無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月 7日 (月)

講師応募者への回答

語学教育部門・採用担当です。

業務範囲に「入試応援」がありますか?というご質問を頂戴しました。

弊会では完全1対1で、教科担任制を採用しています。裁量権をもった形で事務局バックアップ・サポートの下で、プロの講師に指導を任せるのですが、いわゆる集団塾にあるようなねじり鉢巻きの「総決起集会」や「入試激励会」というものは催しておりません。

それぞれが自分の課題や志望先にあわせて入試準備するのを応援する、という案件につきまして、円滑なコミュニケーションや学校での様子を把握するなどのために、学校が公開している行事・・・たとえば文化祭に事前に告げずに飛び入りのようにして、そっと見学するというようなことは行ったりします。

今後の継続指導が必要な際に円滑に指導するため、私どもの会員について、どの学年に誰が在籍しているというようなことを公開をしないので、入試応援で当日校門前で「がんばってね」握手はせずに、直前最後のレッスンで十分な入試応援を行うということで徹底しています。

それぞれ講師がその時刻に他業務で校門に立てないのも理由として大きいのですが、私どものスタイルとして、十分に結果を出しています。

別の契約のJobでも「販促応援」のために学校説明会での校門配布について、講師・スタッフの副業やかけもちを可能にしている分、現在勤めている他の塾・教室に見られるのを避けたい、という話もございますので、その点も最大限配慮して行っています。

その他ご不明な点につきましては事務局に直接お問い合わせください。

四谷大塚生フォロー・コース

語学教育部門です。

中学受験指導コースの中で、最も長い歴史があり定評を頂いている看板コースです。

ちなみに四谷大塚直営校舎の受講生のみならず、準拠塾通学生、テスト生、Web学習などで四谷大塚の内容で学びたいという方の期待にもお応えしています。

基本的に四谷生フォローを中心としていますので、「予習シリーズ」で行うことが主となりますが、準拠塾などでアレンジしたテキスト・プリントなどがありましたら、それに応じてアレンジして行っていきます。

一時期1年生から対応するリトルスクール、リトルクラブのフォローも行っておりましたが、3年生からの入会とさせていただいておりますので、ご了承ください。

スケジュール管理をきちんと行い、塾の授業とのバランスをみて、一行問題集や演習問題集を行っていきます。

予習シリーズを熟知していますので、完全フォローを行えます。特にYTのクラスを上昇させる需要が多く寄せられ、高い満足度を誇っています。最上位クラスに昇格させた実績もあります。

さらに難関上位校向けのプラスアルファの学習にも対応しますので、志望校にあった対策が行えます。

※早稲田アカデミー通学生につきましては、これに加えてWベーシック対策も行っています。週例テスト・総合回などの対策も行い、SS選抜の対策も行っています。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »