無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年7月

2011年7月 1日 (金)

振替は「後日振替」

事務局・語学教育部門です。

前身機関の頃、さらに開設当時から「振替制度」があることで、社会人、未成年会員共に大変ご愛顧いただいております。グループレッスンであれば、社会人の出張、未成年の部活動の遠征、合宿その他で休む必要が出た場合も、そのまま先にいってしまうものが、マイ・ペースで出来るので、欠席になるのが非常に少なく済むことが挙げられます。

よほど突発的なお休みを続けることがない限り、それぞれの会員の皆勤も珍しくないという状況がございます。

最大の特徴である「振替制度」ではございますが、近年に入って乱用ともとれることが一部で行われており、支障が出ております。

振替制度は「後日振替」というのが当初からの意味です。

曜日・時間帯固定制ですが、何らかの事情でやむを得ず振替というものですから、後日振替になるのが常です。

一括払ではなく、月謝制・1カ月更新ですので、原則はその月に振替まで消化するものです。しかし双方調整の都合もありますので、その月に消化できなかったレッスンを後日に回すために、次月繰越、次々月繰越、長期休暇おまとめ繰越などがあるのです。

有効期間は最大で1年ですが、通常は4半期ごとには消化しています。

近年の乱用で支障が出ているのが、先の日程に行うレギュラーレッスンの日程について、振替を明日やってほしい、というような緊急に迫った日程で前倒しで”振替”と称すものです。

理由を必ず届けていただいていますが、理由にならないという判断のものもあり、明らかにテスト対策の直前のために、先のレギュラーレッスンを前倒ししたと思われるものまであります。あとはこの日の前に遊ぶ予定でかったるいから、等もありました。

レギュラーレッスン以外にテスト対策を直前にやってもらいたい、という時は、1回から追加レッスンがOKですので、そのような対応でお願いします。レギュラーレッスンを行うのを犠牲にし続けて、その場かぎりのテスト対策というのを、中長期的な成長のために推奨しないスタンスを取り続けていますので、望ましいあり方ではないからです。

保護者経由で届出をしていただくことを必須にしていたにも関わらず、不可解なご要望で講師の多忙な日程の支障になっているので、明確に「後日振替」ということで明示をさせていただきます。

当該措置につきまして何らかのご意見が関係者であるようでしたら、事務局で伺います。

宜しくお願いいたします。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »