター試験受験予定のお子様がいるご家庭
提供可能エリア:関東近県(東京、埼玉、千葉、神奈川)
*ただし、地域によって訪問できない場合がございます。念のため入会前にお問い合わせください。

提供場所:ご自宅での指導を基本としますが、高卒生についてはカフェや公共スペースなど指導可能な場所が、他にございましたら、ご自宅以外の場所での指導も可能です。

高校生については上用賀事務局・受講生宅・受講生保護者指定の場所のみになります。
専門予備校講師陣による指導を是非体感ください!それでは宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com

系統別 実践・小論文入試対策講座(高校生・高卒生対象)

小論文科です。今回は入試直前!小論文コースのご紹介です。

勉強にとって必要なのは、小手先のテクニックの習得ではなく、基礎的学力の養成に根ざしたトレーニングです。本講座では、志望にあわせて小論文の課題選定の相談から、実際の添削、質問に対する回答まで効率よく、首尾一貫した学習をすることができます。
本講座では、小論文に必要な総合的学力と表現力を養います。

系統別には、医歯薬系、人文系、社会系、AO/推薦入試、看護福祉系です。学習効果を上げるために、1講座あたり1系統での単科受講をお願いします。
個別の事情、現在の学力レベルに合わせて授業内容を変えていくことができる『家庭教師の特性』を最大限活かして、一人一人に最適な授業を行いますので、是非ご活用ください。
 
演習・解説をセットにして、週1回(3時間/回)を基本としますが、隔週受講も連続受講も可能です。1講座あたり12時間でのお申し込みになります。執筆・演習時間を除いた場合でも、最低授業時間は8時間となります。料金は添削料金込になります。曜日・時間帯は相談によって決めていきたいと思います。交通費と使用テキストは実費でお願いします。追加受講も可能です。料金は添削・リピート添削込になります。

対象:高校3年生・高卒生でセンター試験受験予定のお子様がいるご家庭
提供可能エリア:関東近県(東京、埼玉、千葉、神奈川)
*ただし、地域によって訪問できない場合がございます。念のため入会前にお問い合わせください。

提供場所:ご自宅での指導を基本としますが、高卒生についてはカフェや公共スペースなど指導可能な場所が、他にございましたら、ご自宅以外の場所での指導も可能です。

高校生については上用賀事務局・受講生宅・受講生保護者指定の場所のみになります。
専門予備校講師陣による指導を是非体感ください!それでは宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »