無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

新しい学力観~パラダイム転換~

長倉 圭井子です。

本日は数年ぶりに国際基督教大学の研究会にお伺いしました。
私の専門は児童・生徒の日本語教育ということで申し上げていますが、各種勉強会・研究会の会場はICUでして、実際にこの分野をリードしている学校でもあります。

今回は初めて伺うセミナーで、国内外のインターナショナルスクールでの日本語教育担当者が複数集結しているようなところで、従来の日本語教育に加えさらに「継承語としての日本語教育」という視点でとらえることを目的にしていました。・・・今回の収穫は実に大きく、特に高等部での日本語教育に関する実践を中心に伺ってきました。従来の国語教育・日本語教育をパラダイムシフトする話だったりもするのですが、もう一歩踏み込んで一般な方にも通じる汎用性の高い話として、教育論全般に関わる話も出ていました。

何を持って学力があるとみなすのか・・・

評価の基準も、学力観も変わってきている現状において、言語・コミュニケーション教育も必然的に変わってきています。最先端での教育実践を伺ってきましたが、結論として「教師」にこそ真のパラダイム転換が求められることになるのだろうということを痛感しました。

・・・当ブログ、またもう一つのブログでもご紹介していきたいと考えています。

2009年3月27日 (金)

制服あれこれ話

りんどうです。

母が長年勤めたデパートがこの度閉館します。。
最終謝恩セールで今まで来たこともないようなお客様があふれんばかりに押し寄せていました。

3月は採寸の時期ということもあって、制服売場にも地味ながら親子連れが何組も来ています。

学校から”強制”されたものイメージの制服でしたが、1970年代後半からは、学校の理念を象徴するものとして特徴が出てくるようになり、おしゃれに変身していっています。

今や生徒の意見も取り入れる等でのリニューアルも激しく、私立中高一貫校6年間の間にモデルチェンジされた話もまったく珍しくなくなっています。

ブランドものの制服登場で、ELLEやベネトンが流行って、会員の女子高生も「自分の学校の特徴は?」という第一声が「制服がエル」だという話から始まるほどであったりします。
今や日本人デザイナーものも含めて、個性的になってきています。

上下で違う生地を使用したり、3種類以上から選べるアイテムになっていたり、タータンチェックを採用してシルエットをきれいにみせたり、最近はポロシャツで「カジュアル化」を図る制服もあります。

私は実物を見たことがある方はおわかりの通り、通常サイズではありません。そのため既製服は伊勢丹にいかないとないために、原則は「採寸」によってオーダーになってしまうのです。。。

就職先も基本的に部署に「制服のないところ」を探してエントリーしてみたりなども試みました。。
高校も「制服のないこと」が最優先でした。

しかしその都立も、制服を着なくて良くても、私服だと種類が必要で不経済ということなのか、好んで制服で登校する人が目立ってきました。都立学校も制服導入推進が一部で進んでいるそうで、時代の変化を感じます。。

確かにラクなんでしょうけれどね。。私はでも「私服」が良かったな・・・。
人それぞれですね。

追記:ポロシャツが導入された学校は確実に増えています。ポロシャツとジャケットが両方あって、夏の時期にポロシャツでOKというところが良いのかもという話を承りました。

学習・教育相談受付中!

教育コンサルティング部門です。

学習を主体とした相談を1回から受け付けております。保護者対象・学習者対象等用途に分けてお選びいただけます。
http://homepage3.nifty.com/rindo03/starthp/subpage11.html

「学習全般」と「キャリア支援」が二大柱です。
受験相談・塾・学校選び等のセカンドオピニオン、さらに受験情報の見方の伝授、海外帰国子女関連の受け入れ校・入試相談、仕事選び・学校選びから、不登校からの学習支援相談・・・ということで多岐にわたります。

また当部門では留学カウンセリングも承っております。(英語圏中心)

これから新年度を迎えるにあたっては、国内受験関連では志望校を目指して新しく勉強をスタートする時期です。そして何よりも現在の学習上の悩みを一つ一つ解消していくことが合格に結び付くことになります。
学習面における様々な問題に対して、お子様に適した解決方法(学習方法)をともに考えご提案をしていきます。

相談の受け入れの間口は広いものの予め具体的に的を絞ることをお願いしています。なんとなく不安ということでの漠然とした相談ではなく、納得を得て頂き、明日からの学習や進路の糧となるようにするためでもあります。

※学習全般で承りますので、弊会で現状行わないのは、育児全般の相談にあたるもの、乳幼児~小学校受験については対象外です。小学校での学習や編入という話は承ります。

教科学習では、日本の都道府県と川・山脈を効率的に覚えるにはどうしたらいいか?のような話からございます。

・志望校の○○校に合格するにはどんな勉強をしたら良いか?
・苦手な単元を克服するには?  
・基本問題は出来るのだが、応用問題になると何も書けなくて空白になってしまう。どうしたら良いか?
・文章題が強くなるにはどうしたら良いか?

という話がよくありますが、自身のケースにあわせて絞って質問をお願いします。

<国語>
・志望校の○○校に合格するにはどんな勉強をしたら良いか? 
・試験により点数の差が激しい。どうすれば得点を高めに安定出来るか?
・問題文の読み方が遅い。どうすれば速くなるか?
・読解力をつけるにはどうしたら良いか?読書する時間をどうねん出すればいいか?
・記述問題が苦手。どうしたら合格点がとれる答案が書けるか?

<全般>
・学習計画のたて方が分からない。
・学年別の効果的な学習方法を知りたい。
・志望校の出題傾向の見方を知りたい。
・模擬試験の結果がきたが、弱点分析方法を知りたい。
・過去問はいつから、どの様にやったら良いか?

その他ではノートがメモになってしまうので、整理するにはどうしたらよいか?
時間の管理や覚える項目の整理のコツ等もあったりします。

純粋に学習というわけではございませんが、不登校関連、引きこもりからの自立関連も専門として承っております。塾の先生とのコミュニケーションをどうしたらよいかという保護者相談も承ります。

納得を得られるということで好評をいただいております。
初めはメールでお問い合わせください。宜しくお願いいたします。
WAA06251@nifty.com

2009年3月26日 (木)

PR:落語会のお知らせ

事務局です。

「この人を聞きたい」落語シリーズで、三三・馬石二人会を開催するそうです。
落語が大好きな方々が集って、皆で笑いましょう!という会です。

第4回・2009年3月28日・土曜日 13時30分開場 14時開演
東洋高校オリエントホール(JR総武線水道橋駅徒歩1分)

当日3500円・予約3000円だそうです。
詳細はHPをご確認ください。
http://www.rakugokai.jp/15.html

こちらではアクセス落語塾というのも行っているようです。
どうぞ宜しくお願いします。

2009年3月25日 (水)

【重要】授業見学についての見解

事務局です。

2004年開設以来、授業見学についてのお問い合わせを多数頂戴しています。
しかしながら、殆どのケースで実現しておらず、原則としてご遠慮いただいております。

弊会では広報・PRの観点から、より多くの方に見て頂き、ご意見・ご批評を頂戴するなどして、ブラッシュアップを図ることも大切だと考えております。集客にも直結するわけですので営業的観点からも歓迎の意を持ちながらも、5年間の運営の中で、実現したケースは2件でした。

教育・研究のため、マスコミの取材のため、同業者間での研修のため、というものについてご遠慮いただくのは大変心苦しく存じますが、理由としては以下の通りです。

・弊会案件は1対1で行います。ただ個別指導なのではなく、集団授業でカバーしきれない需要のものを行っております。個別カリキュラムで行うため、入会希望者が見学したとしても、仮に担当者が同じ講師で同学年担当であったとしても、全く同一カリキュラムになることはまずないからです。

・現状では訪問学習(家庭教師)案件も多くございます。その場合、実施先である会員宅の取材・撮影許可が必要になります。殆どの家庭で保護者は勤務中のため不在にしています。第三者が入る場合、取材のために在宅していなければならない等の理由で、断るケースが非常に多いのです。

・成人であれば、指定レッスン場所で行う場合もあるわけですが、その場合も1対1で行う内容について(成人については仕事の内容等の情報が入るなどで)第三者に見られるのはいやだというケースもありまして、学習者本人が断るケースもございます。

また近年では、訪問学習案件においても、同一講師が同じ駅を利用する案件を担当しているというだけで、例えばJR大森駅であれば北と南で反対側で、大森と山王ということで違う番地であっても、機密情報を心配して断るケースまで複数出てきております。

交通費のために近場で依頼するのではなく、わざわざ遠方を望むケースもあるのです。

カリキュラムが決まっていて、その基本型の授業を行うことで実施できるレッスンでないものを担当していることもあり、諸々事情がある場合は特に、外部の方への公開は出来ないのです。

また弊会は2004年以来、一貫して「機密情報が守れる」ということが最大の利点になっています。
皆の眼を気にしないということを求めて、我々のところへやってきます。
講師にしても、本業がありますので、経歴を外部公開できる講師はほんの一部です。
(※最近は英語科を中心に前に出てもらっている講師を増やすようにはしています。)

一抹の寂しさはございますが、合格を決めたり、目標達成を成し遂げたりするための黒子としての支援が弊会の役目であり、進路へ向けて旅立った時、皆はもう後ろは振り返りません。
私どもはもうすれ違っても赤の他人になってしまったりするのです。

元会員とはゆるい繋がりであり、また課題があれば、それはその時に新たに始まるのです。

見学が出来ないことを補う形で、入会を検討している方には1回体験レッスンを実施しています。
入会したい方には、担当予定講師の授業を直接受けることができて、自身の課題に沿った内容が受けられます。

ただ会員として入会希望する以外の外部の方・・・すなわち研究者やマスコミの方々については、どうしても授業自体を見て頂くのが難しいので、総合HPをはじめ、ブログやメルマガを複数枚設けて記事を書いたり、講演や相談などという外部へ向けた活動を通して、間接的・直接的に広報活動を行っているのです。

正直、弊会には書籍出版を望む声も頂戴しています。
個人情報には抵触しない形で、ケーススタディを皆さまの教育の参考として知っていただくことも必要かと存じます。難しいけれども面白い案件ばかりです。潰れそうになってしまう講師も実際いますが、その分達成感はひとしおだと思います。

それもあって、講師研修を請け負う、ボッドキャスティングで語って商材にする等の検討も行っております。

・・・以上が授業見学についての見解です。原則実施していないので、代替として体験授業や事務局からの広報物があるということでご理解ください。

今後もケイ・ランゲージ・ラボの現状実施している事業は方針に変更はない予定です。
ただし通常スタイルの塾事業との協業等で、また別途新たなオープン型の授業も実施してみたいという意欲は十分にございます。そのための一歩として集団授業についての講師派遣を強化していきたいということを考えています。

皆さまのご理解を賜りますように宜しくお願い申し上げます。

新年度入会受付中!

語学教育部門です。

2009年度・新年度入会を受付中!です。
今回全コースにて募集がございます。

総合HPをご覧のうえ、コース・学年・地域・習いたい内容等を記載の上、メールにてお問い合わせください。
皆さまがお仲間になることを首をきりんにしてお待ちしてます!
それでは宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com(総合問い合わせ先)

オプション・サービス公開!

語学教育部門です。

語学教育部門にある総合HP公開以外の「隠れオプション・メニュー」を公開します!
一部は導入時にプレス・リリースしたりもしています。。

1.学校行事参加代行・学校説明会参加代行

学校選びに迷われている方や忙しいために学校へ行けない方のために、教育のプロの視点で学校行事や説明会に参加し報告するサービス。

※帰国予定で現在海外在住という方にも好評です。

2.塾・予備校選びのための説明会同行または参加代行

塾・予備校選びに迷われている方などを対象に、教育のプロの視点で同行または説明会参加代行を行い報告するサービス。

※弊会は個別指導・家庭教師派遣センターのため、塾・予備校選びの対象は、集団塾・予備校が対象になります。

3.海外在住者のための学校案内・入学願書取り寄せ代行

帰国予定だが、海外からの取り寄せが困難な場合に代行しています。

4.幼児教室・習い事の付添・補習(幼稚園年長~小学生を主に対象)

外国籍の保護者で、言語面で日本での習い事への付き添いが困難な方向けに、保護者の代わりに同行し習得内容を把握して、補習まで行います。

料金は1件あたり、1時間当たりの単価になっております。
詳細はお問い合わせください。

教育に関するパイオニアとして皆さまのニーズにあった支援を行います!

・・・特にこの4.の付添というのは、弊会ではいわゆる家事代行は一貫して行いませんので「習い事の付添」が主になります。日本語習得のために屋外学習が必要であるとか、学習サポートの一環となっている場合に行います。

保護者が付き添って習い、帰宅してから子供に教える場面は多々あると思います。
外国籍の保護者にとって日本語での指導なので重宝するということです。

またこれの変形バージョンでは、障害児対象の指導での付添・補習もあります。これも「学習サポート」と認められる内容で行っています。

※ご要望をお伺いし、充分な打ち合わせの下で行っております。
当日キャンセルにつきましてはいたしかねます。その場合キャンセル料として100%料金が発生します。急なご依頼にも対応しておりますが、余裕を持ってご相談されることをお勧めします。

実際にはオプション・サービスなので、弊会で何らかのサービスを受講している方で、対応講師スタッフがいる場合に限りますが、ご紹介を致しました。それでは宜しくお願いいたします。

2009年3月24日 (火)

ペン習字開講!Vol.2

カルチャー部門です。

ボールペン字については、これまで学校教職員ならびに志望者の方を中心に行っていました。
美文字を丁寧に書くのと同時に、集中力がつく!というのが評判です。1対1でペースにあわせて出来るのも魅力の一つです。

今回はペン習字にチャレンジしてみたい全ての方向けに、カルチャーでの生涯学習として行いますので、個々の事情にあわせて無理なく継続できるようにしています。
1回は1時間。・・・週4時間標準です。週1回が多いですが、振替をしたかったり、週1回固定の時間に行くのが難しいという場合、月2または3回というのも承ることがございますが、それでも最低月4時間でお願いしています。週1回の場合、第5週目は実施をするか予め選択が可能です。出張は原則近隣でお願いしています。
また「カルチャー講座」につきましては、語学以外では「ペン習字・書道」が日本文化の一環として設置するものとして唯一レギュラーになりましたので、その他の教養講座はこれまで通り単発になります。

なお創作・筆文字など中上級コースも整備しまして、書道・ペン習字の講師を招へいしました。

服部龍太郎講師
駒澤大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得 満期退学
駒澤短期大学国文科元講師
毎日書道展「毎日賞」受賞をはじめ受賞歴多数。
「書・男三人展」開催(於中央区銀座)個展開催(於世田谷区)の他、書家として活躍中。

1時間あたり3000円・月12000円(月4時間の場合)交通費がかかる場合別途
入会金・永年適用全コース共通・15000円

・・・ですが、コース開設を記念して、5000円OFFとします!(2009年4月末まで)
1回レッスンも行いますのでぜひご検討ください。(3000円/1回)宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com (カルチャー部門)

装い新たに!ペン習字開講!

カルチャー部門です。

会員向けコースとして単発企画で運営していた人気セミナー「ボールペン習字」を装いを新たに新規開講します!
今回2人指導体制で行います。世田谷区近郊を中心に開講します。

鈴木啓水先生のお手本を臨書することを基本とします。
自宅練習など進度も様々ですので、ペースにあわせて継続できます。
標準カリキュラムは以下の通りです。原則としてすべて「楷書」からスタートします。
※特別に「つづけ字のみ」という需要もお応えします。

速習1~3か月(通常1~6か月)ボールペン字入門・楷書
速習4~6か月(通常7~12か月)ボールペン字・つづけ字

ここまでで一通りが終了します。間に季節にあわせて作品制作が入ることが多いです。
それ以降は筆ペン字・創作・毛筆・写経等、個々にあわせてコースがわかれます。

いずれにしても最低3か月は継続することを前提にしていますので、ご了承ください。
通信講座を受講したけれども「積ん読」になっていてたまっている方についても、その教材でご指導できます。

詳細は別途掲載します。宜しくお願いします!

岩崎恭子さん、結婚おめでとう!

りんどうです。

沼津東高校に在籍していた頃でした。
沼津の夏がフィーバーになったオリンピック。

そんな中、中学生で水泳女子200メートル平泳ぎで優勝をした岩崎恭子ちゃんが登場。彗星のごとく金メダルを取りました。テレビインタビューで「今まで生きてきた中で一番幸せです」とコメントして一躍国民的人気を集めたのは記憶に新しいと思います。

パレードの時は沼津の街じゅう大騒ぎ。「恭子ちゃ~ん、おめでとう!」と叫んで、にこっと微笑んでくれて、目があったよ!といってはしゃいでいた高校生の私。それほど昔でないような気がしますが、月日は刻々と過ぎていたようです。

その恭子ちゃんも今は30歳。ラグビーの元日本代表FW斉藤祐也選手(31)と来月結婚するそうです。
本当におめでとうございます。いつまでもお幸せにね。

・・・話かわって、講演で実家に戻ったとき、かつての街の姿とはうってかわっていました。
静岡県も本腰を入れて街おこしが必要かも知れません。。

2009年3月23日 (月)

住み込み案件についての回答

語学教育部門です。

通常の案件と異なり「住み込み」で訪問学習を行ってほしいという問い合わせに関する一般的回答を公開します。

弊会では1人の講師が会員宅に住み込んで長期継続指導を行うことは行っておりません。
理由としては、講師それぞれに他の業務を抱えており、家庭に入っていても、介護・育児等の生活があるため、事実上不可能になっております。

ただし弊会でお引き受け可能で必要性が認められる場合、例えば週2回ずつのローテーションで複数講師がかかわる形での対応は考えられます。専門性を持った講師陣の選択を行っていきます。

いずれにしても特殊案件対応になります。対応可能な講師はごく限られてきますが、ご了承ください。

宜しくお願いいたします。

日本語教育に関する強み

語学教育部門・日本語科です。

今回は外国籍対象日本語教育に関する内容でお届けします。

弊会では代表をはじめ、日本語教育のプロフェッショナルが必ず在籍するようにしております。
主な対象は、児童・生徒対象日本語教育、ビジネスマン日本語教育になります。

児童・生徒対象では、学校での学習における教科支援の橋渡し、さらに進学へ繋げます。
ビジネスパーソン向けでは、それぞれのレヴェルや必要性に応じて、人事考課・日本語能力試験・ジェトロテスト・商談など到達目標を設定して実施します。

いわゆるビザを発行するような日本語学校の運営をするのかという問い合わせを行政関係からも頂いたことがございましたが、弊会ではこれまでも今後も行う予定はございません。

就学生・専門学校生対象は主な業務からは外されておりました。

ただし留学生であっても、現役予備校講師であり、また進学に関する日本語指導に定評もございますので、留学ビザ・就労ビザ等の正規ビザを取得している方の訪問学習等での個別指導は、ご要望により2009年度から受付を開始することにいたしました。

代表をはじめ、アドバイザー陣も日本語教育においてプログラムコーディネーターをはじめとするプログラムの運営、責任者の経験があり、チームティーチングの際にリーダーも行っております。専門学校等での留学生指導実績もございます。関連サービスに関しましては、講師派遣・講座受託も承っております。

詳細は別途お問い合わせください。宜しくお願いいたします。

2009年3月20日 (金)

補欠・繰り上げ合格について

語学教育部門です。

今回は私立中学の繰り上げ合格・帰国子女関連でお話します。
応募資格要件が各学校で異なるので、確認して出願する帰国入試ですが、通常入試より1か月程早いのが特徴です。多くの学校は正規の合格者を発表した後、辞退者の数に応じて繰り上げ合格者となったりするケースがあるのですが、ポイントとして学校として「補欠・繰り上げ合格制度」そのものがあるかどうかは確認する必要があります。弊会では併願の場合、繰り上げがある学校も入れて出願を促しています。

合格発表して、辞退者が出ても、その後繰り上げは一切しないところもあります。(例:頌栄女子等)

帰国入試も通常より分量等で調整した学科試験のところと、英語・作文・面接のようなところとあります。
学科試験を課すところで人気の高い学校では、成蹊中・国際学級等がありますが、こちらは繰り上げ制度がございますので08年度を例にします。

男・女応募者 29名 25名 受験者 29名 21名 合格者 12名 11名 倍 率 2.4倍 1.9倍 補欠発表 10名 4名
繰上げ合格 10名 4名

実際には合格は男子22名 女子15名ということでした。

こちらは年度によって繰り上げ合格者数やボーダー等も差異があります(というより大きめです)が、この年度では1月9日実施で翌日発表・補欠もあわせて発表後、手続が14日。繰上合格はそこまでに連絡とありますが、実際状況により後からも連絡があることがあります。・・・

思いっきりがっかりしているのを切り替えて、春休みに楽しい思い出作ろうかと思っていたら、合格通知がひらひら・・・ということも場合によってはあるわけです。
(※実際にはまずは電話で来るんですけどね。)

繰り上げ制度の有無については、志望校選びや併願の際に確認しておくと、もしかすると良いかもしれません。

2009年3月18日 (水)

講師・合格実績 一部抜粋

語学教育部門です。

講師・合格実績についての一部抜粋・更新版を掲載します。

東京大学理科Ⅱ類 上智大学理学部 上智大学経営学部 立命館大学アジア太平洋 立教大学理学部 法政大学人間環境学部 学習院大学文学部英文科 津田塾大学学芸学部 日本薬科大学薬学部 東京薬科大学薬学部 成城大学社会イノベーション学部 日本大学理工学部 駒澤大学グローバルメディア学部 大妻女子大学家政学部 その他多数

慶応女子高 都立富士高 横浜翠嵐 神奈川総合 外語短大付属 光陵 相模大野 希望ヶ丘 厚木 大和 法政大学高 中央大学杉並 東京農業大学第一 広尾学園(特進) 中村(特進) 保善(特進)世田谷学園 成城学園 武蔵工大付属 共立女子 大妻 国学院久我山 城西大学付属城西 恵泉女学園 和洋九段女子 多摩大学目黒 都立桜修館 東横学園 佼成学園 目黒学院 駒澤大学高 日本工業大学駒場 日本学園 国士舘 駒場学園 都立千歳丘 その他多数

※今年度ラボは過日お伝えの通り、センター・一般入試受験者が出ませんでした。諸事情により予定とは異なる結果になっております。予めご了承ください。
※総合HPについて2009年1月より更新できない状態が続いております。What's NEW!にあたる内容は各ブログに掲載いたしますのでご了承ください。

2009年3月17日 (火)

世界の割り算・筆算

語学教育部門です。

帰国子女・インター生指導を行う中で、あまり外には語られないけれども面白いことがあります。
この間、和光鶴川小学校3年次の算数の実践で行ったという話を伺い、抜粋しながらお話したく思います。

「わり算(1)・・・多位数÷一位数」の授業で、わり算の筆算の記述をみんなで考えることになりました。3の2では11通りのやり方が出てきました。それぞれのやり方を交流したあと、世界のわり算の筆算を紹介すると、クラス1やんちゃで聞かん坊のR君のやり方が、オランダ、ポーランド、スウェーデンの方法にとても似ていることにみんなが気付きました。

クラスのみんなは「Rすごーい」と自然に拍手が起きました。なかなか授業中に座っていられないR君ですが、す
こしずつ授業に参加できるようになりました。その後「三位数÷一位数」で「たてる、かける、ひく、おろす」のアルゴリズムを考えるところでは、クラスで5通りの考え方が出されました。

一つ一つのやり方を説明しているところでR君は「Kのやり方はとてもよく分かるよ」と共感の発言をしました。Rを含んで、クラスの中にそれぞれの考え方が尊重され、学習の共同と共感が広がるなかで、算
数の授業は落ち着いてきました。当たり前のことですが、いつでも子どもたちは認められたい、認めたいと思っているのです。

割り算の筆算の記述は、国ごとに異なります。
私どもでは日本でのやり方も紹介するものの、それぞれのやり方を尊重しています。
またインターでは教科書が日本のものではないため、その国のやり方がスタンダードということです。
そのため多様な算数・数学語の記述の面白さを体感できる単元にもなっています。

実際通常の日本の小学校で、このお話を真正面から取り上げた例を、私どもは初めて伺いました。
算数・数学の表現を知るという意味でも、総合学習で取り上げると異文化理解に繋がる話のようにも思います。

・・・私どもの指導についての希望でも、この記述方式指定がある場合、予めおっしゃってください、と申し上げていたりもしますので、皆様に広報しました。。

参考:和光鶴川小学校 http://www.wako.ed.jp/e2/

2009年3月13日 (金)

専門高校と高専の違い

教育コンサルティング部門です。

例えば”工業高校”と”工業高等専門学校”と”工業専門学校”は明らかに異なりますが混同してお話されるケースが目立ちます。

以前に高専関連で記事を記載しましたが、工業高校または専門学校と勘違いされていたり、イメージがわきにくいようでしたので、どのようにご説明したらよいのか考えまして、理解を促して頂くためにも、同じ地域の学校を例にお話することにいたします。

工業高等学校は「専門高校」の一つで、工業系専門科目を学ぶ「高等学校」です。
沼津の拠点から徒歩圏にある学校を抜粋します。
静岡県立沼津工業高等学校 http://www2.tokai.or.jp/numako/ord/index.html

この学校の場合は1年生は共通で、2・3年生は機械科 電気科 電子科 建築科 土木科 物質工学科にそれぞれわかれます。学校によってはじめから科をわけて入試をしたり、逆に総合的に専門科目を学ぶところもありますし、工業系といっても設置されている科も様々です。

進路としてはAO・推薦での大学進学、高専進学、地元優良企業などへの就職と続きます。
http://www2.tokai.or.jp/numako/ord/index.html

次に工業高等専門学校ですが、高等学校ではなく「高等専門学校」ということで、高等学校+専門学校という位置づけの高等教育機関です。短期大学卒と同等とみなされます。卒業後も勉強を続けたい学生には、大学3年生
の編入学の道が開かれていて、多くの高専には高専卒業後2年間の修学期間をもつ専攻科が設置されていますので、さらに2年在籍し、7年間一つの学校にいる生徒も少なくありません。
進学した専攻科が大学評価・学位授与機構の認定を得ている場合は、同機構の審査を経て、専攻科修了時に学士の学位を得ることが可能で、そこから大学院受験の道も開かれています。

中学校卒業後の早い段階から、実験・実習・実技を重視した実践的な技術教育や少人数クラス編成によるきめ細かな教育指導を通して、5年一貫の効果的な専門教育を行うことによって豊かな教養と専門の工学とを身に付けた実践的技術者の育成にあたります。全国に63校あります。

国立高等専門学校機構 沼津工業高等専門学校
http://www.numazu-ct.ac.jp/
機械工学、電気電子工学、電子制御工学、制御情報工学、物質工学の5学科と専攻科があります。

遠方からの学生もおり、国立高専は寮制度が充実しています。この学校は1年生全寮制で、寮に全学生の半数以上に当たる550名以上が生活していると言われています。
※東京都立高専は本来、東京都在住者のための設置ですのでありません。
教員陣は高等教育機関ですので、教授・准教授・講師・助教と呼ばれ、教諭ではありません。

進路としては、国立大学の工学系の学部を中心に、毎年70人程度が進学(編入学)する他、沼津高専専攻科へも20人以上が進学、就職は希望者全員が決定しています。

最後に沼津地域で分野の近い専門学校で例を紹介します。
沼津情報専門学校 http://www.numasen.ac.jp/
静岡理工科大学が運営する専門学校ですが、こちらは卒業後すぐにプロとして活躍できるように、必要な実力を実習中心に実践的訓練を受ける高等教育機関です。

専門課程には高校卒業以上で入学、こちらにはございませんが、高等課程設置があれば、中学卒業以上で入学できます。2年間の課程を修了し、関連分野を中心に県内外に就職をしていきます。

それぞれ設置の目的もニーズもカリキュラムも異なりますので、工学系に関心のある方につきましては、充分に理解を深めて、自分にとって合う進路を見つけてほしいと思います。

静岡県・沼津方面が対象地域になります!

語学教育部門です。

代表の長倉については、静岡県沼津市に拠点があり、決定している状況ではありませんが、静岡県東部での拠点も模索しています。
また静岡県立沼津東高等学校普通科に在籍していたこともあり、地の理も比較的詳しいです。
(※高校1年9月~高校2年迄。現在イマージョン教育で話題になっている加藤学園暁秀とも目と鼻の先です。)

沼津へは新幹線経由で向かう以外にも、小田急線・あさぎりがあり、その他ルートでも比較的行きやすい地域になります。
渋谷マークシティWESTの5階には「高速バスターミナル」があり沼津(1日3本)静岡(1日5本)浜松(1日3本)の直通バスが発着しています。

特に高速バスは新幹線より多少時間はかかるものの(3~4時間)圧倒的にリーズナブルな交通費です。

高速バスについては、渋谷拠点だけでも、「都市間高速バス」が発着してります。路線は、酒田、沼津、静岡、浜松駅、金沢・加賀温泉、京都方面・枚方車庫行き、大阪、姫路駅、出雲市駅、徳島駅前です。
また「羽田空港行きリムジンバス」「成田空港行きリムジンバス」の発着があり、高速バスの拠点も新宿、東京、その他がございます。

遠方地域はともかく、沼津近辺につきましては対応は可能という判断になりましたので、2009年度から問い合わせを受け付けます。
交通費はいずれにしても学習者負担になります。詳細はお問い合わせください。宜しくお願いいたします。

WAA06251@nifty.com

2009年3月 9日 (月)

障がい児対応についての見解

語学教育部門です。

ケイ・ランゲージ・ラボ ことばの教室として、2004年に正式スタートしています。
・・・ただ”ことばの教室”という文言をめぐり、5年を経た今になっても、言語障害の吃音指導等と勘違いされるケースが後を絶ちません。紛らわしいというお話も多く頂戴していますが、改めてご説明いたします。

私どもは「学習指導」を主眼とした1対1指導を行っています。
ことば・コミュニケーションを柱とした指導を個々にあわせて行っています。
その中には「読み聞かせ」や「日本語の話し方」のような内容も段階に応じてメニュー含まれることもございます。
また算数の指導では言語ならびに空間概念の構築を支援するような内容を行い、一定程度の成果も挙げております。

障がい児対応の指導におきましては、通常の教員経験、または教員免許取得者のほかに、障害児教育経験を持つ講師が若干名、さらに障がい児指導に理解がある講師が指導にあたっております。

ただ弊会では教科指導のプロを公募・招へいしている関係上、心理士資格、専攻経験(障害児教育・心理・保育・福祉)は乏しいのが現状です。逆に若い講師で臨床心理学専攻を改めて志す人については、積極的に促す等で、特に学習指導に加えてマインドケアが可能な人材は求めてはおります。

そのため現時点で肢体不自由等の身体障害以外では軽度の方の「学習指導」を中心としてお引受けをしており、ほぼ100%訪問学習での対応になっております。そのため吃音指導などを含めた言語障害教育や療育にあたる内容は一切専門外ということでご了承くださいますようにお願いします。

なお障がい児・障がい者指導で定評があるとされている家庭教師センターにつきましては以下のとおりです。
(※都内近郊中心に調査して、弊会で把握している内容を掲載します。いずれも障害による家庭教師候補者選考派遣作業の難しさの為の特別料金追加等がないところということで伺っています。)

家庭教師のオンリーワン http://only-one.tv/tutorial/index.html
家庭教師のアーク http://www.arkstyle.co.jp/index.html
家庭教師のプライベートジョイ(聴覚障害者対応)
http://www.joy-c.com/private_joy/

※情報としての把握ですので、他社事業サービスについての詳細は、事業所に直接お問い合わせください。

私立での学校教育で臨床研究がさかんに進められているところも参考までにご紹介します。
共同教育という観念での学校通級が可能な方は、今やや狭き門になっていますが、弊会事務局から徒歩圏にある和光学園で若干名の受け入れ枠がございます。
以下は小学校における内容です。
http://www.wako.ed.jp/e/education/cooperation.html
受け入れの原則は以下の通りと伺っています。

・学校で取り組まれる主要な活動・課題の達成のために担任以外の介助員を必要としない児童。
・和光小学校の教育課程と発達過程の間に、共通部分を有する児童。
・身体による活動、言語による活動を通じて、学級集団と交流を作り出していける児童。
・家庭がその子の障害の事実をしっかりと捉え、学校と一致して働きかけていく姿勢と条件を整えていること。
・受け入れの人数は学級1名から2名までとし、構成される学級集団の状況を考慮して、その都度決定する。

以上、ご参考になさってください。

弊会での指導をご希望される方におかれましては、弊会の専門が活かせる場合、積極的に支援をしたく存じます。ご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

※長倉圭井子事務所では、別途障害者対象の就職支援サービスを開始しています。
愛の手帳持参の方が対象です。詳細は事務局までお問い合わせください。

訪問学習(家庭教師)サービスの特徴

語学教育部門です。

マンツーマンレッスンで各教科のプロ講師を独り占めできるのが最大の特徴です!
弊会ではいわゆる家庭教師サービスは「訪問学習」と呼んでおります。

「場所が自由になる個別指導」を唱い成人指導からはじまっています。未成年者向けには屋外指導は行わず、適切な場所として、訪問学習のほか、講師拠点での指導が中心になっています。

訪問学習にかぎらず全てのレッスンで、原則的に教科の担任講師がレッスンに伺いします。学習者の英語力を最もよく把握している講師が継続してレッスンを担当するので、学習者の現状と目標を理解して最適なレッスンを提供することが可能です。

また レッスン以外の時間をどのように過ごすかを指導することも行っています。
レッスン中に各教科を指導するだけでなく、レッスン後の一週間をどのように学習と付き合っていけばいいかも指導します。いわゆるその教科を教える家庭教師という役割だけでなく、学習のペースメーカーという大切な役割も担います。

また「学習のペースメーカー」のみを希望される方についての制度も、教育コンサルティング部門で別途行っています。語学力保持がニーズとしては多いですが、講師陣から習うという状況を超えている方でレッスンという形態を必要としない方で、自学自習で行う方が利用しています。おおむね上級を修了したような方や留学帰りの方には好評です。

未成年指導での「学習のペースメーカー」では、例えば中学受験で既に大手塾などに通いながら、補習を必要としないものの、自宅学習のペースメーカーや進捗管理等をサポートしてほしいというもので、いわゆるレッスンを伴わない形でサポートするような利用がございます。

相談の一形態として取り扱っております。詳細はお問い合わせください。

開始月は、全てのコース共通で実質回数分のご請求となります。
お支払いは指定口座振込で行っています。弊会は三井住友銀行口座になっております。
入会金・レッスン料金とは別途頂戴いたします。入会金は開始月のレッスン料と一緒に入会時一回のみご請求させて頂きます。

なお教室維持費や冷暖房費といったものを頂戴しておりません。ただし訪問学習のレッスンに伴い、別会場を用意するということが発生した場合、原則学習者側で用意をしていただくことにしています。弊会で用意する場合には、弊会指定の成城ルーム以外については、レンタルルームやホテルルーム代は学習者側負担でお願いします。いずれにしても予算や場所・環境などを配慮して双方話し合いで決定します。

上用賀事務局のレッスン・ルームは代表が担当するレッスンの一部のみが利用できます。

教材は指定のものを各自ご用意いただくか、プリント対応が殆どですが、教材費が発生した場合、実費のみ別途ご請求させて頂きます。お客様に金額のご確認を頂いてからのご請求となり、1万円を超えるような高額商品は、指定教材として一切使用しません。これは洋書指定でも同様の考え方で運営しております。弊会では講師テキストについてもご用意をお願いするものの、事実上一部は講師負担になっているケースで1万円を超えるような高額商品をご指定された場合、講師用テキストや控えコピーがないと事務局からの補助でも賄えずに負担が増大するため、一律使用しないということでお願いしております。

なお弊会では「一時帰国・帰省のための短期受講」というのも定員に余裕がある場合承ることがございます。
入会金は通常通りお支払い頂きますが、永年適用ですので帰国のたびに受講可能です。
集中講座の扱いになっており、1テーマ集中のような形式で行っています。

なお「季節講習のみ受講」は、遠方・一時帰国などのやむを得ない事情の方で集中レッスンを受講したい方、弊会のコースを修了した方へのフォローアップを目的にしているものですので、通常のレギュラーコースが受講できる方対象を想定していません。テストの前だけ1,2回見てほしい超短期受講のような指導は、効率的な学習や成績アップなどが望めないのでお受けしませんのでご了承下さい。

短期受講の該当の方で、宿探しが必要な場合、ご協力しますので別途お申し出ください。
よろしくお願いします。

WAA06251@nifty.com

浪人についての見解

語学教育部門です。

国公立大学・後期日程が残っていますが、3月入試で決めるわけではなく、あくまで浪人生として再起動すると考えている方については、4月中旬まで待って・・・というより、この春のスタートダッシュが肝心なところだと思います。(※志望校が3月行っている場合、目の前の受験に集中してください。)

なお一般論として、大学合格を目指す浪人・高卒生の方には家庭教師をお薦めしています。なぜなら既に集団授業としては受講しているわけで、あとは個別で穴となるところを埋めていく作業や基礎が抜けているならそこから建て直していく作業などは、個別の方が圧倒的に効率がいいからです。

ただし弊会は予め申し上げておきますが、最も受講者層が多いのは、高校生、高卒生、社会人の順で行けば、社会人>高校生>高卒生 ということでお受けした浪人生は100%「一浪生」でした。そこで皆合格するからです。つまり多浪と呼ばれる方をお預かりした経験はございません。やり直しを含めて社会人再受験生はございます。

ただ他流試合でよそで修業をした際に、特に2浪以上の大学受験生でも、弊会で行うような完全担任制1対1指導であれば、かなりの精度で成果があがるということがわかってきまして、他予備校で残念だった2浪という方にむけても門戸を広げて力を入れていこうということになりました。

とにかく今の時点でお伝えしたいのは、勉強の再スタートを4、5月まで延ばしてしまったり、合格しなかった原因が何かを見直さないために再度同じ一年を過ごしてしまったりにならないように、反省するところはして、もう今から再スタートを切るべきです。

時間の使い方、勉強への取り組み方、他人の意見に対する捉え方など反省、改善点を点検する必要があるかと思います。

なお弊会では指定する模擬試験は必須ですので、ご了承ください。

大事なテスト前には追加したい等、レギュラーレッスン以外にも、1回から追加レッスンがOKです。
原則担任制のため、担当講師が行いますが、急なご依頼で担当講師が都合つかなくても、弊会講師から教科担当講師が伺い直前対策を支援します。

宜しくお願いします。

WAA06251@nifty.com

主な受講目的・海外帰国子女編

語学教育部門です。

受講目的は多種多様ではありますが、未成年コースの共通な特徴として、学校の補習・進学に関係するものが圧倒的多数です。

特に海外帰国子女対象コースでの受講目的について、おもなものを公開します。

日本語指導に定評が高いため、日本語フォロー+教科支援への橋渡しを希望するのが主流コースですので圧倒的ですが、目の前の短・中期目標以外でもっと長期にわたった目標もありますので、目的は複数あったりします。

サポートはインターナショナルスクール生の”サポート”もありますし、塾や通信教育といった学校外教育サポートもあります。

意外に多いのが「英検」指導でして、定評がございます。
留学準備という受講目的はハイティーンかそれを過ぎてからが多いのが特徴です。

受験指導についても、志望理由書の作成講座から個別面談まであらゆるサポートメニューをご提供しています。
海外帰国生向けの進学・受験情報も充実しています。是非ご検討下さい!

WAA06251@nifty.com

2009年3月 2日 (月)

ヨハネの森に行ってきました!

りんどうです。

予告通り江戸取に続き、暁星国際学園・ヨハネ研究の森に行ってきました!
授業終了後、深夜高速バスで向かい木更津にホテル宿泊して、タクシーにゆらゆらゆられて、山を越え~行ってきました。

こちらは大分以前から注目されていたところでして、今をときめくピーチ・ジョンの野口社長のお子様達が学んで、学業や芸術面での成果が上がったことでも知られています。欧米型ボーディングスクールに関心のある方をはじめ、ベンチャー企業の経営者・役員等も含めて、30代・40代の方々を中心に注目が集まっている学校です。

ただ今回はこちらの判断で公開での所感は差し控えることにいたしました。

関係がある方、相談の方等に個々お伝えいたします。
ただしこれだけは重要ということでお伝えいたします。

募集要項には新小学4年~新高校1年ということで掲示がありますが、実際には高校からの入学はそのお子様にもよって受け入れになるそうですが、原則としては中学3年1学期位までを最終目安として受け入れを行うそうです。つまり通常の高校一般入試の感覚とはだいぶ異なります。もっと下の学年での受け入れが主なのです。

また「体験入学」が入試事前にあって必須なのですが、それでほとんど決定します。
相性を図る上でも重要な行事になっています。

シュタイナーやモンテソーリ(弊会の関係者はモンテソーリを土台にしたと思っている人が多かったのですが)実際には、日本の徒弟制などを基盤にしたり等、幕末の私塾がモデルということでした。

足を使って実際行ってみないとわからないことが多いですよね・・・世の中の基本みたいですね。
寮の学校は特にそうですが、必ず両親だけでなく、事前に本人も行くことが大原則です。
ネットだけではなく、必ず足を運ぶ手間をかけることを強く勧めます!

ヨハネの森に行ってきました!

りんどうです。

予告通り江戸取に続き、暁星国際学園・ヨハネ研究の森に行ってきました!
授業終了後、深夜高速バスで向かい木更津にホテル宿泊して、タクシーにゆらゆらゆられて、山を越え~行ってきました。

こちらは大分以前から注目されていたところでして、今をときめくピーチ・ジョンの野口社長のお子様達が学んで、学業や芸術面での成果が上がったことでも知られています。欧米型ボーディングスクールに関心のある方をはじめ、ベンチャー企業の経営者・役員等も含めて、30代・40代の方々を中心に注目が集まっている学校です。

ただ今回はこちらの判断で公開での所感は差し控えることにいたしました。

関係がある方、相談の方等に個々お伝えいたします。
ただしこれだけは重要ということでお伝えいたします。

募集要項には新小学4年~新高校1年ということで掲示がありますが、実際には高校からの入学はそのお子様にもよって受け入れになるそうですが、原則としては中学3年1学期位までを最終目安として受け入れを行うそうです。つまり通常の高校一般入試の感覚とはだいぶ異なります。もっと下の学年での受け入れが主なのです。

また「体験入学」が入試事前にあって必須なのですが、それでほとんど決定します。
相性を図る上でも重要な行事になっています。

シュタイナーやモンテソーリ(弊会の関係者はモンテソーリを土台にしたと思っている人が多かったのですが)実際には、日本の徒弟制などを基盤にしたり等、幕末の私塾がモデルということでした。

足を使って実際行ってみないとわからないことが多いですよね・・・世の中の基本みたいですね。
寮の学校は特にそうですが、必ず両親だけでなく、事前に本人も行くことが大原則です。
ネットだけではなく、必ず足を運ぶ手間をかけることを強く勧めます!

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »