無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月

2015年11月17日 (火)

受験相談会・確認ポイント2

事務局です。

これらの記事は中学生の高校受験を念頭に書いています。先ほどの続きです。・・・

学習について

Q:カリキュラムについて 英語は週何時間?高3まで数学はあるか?美術・体育・技術家庭は?

Q:夏、冬、春休みの補習は?参加は義務か希望か?費用は?

Q:留学(短期・中期・長期)の実績はありますか?今年の留学実績は?

Q:宿題はどのくらい出しますか?

Q:土曜日は登校しますか?

課外活動について・・・これは多い!

Q:クラブ活動の種類 (アナタがやりたい)◎◎クラブはありますか?

Q:クラブ活動の練習の様子 練習日数・時間について

Q:クラブ活動の実績について ◎◎大会出動、○○活動に参加など

Q:クラブ活動の見学は出来ますか?

Q:資格取得のバックアップ(英検、漢検、数検、簿記など、放課後に先生の指導はあるのか)

等などあげました。聞きたいことをまとめておくとスムーズにきけますよ。ご参考まで。

受験相談会・確認ポイント・1

事務局です。

合同受験相談会で、一度にいろいろな学校とお話出来る機会ですが、まだはっきり決まっていない段階で、どのような質問が考えられますでしょうか。参考までに多いものを書いてみました。

学校生活:

Q:(原則ダメなところも多いけど)アルバイトの可否について

Q:施設設備で学校自慢のところは?具体的にプールは?◎◎は?といった質問も。

Q:校則について アナタにとって譲れない校則があるなら確認

Q:制服が変わる予定がありますか?・・・受験雑誌と制服写真が違うこともある。。

最近はイベントで、バーチャル制服を着られる機械がおいてあったりします。。

他に多い内容

Q:学校見学はできますか?それはいつありますか?

Q:体育祭、文化祭はいつありますか?それはいつありますか?

Q:(受験雑誌に書かれていないものが多いので、質問が多いが)特待制度はどのようになっていますか?

後に続けます。・・・

2015年11月13日 (金)

体験レッスン関連質問回答

事務局です。

先ほどの記事について、体験レッスンについて質問がありました。

比較的あるケースだと思いますので、周知のために掲載しました。

Q:海外から問い合わせをしたい場合、メールで直接問い合わせもできますが、日本にいる一族や友人に頼んで、塾など探してもらってからにしたい場合もあります。代理で探してもらいたい時に不都合が感じがします。・・・

A:弊会は普通の塾と異なるのは、海外帰国子女、外国人子女が習いたいという場合、同時申込で重なったら、一般日本人生徒よりも優先するということがあります。そのため海外から日本に来た場合の塾としての利用というのがそれなりにあります。

おっしゃる通り、保護者が海外からお問い合わせを頂いて、やり取りの後来日の上で入会の場合もあれば、ご指摘の通り、一度間に代理人を立てて、塾を探していて、代理人交渉があったうえで、保護者につないでいただいて、それで入会もあります。

保護者からの依頼代理人であれば、その旨は必ずおっしゃって頂いて、資料請求や交渉をお願いしたいと思います。私どもでは代理人からの問い合わせや交渉は拒むことはございません。特に保護者が日本語に不自由であったり、母語でなかったりするケースもあります。数多くのケースを担当していますので、その点はご安心ください。

但し、塾を探すように頼まれた代理、弊会との交渉を頼まれた代理であった場合には、保護者の一族の方や知人・友人ということもありますが、営利で同業者が他教科や特殊ニーズの内容を教えるところを募っている場合もあります。家庭教師が引き継ぎの家庭教師を探すなどもあります。

交渉段階では代理人を立てて、自身は名乗らないのはあったとしても、保護者からの依頼を受けて講師との面談や体験レッスンをという場合は、完全会員制ですので、必ず保護者や本人との顔合わせが必要です。前の家庭教師がいて、面談においては必要があるなら、引継書での文書提示が一番望ましいですが、希望により第三者の立ち合いがあるかもしれない旨は承れます。ただ体験レッスンについて、本人ではない第三者にすることや、契約希望のご家庭の方でない第三者の立ち合いのもとで行う、というのは、お断りしています。

不明な点があれば、事務局までお問い合わせください。よろしくお願いいたします。

追加:体験レッスンは文面で、日程を確認して担当予定講師が伺います。

約束の時間からのスタートになりますので、学習者都合を優先して決定しているということもあり、学習者宅で行うにしても、在宅しているようにしてください。

親子ともに不在であった場合、その時点で連絡するようにはしますが、一定時間不在で入れなかった場合、向かった記録を置いて、そのまま失礼いたします。その後のお引き受けに支障が出る場合もございますので、到着が遅れるのであれば早めに連絡をお願いします。

2015年11月12日 (木)

体験レッスンでの厳禁事項を追加

事務局です。

「体験レッスン」は希望があった場合行われるもので、1回あたりの料金で有償で行うようになって10年以上が経っています。

累積では夥しい数の方が受講していますが、開設以来事例がなかった話で、実際には代表が学生時代から行っていた前身母体から数えると15年に及ぶ事例の中でもなかった話が、今年に入って立て続けに行っています。

「体験レッスン」は希望があれば1回、講師として担当予定者によって行うものとしています。弊会は会員制ですので、当然ながら体験はその方本人が受講するものとして、その方にあわせて指導します。そのため体験レッスンを受けるのは、「受講を検討している本人が体験レッスンの受講対象者である」ということについて、これまで暗黙の前提であったものを、改めて確認し明示いたします。

話し合いを十分に行い、カリキュラムを練った後、講師選定が行われ、体験レッスンにその担当講師が向かったところ、そこには親子で学習者宅で待って出迎えてくれます。

それは予定調和ではあるものの、いざ体験レッスンが始まると、親子で受講するといい出し、高卒生対象の授業でさえ、日本人で日本語に何の問題もない生徒対象のもので、親が主導でレッスンを質問攻めで引っ張っていき、既定の時間が終わっても辞めさせないなどの行為をしてくる方が出てきていました。

親子になった場合、弊会でもレッスンの形態としては考えられますが、セミプライベートレッスンの扱いです。会員が生徒本人1人での入会検討だった場合、保護者はレッスン中は見学は構いませんが、生徒より前に出てきてレッスンそのものを引っ張るというのではなく、受講者本人があくまで主体であり、講師とのやり取りで二者で展開されていくものになります。

レッスンは有償ですので、その時間で終わらないなら、延長料金分は請求の対象になりますし、講師もそのあとの業務に影響がありますので、承知がないのに辞めさせない行為というのは、双方が円滑に行っていくレッスンにおいてあってはならない行為です。

加えて、個別塾や家庭教師で引き受けていた生徒が引き受けできなくなった場合、しかるべきところに引き継ぎたい、ということで、弊会を利用することもないことはありません。

民間教育機関からの紹介というのもお引き受けの体制があり、特殊ニーズのものから通常の内容まで、幅広く対応しています。

その場合に相性を見るなどのため、体験レッスンを利用することはあるとは思いますし、

(※殆どは引き受け先を急いで探されているケースなので、当方自体には実績があり、そのような話はないのがほとんどですが)1回行ってほしい要望があればお応えしています。

しかしそれも、受講予定者本人に対してのものです。引き受けを探している塾や家庭教師に対して行う、というのは、体験レッスンを行う趣旨に反していますので、お断りいたします。またラボのスタッフのご家庭が利用した場合の優待はありますが、同業者、同業経営者家庭に向けたレッスンは行わない、というのもあわせて確認します。

体験レッスンでは、未成年者の場合、保護者が契約主体だという意味で、見学だとかが可能だというスタンスです。そのため、第三者で「交代になる前の家庭教師をそのレッスンの場に同席させたい。良いかどうかはその家庭教師に判断させたい。」だとかいう話は、弊会が行う体験レッスンの趣旨に沿っていないので、一切お断りしています。

体験レッスンは弊会においても、希望者が行うものではありますが、お引き受けが可能かどうかを見極める場としての機能もあります。常識を逸脱した行為をされた場合、弊会の側からお断りさせていただくことになります。

当方では再発防止に努めていますので、周知徹底の意味でも広報しています。

何卒宜しくお願いいたします。

2015年11月 8日 (日)

厳禁事項の周知徹底

事務局です。

弊会では開設以来、以下の事項については厳禁として周知徹底して行っています。

個人情報の漏洩
家庭教師・講師側の都合による無断遅刻・欠勤
個人契約、セクハラ・パワハラ行為
特定の思想団体又は政治団体への勧誘行為

開設してから1件のみ、講師都合による無断欠勤などが判明し、賠償まで発展したケースがございまして、厳正な処分を行いました。

それ以外では問題はございませんが、常に防止に努めています。

研修も充分に行って、経験豊富な専門スタッフが対応しており、万が一ハラスメントがあった場合は、事務局が間に入る体制が整っております。

何卒宜しくお願い申し上げます。

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »