無料ブログはココログ

« 訪問学習希望の方へ向けて | トップページ | 訪問学習希望者に向けて・3 »

2016年4月27日 (水)

訪問学習希望者に向けて・2

語学教育部門です。

弊会が10数年行っている中で、過去事例としては2件のみですので、事案として少ない話ではありますが、規定がございますので公開でお伝えします。

私どもでは1対1で指導するというのを基本にしていて、遠慮せずに質問しやすい環境づくりを心がけています。塾のように周囲の子どもたちのスピードや授業進行を気にせずに、目標にあわせて実現へ向けて徹底指導をしていきます。

理解に時間がかかっても、わからないところまで戻って基礎から指導することもございますし、弱点を見つけ出して繰り返し練習したり、目標に応じて早くすすめていくこともその方にあわせて行うという意味では、無学年制をとっているともいえます。

そのため弊会では、有名私学が中心の会員割合であっても、特待生制度を持つこともないし、入会選抜テストを行うこともありません。テスト結果は指導の参考にするために拝見することはあっても、基準以下であれば引き受けないといった体制はとっておりません。

また学習障害や特殊対応もコースが別ですが、軽度を中心にお引き受けする体制もございます。

しかしながら、お子様に関しては唯一お引き受けに際の規定で、「本人にやる気があること」というのがございます。やる気がないからモチベーションアップのために、という話も確かにございますが、お引き受けしないという判断基準につきましては、

◇本人が体験レッスンないしは初回のレッスンで講師が向かった際に、指導を受けるのを拒否をして、2階の窓から脱走をした場合。

◇本人が体験レッスンないしは初回のレッスンで、講師が向かった際に、自宅にいるものの、自室に引きこもり状態で、具合が悪くて起き上がれないといったケースでもないのに、一度も顔をあわせようとせずに出てこないという行為で、拒否を示した場合。

小学校低学年といったことではなく、中高生以上といった一定年齢を超えている場合は特に、上記のケースでは弊会のほうからお断りの対象になるということをご了承ください。

体験レッスンにしても、初月レッスンにしても、返金にはなりませんので、保護者向けの教育相談に切り替えて、同レート+交通費実費で行い、消化したら終了になります。

仮に本人も保護者も対応せずに待機させた場合であったとしても、規定料金は実際出向いているので満額発生します。

ご希望であれば、教育相談の継続は承ります。もともと講師選定につきましては、案件ごとに学習者の性格やご家庭の都合、指導内容、交通費などを考慮して慎重に選抜しています。データベースに登録していて何回でも先生交代自由といった運営体制ではなく、完全会員制の下、プロ講師を粒をそろえて実施しています。以上の理由もあって、気にいる講師が来るまで出てこないということへの対応を再三にわたって行うことは致しかねます。講師とのレッスンは改善がみられなければ基本的には行わないことにしています。

行き違いになるケースでは、確かに学習者が原因のことも多いといえますが、ごくまれに、学習者に家庭教師を頼むことや体験レッスンを承知してもらっていなくて拒否をしたり、父親が依頼したものの、母親が全く家庭教師について承知をしていなかった、といったように、家族間での意思疎通が十分に行われていなかったことが原因のこともありますので、

家族間での話し合いを行って、体験や入会に臨んでほしいと考えております。

教務も親身になってご相談に乗りながら、講師も「おとなしい子なので優しく教えてほしい」といった要望にも対応しながら、効果的な指導をしていきます。

何卒よろしくご理解の程お願い申し上げます。

« 訪問学習希望の方へ向けて | トップページ | 訪問学習希望者に向けて・3 »